The Okura Tokyoサブレ缶|名門ホテルギフト04

The Okura Tokyoサブレ缶|名門ホテルギフト04

2020/07/19

さまざまな形で“おもてなしの心”を表現する名門ホテル。「名門ホテルの伝統ギフト」では、名ホテルや歴史ある旅館で長く愛される手土産をご紹介。流行に流されない自慢の味わいは、自信をもってオススメできるものばかり。第4回は「The Okura Tokyo」サブレ缶「市松」「露地」です。

FOOD PORT.

FOOD PORT.

“日本らしさ” で世界をもてなす。それが「The Okura Tokyo」の使命

  

1962年に開業した「ホテルオークラ東京」旧本館が、2015年にその歴史に幕を下ろし、「The Okura Tokyo」として生まれ変わったのは4年後の2019年のこと。現在は、静かで気品あるオーセンティックホテル「オークラ ヘリテージ」と、上質な都市型コンテンポラリーホテル「オークラ プレステージ」の2つのブランドで構成されています。平安時代の伝統美を重んじ「18,000坪の芸術」と称されたかつての趣を館内の至るところに残しつつ、最新のモダニズムを取り入れ、現代の「日本の美」を表現して復活したその姿は、国内外から大きな注目を浴びています。

     

開業以来「The Okura Tokyo」が忠実に守り続けるのは、「世界の一流ホテルに並ぶ格式と快適さを備え、世界の賓客を満足させる日本ならではのホテルをつくりたい」という創業者・大倉喜七郎の想いです。豪華さよりも優雅さを追求する「日本の美」と、一人ひとりのゲストをきめ細やかに気遣う「日本の心」。ここにはそのすべてが結集しています。それは空間の美しさやサービススキルの高さだけを示す言葉ではありません。スタッフの語学力、プライバシーやセキュリティに配慮した設備に至るまで、あらゆる面で高い水準を満たさなければ心から喜んでもらうことはできないと、「The Okura Tokyo」は考えます。1964年に日本で初めてIMF総会の会場に選ばれ、世界の一流ホテルの仲間入りを果たした当時の「ホテルオークラ東京」。以来、数え切れないほどの多くの賓客を迎えてきました。アメリカ大使館に近いことから、1974年のフォード大統領から2009年のオバマ大統領まで、歴代アメリカ大統領のほとんどが訪れたほか、チャールズ皇太子とダイアナ妃も迎えたことも。“世界をもてなす”それが、50年以上変わらないこのホテルの使命なのです。

日本の伝統美を現代に取り入れた2種のサブレ缶

そんな「The Okura Tokyo」が2019年のスタートと同時に発表したギフトが、オリジナルサブレを伝統文様のように美しく詰め合わせた「市松」と「露地」です。1962年の開業時から、「伝統美の粋をいかに現代に取り込むか」を常に探り続け、日本古来の美術と文化を表現する銀杏文や菱文、麻の葉文、亀甲文などの文様を館内に多く取り入れてきた「オークラ」。サブレ缶には、そのスピリットが継承されています。

「市松/ichimatsu」

「市松」は、「シトロン」「アールグレイ」「はちみつフロランタン」など、16種類のフレーバーのサブレの詰め合わせです。ホテルの意匠のひとつである石畳文様をイメージして市松模様に並べ、オークラブランドの象徴である銀杏型のサブレを鏤めました。パリッと薄焼きのものからサクサクと軽やかな歯ざわりのもの、ザックリと噛みごたえのあるものまで、食感だけでも実に多彩な16種類のサブレ。組み合わせる素材ごとに、粉とバターの配合、焼き上げ方、コーティングが異なるため、どれを食べてもまったく違う美味しさが楽しめるのも、さすがは「The Okura Tokyo」です。どのフレーバーも、リッチなバターと味わい深い小麦の香りの中に、素材の風味が存分に感じられます。

「露地/Roji」

「露地」は、鼻に抜ける爽やかな香りが印象的な「山椒メレンゲ」と、「フロマージュ・サレ」「ジャーマン」など、6種類の塩味のサブレの詰め合わせです。「通り庭」と呼ばれる、表口から裏口に通り抜けられる土間を模して長方形の缶に並べました。一見するとスイーツのサブレと変わりありませんが、缶を開けた瞬間に漂ってくるのは食欲をそそるスパイシーな香り。ブラックペッパーやバジルなどを効かせた甘くないサブレなので、アミューズのようにワインや日本酒とのペアリングも楽しめます。甘いものが苦手という方にはもちろん、ビジネスシーンの贈答品としてもおすすめです。

  

サブレの大きさや形、詰め方を工夫することで、缶を開けた時の美しさにとことんこだわったという「The Okura Tokyo」のサブレ缶。美しさや美味しさだけでなく、どれから食べようかと選んだり、お気に入りの味を探したりする楽しさも一緒にお届けできる、粋なギフトです。ここぞという時に自信を持って贈れる、頼りになる一品です。

【市松/lchimatsu】
内容 :16種
(サブレ・シトロン/アールグレイ/スペキュロス/ショコラアマンド/マーブル/ショコラ・ノワ/はちみつフロランタン/ガレット・オランジュ/クロッカン・カフェ/黒胡麻フロランタン/ヴァニーヌ・サレ/黒胡麻サブレ/カネルアマンド/ガレット・バナーヌ/サブレ・ココ/サブレ・レザン/三種の銀杏サブレ)
価格 :大=5,500円、小=4,000円(税抜)

【露地/Roji】
内容 :7種
(フロマージュ・サレ/オニオン/スパイシーナッツ/カレーサブレ/ナポリ/ジャーマン/山椒メレンゲ)
価格 :4,000円(税抜)

※事前の予約がおすすめです。

賞味期限:30日間
販売元 :The Okura Tokyo シェフズガーデン
https://theokuratokyo.jp/dining/list/chefs_garden/
住所 :東京都港区虎ノ門2-10-4 オークラ プレステージタワー5階
TEL :03-3505-6072

この記事を書いたライター情報

FOOD PORT.

FOOD PORT.

美味しい日本が集まる港 をコンセプトとした、日本の食文化を発信するウェブマガジン「FOOD PORT.(フードポート)」。最新ニュースやレストラン情報、編集部独自のコンテンツなど、FOOD PORT.独自の視点で発信していきます。

FOOD PORT. が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載