焼肉なのにマグロ?  西麻布|焼肉 X-TEN-

焼肉なのにマグロ? 西麻布|焼肉 X-TEN-

2020/06/28

不要不急の外出自粛を解除からかれこれ1ヶ月。まだまだ油断を許さない日々が続いています。今回は、近く、心置きなく外食に繰り出せる日がきた時に、頑張った自分たちへのご褒美として贅沢に過ごせるお店をご紹介したいと思います。

FOOD PORT.

FOOD PORT.

焼肉なのにマグロ? 西麻布|焼肉 X-TEN-

  

完全予約制のこちらのお店は西麻布の地下にある、重厚なドアをノックすることから始まります。全室個室で構成されている店内はシックな装い。友人との気兼ねないお食事会、デート、ビジネス会食など使い方は様々。お肉はすべてスタッフの方が焼いてくださるので、目の前のお食事と会話を楽しめば良いのです。

本日のお肉は宝箱から現れる

  

このお店は、様々なお肉イベントなども手がけ、自身も比類なき肉好きの、肉マイスター田辺晋太郎氏がプロデュースするお店。厳選されたお肉が最高の状態で用意されるのです。
迫力満点!「本日のお肉」のお披露目の1シーンですが、真ん中に座する但馬牛。兵庫県産の黒毛和牛のことで、但馬牛のなかで一定の基準を満たした一部のお肉が神戸牛などと言われるブランド牛肉として知られています。
なかでも、但馬玄(たじまぐろ)という名前を聞いたことはあるでしょうか。
兵庫県にある但馬牛エキスパートである上田畜産さんが生み出す、希少な但馬牛。通常は融点が約25度のところ、但馬玄は約12度と、低い温度から脂が溶け出します。融点が低いということはそれだけサラサラとしており、胃もたれもしにくいのです。まるでマグロの脂のようだと、肉マニア垂涎のお肉なのです。TENでは、この但馬玄のほか、宮崎の都萬牛、松阪牛など、肉マイスターのお眼鏡に叶った、健康かつ旨味たっぷりの牛肉が待っているのです。

  
  

ENのメニュー構成はコースのみ。
ナムルやキムチ、但馬玄のユッケのほか、各部位ごとに最適な焼き加減と調味にて構成されていますので、こちらはひたすら味わっていれば良いのです。

オイルも搾りたてが美味しいことを知る

  

調味料として、ここのお店以外でお目にかかったことがないのは、搾りたてごま油。
レバーの際にご用意くださるのですが、まるでジューサーのような機械にて、胡麻からオイルが絞り出されていくのです。その香ばしさとフレッシュさといったら!!お肉を引き立てるための調味料ですが、ぜひ現地でしかと味わっていただきたい逸品なのです。

今ならTENを自宅でも楽しめる

  

「美味しいものを見せられてもまだ外出できないし!お腹ばっかり空いちゃうけど!!」
そうお思いの方、お待たせいたしました。今なら焼肉TENもテイクアウトメニュー、展開中です。
下記メニューと注文方法です。普段ならお店以外ではなかなか触れることができない味をおうちでお手頃価格で楽しめるまたとない機会です。辛い自粛生活も、普段食べられない豪華メニューを楽しめる機会だと、少しは前向きになるきっかけになると嬉しいな、と思うわけです。

◆ テイクアウトメニュー ◆
1.  熟成但馬牛タンたっぷりカレー 1,800円
2.  和牛100%肉汁チーズハンバーグ&牛タンカレー   2,800円
3.  熟成但馬玄カツ&牛タンカレー 3,800円
4.  特選和牛ヒレカツ&牛タンカレー 12,000円
5.  彩りナムルの和牛ハラミビビンパ 2,800円
6.  都萬牛100% 肉汁チーズハンバーグ弁当(限定10折) 2,800円
7.  但馬玄 特上カルビ重 (限定10折) 5,000円
8.  熟成和牛タン・ハラミ重(限定5折) 5,400円
9.  特製焼肉御膳 ~天~   ※一営業日前予約(限定3折) 10,000円
10. 特製焼肉御膳 ~宙sora~ ※一営業日前予約(限定3折) 30,000円
※上記税抜き価格

下記URLからご予約いただけます
https://www.tablecheck.com/shops/nishiazabu-x-pickup/reserve

加藤紫織(かとうしおり)

加藤紫織(かとうしおり)

この記事を書いたライター情報

FOOD PORT.

FOOD PORT.

美味しい日本が集まる港 をコンセプトとした、日本の食文化を発信するウェブマガジン「FOOD PORT.(フードポート)」。最新ニュースやレストラン情報、編集部独自のコンテンツなど、FOOD PORT.独自の視点で発信していきます。

FOOD PORT. が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載