本格中国茶の薫りに鈴木砂羽もうっとり。中目黒「岩茶房」水餃子

連載

鈴木砂羽の餃子道

2017/02/02

本格中国茶の薫りに鈴木砂羽もうっとり。中目黒「岩茶房」水餃子

役者仲間や友人たちと「餃子部」を結成するほどの餃子フリークな、女優・鈴木砂羽。おいしい餃子を求めてさまざまな街を食べ歩く連載「鈴木砂羽の餃子道」第17回!

鈴木砂羽

鈴木砂羽

女優

古民家喫茶でいただく、本格的な水餃子

こんにちは、鈴木砂羽です。今回は中目黒からお送りします! 中目黒といえば最近高架下が再開発されて、ますます注目度を高めているエリア。おしゃれなお店がたくさん集まるこの街で、どんな餃子に出会えるのか? 楽しみですね。

中目黒駅の改札を出て、山手通りを大橋方面に少し歩いて左に入ると、風景は一気に住宅街に。静かな路地を進んでいくと、立派な柿の木のある2階建てのお宅があります。なんの変哲もないこの民家が、今回お伺いする「岩茶房(がんちゃぼう)」です。

中目黒から歩いて5分ほどの住宅街にあります

庭に面したガラス扉を開けると、店内には中国の茶器や民芸品があちこちに並べてあって、まるで台湾あたりのお茶屋さんに迷い込んだような雰囲気。そう、こちらの岩茶房は美味しい中国茶と点心をいただける隠れ家的なお店なんです。お店自体は30年近く続けられてるということですが、こちらの民家に移ってからは10年ほどだそうですが、なんともしっくりとした落ち着きがあります。

かわいい茶器がたくさん! もちろん購入することも可能
点心メニュー。どれも気になって目移りしちゃいそう
ミルク饅頭や花巻、ココナッツ豆腐など、スイーツも食べられます

点心メニューはお粥や肉まん、麻婆豆腐、炸醤麺などなどがありますが、餃子部部長としてはもちろん水餃子をいただきます。が、今回はちょっと趣向を変えて、「ミニお粥と水餃子のセット」を試してみようと思います。

ミニお粥と水餃子のセット(水餃子4個・830円)
皮から手作りしている水餃子。単品で食べることもできます(6個・550円)

じゃーん、ミニお粥のセットと言いつつも、なかなかボリュームある内容ですね。で、ワタシ的メインの水餃子は、少し白濁したお湯の中にモチっとした水餃子が4個入ってます。では、早速水餃子を食べてみましょう。

美味しい水餃子を頬張る砂羽さん

おお! 見た目からしてあっさりしてるかと思いきや、なかなか肉肉しい水餃子! 味がギュッと詰まった餡はしっかり歯ごたえがあって、肉汁があふれてきます。お店で手作りしている皮も、小麦の香りがしっかり感じられてモチモチした噛みごたえがいいですね。

「中国福建省南平市というところがあるんですが、そこで食べた餃子がものすごく美味しくて。それを再現しようと思って作りはじめたのが、この水餃子なんです」と語るのは、社長の瀬上貴稔さん。なるほど、福建省の餃子は包み方も独特です。

包み方も変わってます
ぎっしり詰まった餡からは肉汁がジュワッと

「餡は豚肉とネギと生姜、あとは塩と醤油だけ。粉も北海道のはるゆたかという品種を使っていて。最低限の具材で、そのぶん材料にいいものを使うようにしてるんです。以前、偶然にも南平市出身の中国人のお客さんが来てくれたことがあって、この水餃子を食べてすごく喜んでくれてましたね」(瀬上さん)

それほど現地の味を再現できてるということなんでしょう。香味野菜をあまり入れてないから肉本来の味が際立ってる。普通は何かタレにつけたくなるものだけど、この水餃子は単体で全然いけちゃう。それもこれも、お茶を美味しく味わうために考えられたものなんですって。その理由を探るためにも、ここは岩茶も飲んでみなければ。

現地でもなかなか飲めない、最上級の中国茶を堪能!

