大正ロマンカフェ「ミルクホール門司港」に行ってみた!

大正ロマンカフェ「ミルクホール門司港」に行ってみた!

2020/07/13

門司港焼きカレーの名所、「BEAR FRUITS」さんの姉妹店、”ミルクホール門司港”。観光客やインスタの投稿で大注目のスポットとなっている様子♪

かんもんノート

かんもんノート

「ミルクホール門司港」はこんなお店

落ち着いた店内

開店から、早2ヶ月余りがすぎましたが、すでに観光客やインスタの投稿で大注目のスポットとなっている様子♪

レトロを思わせるノスタルジックな入り口

いわずと知れたあの門司港焼きカレーの名所、「BEAR FRUITS」さんの姉妹店、”ミルクホール門司港”さんです。

こちらがBEAR FRUITSさん

お忙しい中、お客様の少ないお時間を教えていただき、取材させていただきました♡

ミルクホール門司港」の店内はこちら

開店前の情報として、子連れにも優しいカフェを目指されているとお聞きしていたので、本日は我が子連れで。

子連れにもやさしい

注文の前に、子どもを落ちつかせようと席につくと、可愛い子ども椅子を持ってきて下さいました!

キッズスペース

しかも、すぐ隣には広々としたキッズスペースが!!

この後、海外からの観光の御一行が入店され、キッズスペースで子どもたちは国際交流が始まりましたよ。

子ども同士って言葉が通じなくてもすぐに仲良くなれますね。

入り口で注文します

子どもが落ちついたところで、店内に入ってすぐのカウンターに戻り、メニューを注文します。

本来なら、ここで注文を済ませてから、着席するのが良さそう。

でも、どこに座るか迷うくらい海側も門司港駅側もすてきな雰囲気です。

対岸には下関が見えます

そして、これは助かる!と思ったのがお手洗い。

オムツ替え台ってよく、やりづらいところについてるところありませんか?

こちらのお手伝いは、たっぷりの空間にオムツ替え台の他にもお着替え用ステップまで完備されていました。

オムツ替えを嫌がる子には、ステップ活用して下さいとのこと!!

全てのお客様にやさしいお手洗い

ずいぶん子連れに優しいお店が増えてきましたが、観光客も多い門司港駅前のお店。

こんな心遣いがみえると旅の途中でもホッとできますね。

「ミルクホール門司港」で今回頼んだメニューはこちら

さて、今日は子連れということもあり、甘いものから、軽食まで色々と注文してみましたよ。

まずは、メニューの中で一際輝くクリームソーダを。

よく見かける濃い緑のアレじゃなくて、なんだか柔らかいエメラルドグリーン。

クリームがソーダに混ざって、シュワシュワと泡立つこの感じ。

はやく、はやく!!とスプーンですくいながら、溶けないうちにクリームを味わいます。

クリームソーダ

そうこうしてると、懐かしい銀皿に乗ったナポリタンと関門タコの入ったケークサレがやってきました!

ナポリタンは、しっかりとブラックペッパーが効いてピリッと主張してきます。

これは、大人のナポリタンだ♪

辛みが苦手だったり、お子様向けなら、注文時に一言「抜きで」というといいかも知れませんね。

ケークサレは、温めて持ってきてくださったので、ホクホク。子どもが喜んで、ペロリと食べちゃえる、程よい大きさです。

ナポリターン!

そして、こちらがシベリアです!

数量限定人気商品のため、こんなに綺麗に並んでるのは稀なのだとか。

シャッターチャンスですよ〜と店員さんに言われ、パチリ♪

大人気、シベリア

私、”ミルクホール門司港”さんの取材で初めてシベリアを知ったのですが、最近、コンビニやパン屋さんでシベリアを発見したのです!

あれ?ブームきてる?

こちらの門司港シベリアは、バナナの餡で門司港らしさ満載!!手土産にもよさそうです♡

次に行けたら、インスタでも話題のプリンアラモードをいただこうと思います。

かんもんノート

かんもんノート

何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!

2017年12月に創刊したローカルウェブメディア。山口県下関市および福岡県北九州市の関門海峡沿いをメインエリアとして、グルメやイベントなどローカルな情報を日々発信しています。

becte

becte

ライター

この記事を書いたライター情報

かんもんノート

かんもんノート

「何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!」をキャッチコピーとして2017年12月に創刊したローカルウェブメディア。山口県下関市および福岡県北九州市の関門海峡沿いをメインエリアとして、グルメやイベントなどローカルな情報を日々発信しています。

かんもんノート が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載