これぞ癒しのワンダーランド「プチ癒しフェスタ」に潜入!

連載

雄飛・なめ子の噂の開運ツアー

2017/01/25

これぞ癒しのワンダーランド「プチ癒しフェスタ」に潜入!

ホフディラン・小宮山雄飛と辛酸なめ子のふたりが“開運”を求めてあちこちをさまよう「雄飛・なめ子の噂の開運ツアー」。今回は占い、スピリチュアル、ヒーリング、カウンセリングなどなど、さまざまな「癒し」にまつまる人たちが一堂に会する『癒しの複合イベント』に潜入してきました。

小宮山 雄飛

小宮山 雄飛

ミュージシャン/渋谷区観光大使 クリエイティブアンバサダー

こんにちは小宮山雄飛です。実は今回の取材先は僕も以前に何度か訪れたことのあるイベントです。その名は「プチ癒しフェスタ」。占い、ヒーリング、チャネリング、風水鑑定……その他もろもろ、かなりざっくりまとめてわれわれを「癒し」てくれる人たちがどっと集まるフェスなのです。

すでに82回目を迎える人気イベント
小宮山雄飛(以下:雄飛)
小宮山雄飛(以下:雄飛)
「なんだか、以前より会場が広くなってますね!」
辛酸なめ子(以下:なめ子)
辛酸なめ子(以下:なめ子)
「パワーアップしていますねー」

実は「プチ癒しフェスタ」に僕が最初に伺ったのは、やはりなめ子さんからのお誘い。

2年前くらいに一緒に行った時は、まだここまで規模が大きくなかったのですが……どうやら一大人気イベントになってるようです。

会場すべてが違う「癒し」のプロたち。まさに癒しのカオス状態です!

このイベントが面白いのは、どのブースもみな「お試しコース」で出店してるところ。

占いやヒーリング・カウンセリングなど、興味はあっても何万円も払ってお店に行くのはちょっと……というものを、10分1000円くらいのお試し価格で試せるのです。

というわけで、さっそく行ってみましょう。

前世だけじゃないヒーリング!?

まず向かったのはチャネリング・ヒーリングの「エナジー・リーフ」さん。

「エナジー・リーフ」の半田ひろ子さん
雄飛
雄飛
「こちらはどんなブースですか?」
半田さん
半田さん
「ざっくり言うと、チャネリングでハイヤーセルフの声を聞くんですね」

すみません、ざっくりすぎてハイヤーセルフっていうのの意味自体分からないんですが……

なめ子
なめ子
「高い存在ですよね?」
半田さん
半田さん
「そうです高次の存在ですね、守ってくれてる方です」

相変わらずなめ子さんは普通に会話が通じます。

こちらが「プチ癒しフェスタ」用のお試しメニュー
半田さん
半田さん
「あと、過去世よみとりヒーリングは、自分の今の状態がなんでこうなったんだろうっていう部分を、過去世でよみといて、後ろの方に解除してもらうとか……」

後ろの方に解除してもらう?

後ろに並んでる人になにかしてもらうのかと思ったのですが、どうやらそうではなく、背後にいる目には見えないハイヤーセルフ的な人のようです。とにかく普段聞きなれない単語の連続です。

雄飛
雄飛
「実は僕『閉所恐怖症』なんですが、その原因が過去世で分かったりします?」
半田さん
半田さん
「分かりました、やってみましょう」
ということで過去世リーディング、スタート!
半田さん
半田さん
「あー、これは洞窟ですね」
雄飛
雄飛
「どこですか?」
半田さん
半田さん
「うーん……ヨーロッパかなー、聖なる場所ですね。そこで閉じ込められたんですね」

いきなり閉じ込められてる!

半田さん
半田さん
「その洞窟にシャーマン的なお婆さんが住んでて、そのお婆さんになにかもらうと成人だと認められるような通過儀礼があったみたいなのですが、お客さんの過去世は、その成人の証をもらえなかったみたいです」

なんと! 未成年

半田さん
半田さん
「それで、カっとなって若気の至りでシャーマンを殺しちゃったらしいですね」

ちょっと! そんな簡単にシャーマン殺しちゃったの?

会場に来て10分、いきなり過去世が人殺しであることが判明……
半田さん
半田さん
「それで逃げ帰る途中にその洞窟で迷って亡くなったようですね」

それが現世の閉所恐怖症につながってると。

半田さん
半田さん
「今はその過去を掃除する時期だから逆に出て来てるんです、もうこれは卒業しましょうと」

くしくもこの日は成人の日の前日、過去を卒業して僕も成人になれそうです!

ありがとうございました

さてお次はなめ子さんの番、一体どのヒーリングを受けるのでしょう?