お茶の種類から飲み方までお店の方が教えてくれます
積み上げられたお茶の箱を眺めるだけでもテンション上がっちゃいます
瀬上さんに説明してもらいながら、お茶を選びます

瀬上さんに選んでいただいたのは、武夷正岩茶「極品肉桂」という品種。正岩茶とは、世界自然遺産の岩山に生育する茶樹を手摘みで伝統的製法により作ったもの。武夷正岩茶は、武夷市で生産される岩茶の中でも最高級のものなのだそう。

武夷正岩茶「極品肉桂」(2400円)はお茶菓子がついて、お湯は何度でもおかわり可能

最初の1杯分はお湯を入れてくれた状態で出してくれるので、まずは蓋についた香りを楽しむ。はあ~、ものすごく芳醇ないい香り! なんだか美しくなれそうな香りで、ずっと嗅いでいたくなっちゃう(笑)。

そして、色を愛でながらゆっくりと口に含むと……ああああああああ、美味しいいいい! 今までこんな美味しいお茶を味わったことないわ! 紅茶みたいに濃い色けど渋みはまったくなく味わいもフルーティで、豊かな香りが鼻腔に抜けていきます

ルビーのように美しい色!
未体験の美味しさに、思わず我を忘れて感動する砂羽さん

「ワインのようにお茶が栽培される場所によって味も全部違うんです。このお茶の特徴は、香りが豊かで味わいもふくよかなんですが、飲むとすごく血行がよくなる。どのお茶を飲んでも身体は温まるんですけど、敏感な方は温まる部位が違うんですね。なので肺によかったり心臓によかったり、お茶のよって効果も違ってきます。ちなみに、お茶を飲んで酔っ払う人もいるんですよ。茶酔っていうんですけど、いいお茶ほど茶酔が起きやすくなって。頭はすっきりしてるんだけど、体はゆるくなるような感覚になるんです」(瀬上さん)

飲み方を教わりながら、2杯、3杯とおかわり!

普段お酒で酔っ払いがちなワタシは、まだ茶酔の域まで達してませんが(笑)。そんなことより餃子と正岩茶のマリアージュを試してみなければ……ああ、お茶を飲んだ後に餃子を食べると、この餃子の良さがより深くわかりますね。本当にお茶が美味しいから、生半可なものは出せない

「そうなんです。うちの店では、中国の人でも普通には飲めないような最上級のお茶を特別に譲っていただいていて。それに見合うものといった時に、点心についても真剣にならざるを得なかった。だから変な調味料や悪い材料を使わずに、結果的にシンプルなものになりました」

お客さんが来ても動じることがない看板にゃんこ

最上級の岩茶と素材にこだわった水餃子の最高のマリアージュ。中目黒にいながら、中国旅行に出かけたような気分になれちゃう「岩茶房」でした。

最後はギョーポー(餃子ポーズ)でニコリ!
Yahoo!ロコ岩茶房(がんちゃぼう)
住所
東京都目黒区上目黒3丁目15-5

地図を見る

アクセス
中目黒駅[正面出口]から徒歩約5分
代官山駅[正面口]から徒歩約12分
祐天寺駅[東口]から徒歩約13分
電話
03-3714-7425
営業時間
11:00-19:00
定休日
日曜日が祝日の場合営業致します
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

構成=宮内健、撮影=熊谷直子、ヘアメイク=吉野麻衣子

この記事を書いたライター情報

鈴木砂羽

鈴木砂羽

女優

1994年に主演映画「愛の新世界」で注目を集め、同年ブルーリボン新人賞、キネマ旬報新人賞など多数の映画賞を受賞。以降、映画・ドラマ・舞台など幅広く活躍。日本テレビ「幸せ!ボンビーガール」出演中。「YOU」 (集英社)にてエッセイ漫画「いよぉ!ボンちゃんZ」連載中。

鈴木砂羽 が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL