東京土産は完売続出のスイーツ店「オードリー」で!

東京土産は完売続出のスイーツ店「オードリー」で!

2020/07/11

“東京みやげの宝庫”である東京駅や羽田空港で、多くの人が購入し持ち歩いている、女の子といちごのイラストが描かれた紙袋。その正体はというと、絶大な人気を誇るいちご菓子専門店「AUDREY」のもの。実際に「GLACIA CHOCOLATE」の味わいとかわいさを確かめてみました!

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

店舗は関東地区に5店舗のみ

「AUDREY(オードリー)」の店舗は、高島屋横浜店・高島屋日本橋店・西武池袋本店・東京駅グランスタ店・羽田第1ターミナル店の5店舗のみと、実はかなり少なめ。このスペシャル感が“東京土産”として最適です。人気を実感するのは、商品を求める人の数。今回、東京駅グランスタ店に平日の午前10時頃におじゃまして、並んでいる人は3人程度でしたが、30分後には10人くらいに。さらに「オードリー東京限定缶」は、この時すでに完売していました。この勢いが人気の高さを物語ります。

胸をときめかせるパッケージ

グレイシアチョコレート 5個入:772円(税込)

それでは、さっそく今回購入した「グレイシアチョコレート」を見ていきましょう!パッケージのイラストが、紙袋同様これぞ「オードリー」といった雰囲気。食べる前から、このふんわりとした世界観を楽しむことができます。ちなみにこのシリーズのフレーバーは、プレーンタイプの「グレイシア」と「グレイシアチョコレート」の2種類があります。

おみやげにうれしいデザイン

そして、あけくちには「トーキョー」の文字が。おみやげにはうれしいデザインですよね。

それではオープン!

いちごの存在感が光ります
女の子のイラストが描かれています

ワクワクしながらBOXを開けてみると、またも女の子のイラストが。ズラリと5個並んでおり、なんといってもパッケージ向こうに見えるいちごの存在感が光ります。

ブーケのような美しさ

ブーケのような形に驚き!

個包装になったパッケージを開けてみると、驚くのはこのブーケのような形!封を開けた瞬間から、いちごの甘酸っぱい香りとカカオの香りがふんわりと漂うので、さながらスイーツのブーケのようです。ここまで愛らしいと、どこから食べようか非常に悩んでしまいますが・・・思い切っていちご部分からガブリと食べてみました。

甘酸っぱいドライいちご

ドライいちごの甘酸っぱさが一気に口の中に広がり、その後にチョコレートのほろ苦さが続きます。その中には、ふんわりと軽いチョコレートクリームが入っていて、小さく砕いたアーモンドがアクセントになっています。この香ばしさとほろ苦いチョコクリームの相性がよく、チュイールのサクサク食感も手伝って、思わず夢中になって食べてしまうおいしさ。いちごのさわかやな甘酸っぱさから始まり、ほろ苦いチョコレートの風味、香ばしいアーモンドまでが調和して、小さな花束の中にギュッと詰まっているような味わいです。

チュイールのおいしさにも注目

最終的にはチョコクリームもいちごもなくなって、チュイールの先っぽだけが残る状態になりますが、これも最後のお楽しみ。キメが細かく厚みがあるチュイールのシンプルなおいしさと、口どけのよさを確かめることができます。

お店で買ってから、食べ終わるまでウキウキ感が止まらないオードリーの「グレイシア」。自分へのご褒美にはもちろん、ギフトやおすそ分けなどにも喜ばれますよ。おいしくてかわいいお菓子の世界をじっくりと楽しんでみてはいかがでしょうか?

[All Photos by koume]

この記事を書いたライター情報

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「人生に旅心を」。旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジン。旅の情報や小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案。読者のみなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINE(タビジン) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載