7つの温泉とアルプスの絶景を楽しめる5つ星の宿

7つの温泉とアルプスの絶景を楽しめる5つ星の宿

2020/07/09

7つのお風呂を湯めぐりできる魅惑的な温泉宿は、長野県松本・美ヶ原温泉にある「翔峰(しょうほう)」。2018年には眺望抜群の展望露天風呂と展望内湯もオープン!2019年度には観光経済新聞社の「5つ星の宿」にも選ばれている、満足度が高い宿なのです。

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

最上階の展望風呂付き客室!

「翔峰(しょうほう)」では、温泉好きにはたまらない7つのお風呂が楽しめます。

開放感たっぷりのロビー

2層吹き抜け、木のぬくもりある開放感たっぷりのロビーに迎え入れられると、正面には山頂に雪を頂く北アルプスの山々の大絶景が広がります!一面ガラス張りの窓から眺める雄大なアルプスは、まるで1枚の絵のよう。

特等席ともいえるガーデンテラス

外には特等席ともいえるガーデンテラスがあり、北アルプスの山並みや松本城下町を見下ろす大パノラマが広がります。これは温泉上がりの夕涼みなどにはもってこい!

客室

案内された客室は、宿の最上階8階に位置した展望風呂付きの客室。

アルプスを望む至福の客室陶器風呂

和モダンな雰囲気

西館の最上階にある「展望風呂付きツインルーム」。広さは約36平方メートルで、竹畳にロータイプのベッドが配された和モダンな雰囲気。西側に面した窓からは、北アルプスや松本城下町の景観が望めます。8階の高さがあるため、ロビーからの眺めより雄大さが格段にアップ。

陶器で造られた展望風呂
一面ガラス張り

そんな最高の景観を望めるように配されているのが、陶器で造られた展望風呂。屋内ではあるものの一面ガラス張りになっているので、半露天や露天風呂のような雰囲気。ひとりで入るにはちょうどよい大きさ!しかも温泉!かけ流しの湯が客室で楽しめるとは贅沢そのもの。

ひとりで入るにはちょうどよい大きさです
最高の景観を望めるように配されています

夕暮れ時には、空に山の稜線が浮かび上がり、松本城のライトアップはもちろんのこと、城下町の灯りがまたたき、情緒ある風景が至福のときを演出!

夕暮れ時

宿は東・西・中央の3館からなっていますが、全95室のほとんどがアルプスビューとのこと。露天風呂付きや展望風呂付き、和モダン、ツイン、和室などと、それぞれ趣向の異なる客室がそろっています。

それぞれ趣向の異なる客室が揃っています

アルプスと空と一体になるインフィニティ温泉

美しの湯・露天風呂

客室展望風呂だけでもかなり満足なのですが、絶対入らなくちゃいけないお風呂が、2018年に新しく造られた「美しの湯」の展望露天風呂と展望内湯。

美しの湯・展望内湯
景観を楽しめる造り(C)翔峰

アルプスを見上げ、城下町を見下ろす景観を楽しむために造られたような風呂で、一面ガラス張りの窓に沿うように造られた内湯に併設して露天風呂もあり、どちらとも全長10mはありそうな大きな湯船。

美しい景色(C)翔峰
爽快感は格別(C)翔峰

湯船の外には水が張られており、光が乱反射して美しさが増すとともに、山や空と一体になるような“インフィニティ温泉”が楽しめてしまうのです!その爽快感といったら格別。ときを忘れて入っていたい気分に。7色に色を変え、やわらかで微細な気泡が身体を包み込むシルクバスもあるのでお忘れなく。

シルクバス

この「美しの湯」は男女入れ替え制。女性は15時~23時、男性は6時~10時30分。男性にとっては入浴できる時間が限られているのですが、お風呂の開放感と爽快感はハンパないので、ぜひ入ってみてください。

県内最大級の広さをもつ大きな内湯や露天風呂

束間の湯

男女別に設けられている大浴場は「束間の湯」。湯屋建築を思わすような三角屋根の天井が高く、開放感ある内湯は広々。県内最大級の広さを誇り、40.5℃に設定された「ぬるめの湯」と42.5℃の「熱めの湯」があり、無色透明の単純泉の湯が並々とあふれています。

内湯
庭園に包まれた岩造りの露天風呂

内湯に併設して、庭園に包まれた岩造りの露天風呂や八角形のジャグジーも備わり、インフィニティ温泉「美しの湯」とは異なった、和風情緒ある中で温泉を楽しめます。

八角形のジャグジー
脱衣所

貸切風呂や北アルプスを望む爽快足湯

「客室展望風呂」、美しの湯のインフィニティ「展望露天」「展望内湯」、束間の湯の県内最大級の「内湯」「露天風呂」「ジャグジー」でも飽きたらない温泉フリークには、3種類の貸切風呂があります。

貸切風呂も(C)翔峰

45分3,000円ですが、石張りの洋風風呂や檜風呂、内湯と露天のふたつの湯船があるものがそろい、誰にも邪魔されずプライベートなひとときを楽しめます。

足湯
翔峰 外観

最後の仕上げは、ロビー前のガーデンテラスに隣接するようにある足湯。北アルプスを正面に望みながら入ることができる足湯で、これだけの景観を楽しめる足湯はなかなかお目にかかれませんよ。バリュー価格で眺望抜群の温泉三昧を楽しめる宿は、“5つ星”の名に恥じない充実度と居心地のよさをもっています。

[Photos by TAI WATANABE ]
※2020年6月現在、新型コロナウイルス感染症対策のためサービス体制や料理提供方法などが通常と異なることがあります

この記事を書いたライター情報

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「人生に旅心を」。旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジン。旅の情報や小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案。読者のみなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINE(タビジン) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載