創業300年以上!愛され続ける「力餅家」の和菓子は鎌倉の定番

創業300年以上!愛され続ける「力餅家」の和菓子は鎌倉の定番

2020/07/11

ここでしか手に入らない鎌倉名物として愛される、「力餅家」の権五郎力餅(ごんごろうもち)や和菓子たち。とっておきの鎌倉土産としておすすめです。権五郎力餅は箱もお餅も小ぶりなので、持ち運びも便利。歴史を感じる店構えも一見の価値ありですよ。創業300年以上の「力餅家」を現地ルポ。

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

江戸時代から続く老舗の和菓子屋「力餅家」

力餅家 外観

鎌倉の地で300年以上続く「力餅家」。最寄り駅は江ノ島電鉄長谷駅・極楽寺駅。観光にも便利な立地なので、お土産探しに立ち寄るのにも便利ですよね。

力強いのれんの文字は、お店の名前である「力餅家」や、名物の「権五郎力餅(ごんごろうもち)」のイメージそのもの。見ているだけで力が湧いてきます。歴史を感じる店構えも味わい深く、まるで昔話に出てきそうなたたずまいです。

筆者が訪れた週末の10時半頃は、数人のお客さんがいましたが、行列というほどではありませんでした。コロナ対策としてお店の中には2人ずつしか入れませんでしたが、5分も待たずに購入できました。

実食!「権五郎力餅」「求肥力餅」「福面まんじゅう」

創業時からの自家製の製法を守っている和菓子

今回は、「権五郎力餅」10個入り670円(税込)、「求肥力餅」1個95円(税込)、「福面まんじゅう」1個170円(税込)を購入。添加物は一切使用せず、創業時からの自家製の製法を守っているそうです。

賞味期限は「権五郎力餅」が当日中、「求肥力餅」と「福面まんじゅう」は購入日含め3日間になります。

包み紙を開けると、説明書きと楊枝が

鎌倉の定番土産として有名な「権五郎力餅」は、できたてのお餅をこし餡でくるんだ和菓子です。バラ売りはありません。緑色の包み紙を開けると、説明書きと楊枝が入っています。

「権五郎力餅」10個入り670円(税込)

そして中身は・・・なんて可愛らしい。一口でパクッと食べられるくらいの小ぶりの力餅が10個、みっちりと箱に詰まっています。うーん早く食べたい!

お餅の上にあんこのシンプルな組み合わせ

お皿に出して、早速いただいてみます。お餅の上に、あんこ。このシンプルな組み合わせに、どうしてこんなに心奪われてしまうのでしょうか。

食べやすいサイズ感です

まっすぐな想いで作られている、というのが伝わってくる力強さと素朴さ。小ぶりというのもありますが、食べやすくてついひとつ、またひとつと食べてしまいます。

最後は家族で争奪戦となり、5分とたたず完食。ああ〜もう一箱、買ってくればよかった!

「福面まんじゅう」1個170円(税込)

そしてこちらは「福面まんじゅう」。改めて、しみじみといいお顔にしばし見とれるひととき・・・。福面まんじゅうの“面”は、力餅家のすぐ近くにある御霊神社の面掛行列のお面を模しているのだそう。形は全部で11種類あるそうですが、お店でどれがいいかと自分で選ぶことはできません。お店の方がどれを渡してくれるかお楽しみです。

まんじゅう、という名前ではありますが、カステラのような生地の中にあんこが入っています。人形焼のような感じです。求肥力餅は、お餅ではなく求肥が使われているので、やわらかくて、権五郎力餅よりさらに食べやすい感じです。包みも可愛いですよね。

「求肥力餅」1個95円(税込)

求肥力餅や福面まんじゅうは、1個売りもあるので食べ歩きにもおすすめですよ。

[All Photos by Aya Yamaguchi]

この記事を書いたライター情報

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「人生に旅心を」。旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジン。旅の情報や小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案。読者のみなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINE(タビジン) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載