モダンさと懐かしさが融合した令和の“喫茶店”が話題!

モダンさと懐かしさが融合した令和の“喫茶店”が話題!

2020/07/31

名古屋・熱田区伝馬町にオープンした『喫茶space』は、スタイリッシュな空間ながらどこか懐かしさを感じさせる居心地の良さ。クリームソーダやナポリタンといった昔ながらの喫茶メニューも心を和ませます。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

「誰もが親しみを感じる喫茶店」をイメージした『喫茶space』

オープンは2020年6月。マンションの1階にあり、ブラウンで統一されたシンプルな外観が印象的

地下鉄伝馬町駅から徒歩約5分の立地にオープンした同店。
大きな看板などはなく、さりげない店構えが店主の人柄を感じさせます。男女問わず立ち寄りやすい雰囲気も魅力。

外観同様、店内もシックで落ち着いた空間
優しい光を注ぐアンティークのランプも居心地の良さを演出

コンクリート張りの壁に、木材のブラウンとブラックのチェアがセンス良く融合したスタイリッシュな店内。
店舗は30年以上続いた「珈琲あいざわ」の跡地で、老舗喫茶の趣きと、感度の高いインテリアが融合した、まさに「令和の喫茶店」。
店主のセンスが光るレトロモダンな空間で、のんびりとしたひとときを満喫できます。
店内には1卓のみテーブルゲームが置かれ、「懐かしい」と喜ぶ男性客も多数。

ご夫婦で営むアットホームさもこの店の魅力

店を切り盛りするのは店主の輪形 誠さんと奥様の明未さん。
店主の誠さんは、名古屋市西区にある「喫茶ゾウメシ」出身。
「喫茶ゾウメシ」時代から喫茶店の魅力にハマり、「古き良きものを継承したい」「昔ながらの喫茶店という親しみを持てる店を出したい」「今の時代の若い世代にも喫茶店の魅力を伝えたい」というさまざまな思いを持ち、念願の店をオープンさせたと言います。

アルコール除菌などで感染症対策もばっちり配慮

入店前のアルコール除菌のほか、テーブルをはじめとした店内のいたる所にアルコール消毒を徹底。もともとテーブルの配置はゆとりをもたせているので、飛沫感染など三密リスクに関しても安心です。

味や見た目にもこだわった昔懐かしメニューにも注目!

タコさんウインナーがキュートな「ナポリタン」(780円/税別)

メニューにもこだわりが満載で、銀皿で提供されるナポリタンやカレーなど、ビジュアルだけでも昔ながら。
見た目だけでなく「手作りの味にほっこりしてもらいたい」と語る店主。そんなメニューの数々は、写真の「ナポリタン」ひとつとっても、ソースはケチャップやトマトソースのほか、数種類の調味料をブレンドしたこだわりの一品。家庭の味を思わせる手作り感に、プロの技が加わった至福の味わいをぜひ!

「オムライス」(780円/税別)は、まさに昔ながらのクラシカルな一品

表面を硬めに焼いた卵でチキンライスを巻いた王道スタイルのオムライス。中に潜むチキンライスはコク深い自家製トマトソースとバターの風味が口いっぱいに。内側は半熟気味に仕上げた卵と絶妙なハーモニー♪

幼少時代を思い出させてくれる「クリームソーダ」(580円/税別)

上にのったバニラアイスとサクランボが現代では新鮮なクリームソーダ。鮮やかなブルーのほか、レッドとグリーンもあり。
「ミックスジュース」「バナナジュース」(各580円/税別)といった喫茶ドリンクも揃います。

懐かしメニューだけでなく斬新な「ハムカツ」は必食すべき品!!

食べ応え満点の「ハムカツサンド」(750円/税別)

2枚ずつ重ねたハムでチーズや玉子、キムチなどを挟んでカラリと揚げたハムカツをサンドした一品。ハムを2枚重ねることで肉の存在感もしっかり主張! ハムカツの中身は日替わりです。

「カレー」(750円/税別)に、「ハムカツ」(1枚80円~/税別)をトッピング

自慢の「ハムカツ」はサンドイッチ以外にもトッピング注文やテイクアウトも可能。
トッピングをするのなら、じっくり炒めた玉ねぎに数種類のスパイスをブレンドした、甘くてほんのりスパイシーな「カレー」がイチオシ!

奥様お手製のスイーツも見逃せません!

二人三脚で店を切り盛りする奥様の明未さん

開店前はまったく異業種で働いていた店主のご夫人、明未さん。主にスイーツを担当し、女性ならではの見た目もキュートで味わい深いスイーツを手掛けています。

甘さと爽やかさが絶妙な「レモンケーキ」(400円/税別)

明未さんが作るスイーツの中でも人気なのが写真の「レモンケーキ」。
しっとりとした生地やシャリシャリとしたアイシングからレモンの風味が漂い、ケーキの甘さとレモンの爽やかな酸味が口いっぱいに広がります。
食後のデザートや、ティータイムのお供にも最適な小ぶりサイズもうれしいですね。

もちろんコーヒーにもこだわりが満載!

店名のロゴ入りカップも自慢の「コーヒー」(450円/税別)
カウンター内の棚にはノリタケなどのソーサーがズラリ

喫茶店の主役とも言えるコーヒーにも、もちろん店主のこだわりが。豆は日進市にあるコーヒースタンドで試飲を重ね、オリジナルブレンドで焙煎されたものを仕入れ。店名のロゴがデザインされた自慢のカップで提供しています。深煎りのコーヒーは香り高く、後味はすっきり。
11:00まではモーニングサービスもあるので「令和のレトロ喫茶」へふらりと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

取材・文/久保 愛 撮影/森澤直人

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載