なめ子
なめ子
「私はこの『眼精疲労』のヒーリングをしてもらえますか?」

って、なんかいきなり現実的なヒーリングです!

僕が「人殺し」というとてつもない過去と向き合ったのに、なめ子さんは「眼精疲労」って、ずるくないですか。

なめ子「眼精疲労コースで」 雄飛「なんかずるくないっすか?」

しかし眼精疲労といっても、ここは「プチ癒しフェスタ」、やはり単なる駅前のマッサージとは違います。

なにやら、なめ子さんの上にを並べ始めました。

単なる眼精疲労マッサージとは違うようです
なめ子
なめ子
「私の上に置かれてる石はなにか吸い取ってくれるんですか?」
半田さん
半田さん
「これはチャクラを開けて異空間とつなげてくれるんです」
文筆家魂を発揮してアイマスクをしてもメモを取るなめ子さん

ということで眼精疲労マッサージも無事終了、なめ子さんはどんな状態だったんでしょう。

半田さん
半田さん
「なめ子さんは左脳が疲れてましたね。なのでそこのエネルギーがおさまるように調整しておきました」

やはり考える人ですからね。

半田さん
半田さん
「あとは手も疲れてるみたいなんで、それも調整しておきました」

それは単にずっとメモ取ってたからじゃないか? という気もしますが、脳と手に疲れとは、まさになめ子さんらしいですね。

なめ子さんの状態を説明中

というわけで過去世と向き合い、左脳もすっきりしたところで次のブースへ。

雄飛&なめ子のオーラを激写!

2ブース目の「maricott」高橋絵吏さん
雄飛
雄飛
「こちらはなにができるんでしょう?」
高橋さん
高橋さん
「こちらではお客さんのオーラ写真を撮影しています」

さすが「プチ癒しフェスタ」ともなれば、写真だってオーラ付きです。

高橋さん
高橋さん
「こちらのバイオセンサーの上に手を置いてもらって、血圧や血流その他いろいろなデータを取るんです」
この左の機械の上に手を乗せる
そしてパチリ!
パソコン画面にオーラが
高橋さん
高橋さん
「うわー、すごい!(笑)」
雄飛
雄飛
「え、どうしました?」
高橋さん
高橋さん
「すごーい! 絶対こういうところ来ない人ですよ。」

ん? 一体どんなオーラなのでしょう?
気になる僕のオーラ写真はこちら

とにかく真っ赤な雄飛のオーラ
高橋さん
高橋さん
「真っ赤って現実主義者なんですよ。絶対こういうところこないタイプの人」
雄飛
雄飛
「あ、それ当たってますね」
高橋さん
高橋さん
「しかもこれだけきれいに真っ赤で整ってるのって相当珍しいですよ。警察官とか弁護士企業のトップに多いのが赤ですね」
なめ子
なめ子
「こういうところで初めて赤の人見ました」
高橋さん
高橋さん
スピリチュアルとか絶対信じてない人ですよ

確かにあってますが、「プチ癒しフェスタ」でそう言われると、なんだか申し訳ない気がします。

そしてもう1枚バイオデータ一覧が

一番下がチャクラの状態、左真ん中のグラフが精神状態などなど細かく分かります
高橋さん
高橋さん
「それとチャクラも全部すごいですね、精神も安定してて、思ってる事とやってる事が完全に一致してる。絶好調です! こういう方は診断される必要ないですよ」

なにか分かりませんが、とにかく良い結果のようです。

できる男!
高橋さん
高橋さん
「お客さんはとにかくですから、癒しの色は赤ですね。逆に仕事とか勝負の時はがいいです」

なんと! 最近仕事の場では青い服を着ることが多く、この日も靴からシャツまで全身青!
気づかずに最適の色を選んでいたようです。

では、なめ子さんの番です。

なめ子さんをぱしゃり
高橋さん
高橋さん
「なめ子さんはオレンジですね」
なめ子
なめ子
「あれ、以前はだったんですけどね」
高橋さん
高橋さん
「それは寒かったからかもしれませんね」
なめ子
なめ子
「え、ほんとにオレンジですか?」

なぜか自分のオレンジ色に納得がいかない様子のなめ子さん

高橋さん
高橋さん
「オレンジの方は華やかなんで、スター性がありますよ」
なめ子さんはオレンジのオーラ
左真ん中の精神状態に波が、チャクラも低め、お疲れのようです
高橋さん
高橋さん
「ただ、かなり疲れが出てますね」
なめ子
なめ子
「えー、そうですか、プリントしないでいいので、もう1回撮り直してもらえないですか?」

なぜか、オレンジにどうしても納得いかないなめ子さん、再撮影です。

再撮影をするなめ子さん
なめ子
なめ子
「ちょっとがんばって紫を出してみますね」

え? オーラって自分で変えられるものなんですか?
とにかくオーラの色にこだわるなめ子さん。

なめ子
なめ子
「ウ〜〜〜〜ン」(念を送ってるようです)
高橋さん
高橋さん
「やっぱり変わらないですね、オレンジですねー。それと疲れも出てますね」

なめ子さん、オーラの色はいいんで、とにかく休んでください(笑)

それにしてもオーラ撮影、僕の現実主義をどんぴしゃで当てたあたり、かなり信用度が高いように思います、これはすごい!

自分のオーラの色にこだわりまくるなめ子さん
高橋さんありがとうございました

なめ子、驚きの前世

自分のオーラが腑に落ちてないなめ子さん、すぐ隣のブースでチャネリングをしてもらうことに。

チャネリングカウンセリングの遠藤享佑さん
遠藤さん
遠藤さん
「わたしのとこではお客様の本来の姿今世の使命なんかをお教えします」
なめ子
なめ子
「よろしくお願いします」
遠藤さん
遠藤さん
「はい、ではこちらに名前を書いてもらえますか?」

姓名判断的な要素もあるのかな? と思ってみてみると、あれれ!

これ、なめ子さんの本じゃない!

姓名判断かと思いきや、なめ子さんの著書だった
遠藤さん
遠藤さん
「いやー、うちの妹が大ファンなもので、サインを欲しくて(笑)」

診断の一環かと思いきや、ちゃっかりサインをゲットする遠藤先生、なかなかやり手です。

改めて「チャネリング」スタート
遠藤さん
遠藤さん
「ああ、もともとなめ子さんの魂は宇宙から地球に入ってきた時は、エジプトの母神系の神様で、エジプトで妃(きさき)をやってたこともありますね」
なめ子
なめ子
え、妃ですか!!

先ほどのオーラの色問題とうって変わって、露骨にうれしそうななめ子さん。

「私、妃だったんですか!」
遠藤さん
遠藤さん
「そうですねー、妃だったので、ものごとを上からも見える人ですね」
なめ子
なめ子
「えーーー、そうですか(嬉)」

僕はヨーロッパの「人殺し」だったのに、なめ子さんは「お妃」って。

エジプトの妃とヨーロッパの人殺し
なめ子
なめ子
「いつ頃の妃で名前とかも分からないですか?」

いつになくグイグイ来るなめ子さん、よほど妃がうれしいようです。

遠藤さん
遠藤さん
「そうですねー、うーん、クレオパトラも一回やってますね

えー!

なめ子さん、クレオパトラだったの!?

相変わらずすごい展開です。

心なしか表情もクレオパトラっぽくなって来た気が
なめ子
なめ子
「確かにエジプトすごい好きなんですよ!」
遠藤さん
遠藤さん
「そうですね、ヨーロッパよりはエジプトですね」

クレオパトラだったと言われてすっかり気分がよくなったなめ子さん、この後もグイグイ質問して、すっかり予定時間を超えてチャネリングされていました。

前世も未来も見通す水晶玉

一方、僕が向かったのは前世を見て、今の悩みから解放してくるという「前世クリーニング」。

七色の光珠 感情解放 霊気マスター 祐叡院ゆう子さん
雄飛
雄飛
「さっそく前世を見てほしいのですが、どうやるんですか?」
祐叡院さん
祐叡院さん
「この水晶の中に前世が見えてくるんですね。今なにか悩んでることはありますか?」
雄飛
雄飛
「そうですねー、最近音楽以外の仕事がたくさん来てて、そろそろ本業の音楽の方でアルバム作りをしっかりしなきゃいけないな、ということですかね」
祐叡院さん
祐叡院さん
「分かりました、そこら辺を見てみましょう」
ホフディランの未来がこの水晶の中に!
祐叡院さん
祐叡院さん
「あー、あなたは前世で雅楽をやってたんですね。そこで、自分よりうまい人がいるんで、萎縮していい音が出せないと言ってます」

なんと! 僕はヨーロッパの人殺しの後は、日本で雅楽をやっていたようです。

祐叡院さん
祐叡院さん
「それで、誰も自分を褒めてくれないと言ってますね。誰も褒めてくれないからやる気も出ないでいい結果が出せなかった。だから、今のあなたのことをもっともっと褒めてくれる人を周りに置くと、もっと本業が伸びると思います」

スタッフ、関係者、そしてファンの皆さん!

もっと僕を褒めて!

そしたらいいアルバム、できるみたいよー!

もっと褒めてもらいなさい!
祐叡院さん
祐叡院さん
「じゃあ次は未来を見てみましょう」

なんと前世だけじゃなく未来も見られるんですか!

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」から30年、まさか「プチ癒しフェスタ」で過去や未来へ行ける時代が来るとは、スピルバーグも思ってなかったでしょう。

祐叡院さん
祐叡院さん
「あ、近いうちに大きなスポンサーが付きますね」

なんかいい話!

祐叡院さん
祐叡院さん
「2月に、婚活パーティでの司会を頼まれて、そこで歌も歌うのかな。そのパーティの主催者が本業の音楽のサポートもしてくれて、未来はアルバムリリースしていますね。すごいキラキラしていますよ!」

なんだか、ものすごく具体的です。

婚活パーティの司会なんてやったことありませんが、それがホフディランのアルバムへとつながるらしいので、婚活パーティ業者の方、司会のお仕事ご依頼ください。

イラストレーション=辛酸なめ子

また新たな前世に遭遇

さて、最後に向かったのは「ハンドヒーリング」なるブース。

手で全てを理解する占師 五嶌美幸さん
雄飛
雄飛
「こちらはなにができるんでしょう?」
五嶌さん
五嶌さん
「お客様の手を握って、前世や運命の人などを探ります」

手相を見るわけではなく、手を触ることでいろいろなものが見えるようです。

手を触って前世を探る
五嶌さん
五嶌さん
「あ、いい手ですね!」
雄飛
雄飛
「そうですか?」

よく分かりませんが、まずは手を褒めていただきました。

いい手を持つ男
五嶌さん
五嶌さん
「前世はアメリカにいますねー」

ヨーロッパ、日本と来て、今回の前世はアメリカのようです。

五嶌さん
五嶌さん
「あー、はっはっはっは(笑)」

なに? そんな笑える前世なの??

五嶌さん
五嶌さん
「前世では、アメリカでブランコに乗ってますね

なにその前世!?

小宮山雄飛の前世を見て爆笑する五嶌先生
五嶌さん
五嶌さん
「草原で木にくくりつけたブランコでゆらゆらしてる詩人さんですね(笑)」

草原でブランコって、まるでハイジのようですが、アルプスの少女ではなくアメリカの詩人のようです。

五嶌さん
五嶌さん
すごくイマジネーションあふれる人ですね。あとは自分自身の仕事部屋のような、せまい空間を確保すれば、そこから先は全てうまく行くようです」

そういえば最近、作業部屋がとっ散らかって楽曲制作に集中できてなかったかも。よしこれを機に自分の空間を整理するぞ。

というわけで、本日見てもらった僕の前世からのお告げを総合すると

人を殺してしまった過去から解き放たれ、婚活パーティでスポンサーを見つけ、自分の作業部屋を確保すれば、音楽活動は順風満帆だと。

そういうことのようです。

そしてなめ子さんは
オーラはオレンジ色だけどクレオパトラの生まれ変わりであると。

クレオパトラとブランコ詩人

というわけで、短時間ながら駆け足で5つのブースを巡って、すっかり「プチ癒しフェスタ」を堪能。

1ブース1000円〜2000円くらいで、ちょっと気になるスピリチュアル的なものを、あれもこれも試せるほんとに楽しいイベント。
まるで癒しのワンダーランドです。

この日だけで3つも前世を見てもらったってことは、これこそ前前前世ってことでしょうか?

などと、流行りのワードも入れ込んで今回は終えてみたいと思います。


(撮影:木村 雅章)

「プチ癒しフェスタ」、次回開催のお知らせ

さまざまな癒しが集まった「プチ癒しフェスタ」、次回開催が決定!
興味を持たれた方はぜひ、体験しに行ってみてください。

「第83回プチ癒しフェスタ」
日時:平成29年2月12日(日)10:30~17:00  
会場:東興本社ビル7階(渋谷区代々木1丁目60-11)
入場無料

小宮山雄飛

小宮山雄飛

ミュージシャン/渋谷区観光大使兼クリエイティブアンバサダー

辛酸なめ子

辛酸なめ子

漫画家・コラムニスト

この記事を書いたライター情報

小宮山 雄飛

小宮山 雄飛

ミュージシャン/渋谷区観光大使 クリエイティブアンバサダー

「ホフディラン」のボーカル&キーボード。 渋谷区観光大使 クリエイティブアンバサダー。食通としても知られ“音楽界のグルメ番長”の異名を持つ。アルバム「帰ってきたホフディラン」好評発売中。まは7月にはデビュー22周年記念「「Washington,C.D. 」完全再現ライブ」を開催!

小宮山 雄飛 が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL