親子二代で進化させたエビ餃子に鈴木砂羽も舌鼓!目黒「鎮海楼」

特集

二月度連載記事まとめ

2017/02/27

親子二代で進化させたエビ餃子に鈴木砂羽も舌鼓!目黒「鎮海楼」

役者仲間や友人たちと「餃子部」を結成するほどの餃子フリークな、女優・鈴木砂羽。おいしい餃子を求めてさまざまな街を食べ歩く連載「鈴木砂羽の餃子道」第19回!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

目黒のサラリーマンの胃袋を支える、老舗中華食堂

こんにちは、鈴木砂羽です。今回は目黒からお届けします。目黒といえば、私が所属するホリプロの最寄駅! なんですが、事務所の近くであまり食べたり飲んだりする機会がないから、目黒のことをほとんど知らないんですよね。なので、今日はどんな餃子に出会えるか楽しみです!

目黒はよく来るものの、このお店に来るのは初めて!

目黒でお食事するというと権之助坂エリアを思い出しがちですよね。だけど、駅の東口を出て目の前にあるバスロータリーの裏手にも、いい感じの居酒屋やご飯屋さんも多いんです。そんな東口エリアの一角にあるのが、今回お伺いする「鎮海楼」。1977年の創業以来、昼はランチ、夜は宴会にと、40年近くにわたって目黒のサラリーマンたちの胃袋を満たしているお店です。

まず酸梅湯(サンメイタン)サワーで乾杯!

鎮海楼の餃子は水餃子・揚げ餃子・焼き餃子・蒸し餃子の4種類。まずは「水餃子」から注文してみましょう! 

エビ入り水餃子(4個・620円 税抜)

わーっ、見るからにトゥルンとしてそうな皮! みっちり詰まった餡が、少し透けてますね。では、いただきます! 

一口齧ると、ゴロンと大きなエビ! そしてシャキシャキした香り高いニラ! 素材の存在感がガツンと迫ってきます。餡にしっかり味がついてるので、このままで全然いけちゃう。それに思った通り、皮はツルツル喉ごし系。モチモチした水餃子もいいんですけど、個人的にはツルッとした喉ごしが好みなので、鎮海楼の水餃子はとっても美味しい! 途中、酢醤油で味を変えてもいいと思います。

エビのボリュームがすごい!

続いては「揚げ餃子」にトライ!

テーブルに運ばれた時点で、もうルックスからして理想的な「ザ・揚げ餃子」といった佇まい。では、ガブリといってみます!

エビ入り揚げ餃子(4個・620円 税抜)

う~ん、キツネ色にこんがり揚がった皮は、すごくパリパリしてる。そして、餡にはまたしてもエビが! そう、ここ鎮海楼の餃子には全部エビが入っているんですね。揚げ餃子の餡はキャベツがベースになっていて、ボリュームたっぷりだけどカラッと揚がってるのでスナック感覚で食べられちゃう。これはビールにピッタリの餃子じゃない?

この美しい揚げ色! ボリュームたっぷりだけど、スナック感覚で食べられちゃう

さあ、調子が上がってきたので「焼き餃子」も注文しちゃいましょう!

焼き餃子もやっぱり、大きなエビの存在感が抜群。こちらの餡もキャベツベースなんですけど、焼き餃子のほうがキャベツの甘みとエビの風味がしっかり立ってるかも。いやぁ、エビ入りの焼き餃子って美味しいね! これもまたビールとかハイボールをガッとあおりながら食べたい餃子だなあ。

エビ入り焼き餃子(4個・620円 税抜)

「4種類ある餃子の皮はすべて一緒なんですが、焼き餃子については蒸し器を使って一度蒸してから焼き上げています。うちの皮は薄いので、お湯や水を入れて焼くと、余計な水分を吸ってしまう。なので、蒸し器を使ってちょっと水をかけてあげて調節して、それから油多めで焼き上げます」

そう説明してくださったのは、二代目・藤井国栄さん。なるほど、ワイルドな味わいながら繊細な仕事も光る餃子には、そんな工夫が込められていたんですね。それにしても、4種類の餃子メニューすべてにエビが入ってるって珍しい。これは創業当初からのアイデアなのかしら?

4種類すべての餃子にエビが入っている。水餃子の餡のみニラベースで、焼き餃子・蒸し餃子・揚げ餃子はキャベツベースの餡

「僕は二代目で日本に生まれ育ったんですが、店を開いた父が香港出身なんです。点心メニューなんかは特にそうですが、香港料理ってどうもエビを包みたがるんですよね(笑)。その発想で、すべての餃子にエビを入れるようになったようです」

では、お父様が作り上げた餃子の味を守り続けている?

「大筋はそうなんですが、僕も継いで15年ぐらいになりますので、その間の過程で改良はしています。水餃子はニラがベース、他の餃子はキャベツをベースしている根底の部分は変わらないんですが、味の具合や練り具合とかそういったものは僕好みに仕上げていて。さらに具がしっかり感じられるようにしてみたりと、昔よりはボリューミーな餃子になってると思います」

父が作り上げた餃子の味を、息子さんが進化させながら守っていく。親子二代のアイデアが詰まった「鎮海楼」のエビ餃子。とっても美味しくいただきました!

最後はギョーポー(餃子ポーズ)でパチリ!

鎮海楼
〒141-0021
品川区上大崎2-15-6 ノワールブラン1F
営業時間
[月~土,祝] ランチ 11:30~14:30まで(L.O.14:00)
ディナー 18:00~24:00 まで(L.O.23:00頃まで)
定休日 日曜日

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

構成=宮内健 撮影=熊谷直子 ヘアメイク=吉野麻衣子

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES