一人でサクッと1,500円以下の夜ご飯~定食~

一人でサクッと1,500円以下の夜ご飯~定食~

2020/06/29

本日も1日お疲れさまです。疲れを癒やす至極の夜ご飯タイム。一人でふらり立ち寄って食べたい1,500円以下のメニューをご紹介します。コスパ抜群、うま~い夜ご飯の大集合!

mirea

mirea

これぞジャパニーズスタイル!和洋バラエティ豊かなメインで定食を

ごろごろ根菜と豚肉の黒酢ソース定食(1,210円)

和洋約20種類のメインにごはん、味噌汁、副菜、サラダなど小鉢が色々ついた定食スタイルの定番と言えばここ!「日本人で良かった~」とほっとする定食は、心もお腹も満たしてくれます。「ごろごろ根菜と豚肉の黒酢ソース定食」はお野菜たっぷりにぷりっとした豚肉が黒酢のヘルシーさと相まって人気メニュー。その他の定食もご紹介すると…

麦富士豚のすりおろし野菜ソース定食(1,353円

栄養バランスが考えられた、サラダや副菜が色々ついているのも嬉しいですよね。また、「さんま」など旬の食材を使った季節限定メニューも登場するので、要チェックです♪

「ミツハシライス」プロデュースのカフェでいただく定食が激アツ♥

銀鮭の三五八漬け焼き膳(1,200円)

お米のミツハシライスがプロデュースするカフェでいただく定食メニューはどれも絶品。

銀鮭の三五八漬け焼

三五八とは、東北地方に伝わる、塩3:麹5:蒸し米8の割り合いで作られている漬け床のこと。この「三五八」に漬け込んだ銀鮭は柔らかくてホロリと身が崩れます。それに合わせたお米は、白米か玄米かで、今回「玄米」をチョイスしました。玄米は、「美食玄米」という加工玄米で消化によく、玄米特有の香りが少ないので、苦手な人も食べやすいと評判だそうで実際、とても食べやすかったです。一方白米も玄米どちらも、土鍋で炊き上げていて、ふっくら米粒がたっていて甘みをしっかり感じられますよ~。白米は、五つ星お米マイスターが日本各地から選定したものを使用しているので、時々で違うのですが、それもまた楽しみのひとつに。
付け添えの副菜小鉢は、月に一度、どちらかが変わります。副菜の詳細は、店内のボードにも書かれてあって、読み応え満点。使用しているソースや調味料も、お米に関わりある、甘酒や米麹を使用したものも多く、とっても健康的!

店内のボード

また味噌汁は、野菜がたっぷり入ってます。なんとこの時は、人参、れんこん、ネギ、揚げ茄子、こんにゃく、キャベツと6種類。その他、「ごはん堪能おひつ膳」「唐揚げ膳」「豚ロースの漬け焼き膳」などいろいろ。美味しい米との組み合わせを楽しんで!

内観

ランチで人気の「浜焼き鯖御膳」が夜バージョンで登場!

浜焼き鯖と刺身御膳(1,496円)

中目黒に本店をもつ、ろばた焼きの居酒屋「なかめのてっぺん」。ランチは、名物「浜焼き鯖御膳」のほか、「あじフライ御膳」や「生姜焼き御膳」などがメニュー並び、どれも人気です。カウンター席に、テーブル席がいくつかの店内には、営業時、いつも人でいっぱいです。

内観

夜は、居酒屋メニューに変わり、定食メニューがないのですが、今回、mireaのために、なんと!ランチで人気の「浜焼き鯖」の半身をメインにした定食メニューを作っていただきました。じゃじゃーん!

浜焼き鯖と刺身御膳

皆さま!これは朗報ですよ!お一人さま万歳!です。刺身はマグロに、その時旬の鮮魚、白身などを交えた3点盛。今回は、マグロ、マダイ、ヒラメでした。浜焼き鯖は、オーダー毎に、焼き上げます。

浜焼き鯖

それは、それは、身がふっくらジューシーで、ご飯が進みます。ご飯は、福井美浜町の契約農家さんのお米を使用。甘味があってふっくらつややかです。ちなみに、なかめのてっぺんの机上に置かれてある調味料にも注目してみてください。

調味料

「生梅※左から2番目」はレモン醤油の代わりのイメージで使用してみてください。おすすめは鬼おろしに少し垂らして、浜焼き鯖と一緒にパクッです。また、スタッフの皆さん、とにかくトーク上手。カウンターに座ったら、色々お声がけして夜ご飯のお供に、トークを楽しんでみるのもいいかもしれません。

この記事を書いたライター情報

mirea

mirea

【媒体紹介文】 「新しい」と「歴史」が絡み合う魅力的なエリアの横浜みなとみらい。そんな街を彩るヒト・モノ・コトを編集スタッフが実際に体験し本当にイイ!と感じたものだけを厳選しご紹介。見て、食べて、話して集めた“おいしい”“楽しい”がぎゅっと詰まったmireaをお楽しみください。

mirea が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載