和食とイタリアンを一度に味わえるお弁当が人気

和食とイタリアンを一度に味わえるお弁当が人気

2020/06/27

定番の沖縄料理からスイーツまで、沖縄の“おいしい”を紹介する「ぐるぐるグルメ」シリーズです。

琉球新報Style

琉球新報Style

リーズナブルかつおいしいお弁当でハッピーに

那覇市牧志、商店街の中にカジュアルスタイルでイタリアンが食べられる穴場を発見しました。「Kitchen 084 -ohashi-」は静岡県出身の山口翔太さんと富山県出身の五十嵐渚さんが手がけるお店。現在はテークアウトのお弁当に力を入れて営業しています。

「メシハピ弁当」(左、600円・税込)と「肉肉ボウル」(1,000円・税込)。おいしく、財布にも優しく、満足度も高いもの、というコンセプトで作られています

今回ご紹介するのは、「メシハピ弁当」(600円・税込)と「肉肉ボウル」(1,000円、税込)。6種類のおかずが入った「メシハピ弁当」は、和食とイタリアン、両方の味わいを楽しめる人気の一品。ブロッコリーのアーリオオーリオや牛タンのデミグラス煮込み、白身魚の幽庵(ゆうあん)焼きなど、手間暇かかったおかずが詰め込まれています。「肉肉ボウル」は低温調理で仕上げられた牛ステーキと照り焼きチキン、県産の卵を使用した味付け卵の載った豪華な丼物。ステーキにかけられた自家製オニオンソースの香りが食欲をそそります。

お店の山口翔太さんと五十嵐渚さん。手に持っているのは、お店でサービスしているオリジナルのチョコチップクッキー

4月より、リーズナブルかつおいしいお弁当を「メシハピ」という企画のもと販売し始めた同店。「今はご飯でハッピーな気持ちになってもらうこと優先しています」と語る山口さんたちの思い込もった一品をぜひご賞味ください。イートインでは沖縄のうめーし(おはし)を使って、イタリアンを食べるという独自のスタイルで営業しています。

(週刊レキオ、2020年6月11日)

この看板が目印
店舗内観

~Menu~

•ハヤシライス……………………………550円
•唐卵丼……………………………………700円
•本日のピッツァ…………………………650円
•ぶつ切り牛タンのデミグラス煮込み…450円
•オードブル(2~3人前)…………3,000円
※要予約
※価格は全て税込

この記事を書いたライター情報

琉球新報Style

琉球新報Style

沖縄の毎日をちょっと楽しく新しくするウェブマガジン。「あそぶ」「まなぶ」「みがく」「くらす」「たべる」「はたらく」の6テーマで、面白い話題や気になる情報、魅力ある人のインタビューなどをお届けします。

琉球新報Style が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載