さばいどる・かほなん直伝!お金をかけないアウトドアの楽しみ方

さばいどる・かほなん直伝!お金をかけないアウトドアの楽しみ方

2020/07/31

YouTube登録者数27万人を突破した超人気さばいどる・かほなんにインタビュー。「お金をかけないアウトドアの楽しみ方」について話を聞いた。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

かほなんがアウトドア初心者に向けてアドバイス!

ニューノーマル時代のレジャーとしてキャンプや登山、釣りといったアウトドアが注目されている。しかし、アウトドアといえばそろえる道具も多く、「興味はあるけどハードル高そう」と思っている初心者も多いのでは?

そんな悩める人たちに向けて、さばいどる・かほなんが高価な道具がなくてもアウトドアを楽しめる方法をレクチャー。7月に発売されたばかりの著書『お金をかけない! 山登り&ソロキャンプ攻略本』の見どころも語ってくれた。

かほなん

かほなん

さばいどる

自然を愛する両親の影響でアウトドア好きになった

——さばいどるは、「サバイバル」と「アイドル」を掛け合わせた言葉で、まさに異色の職業だと思います。かほなんさんがさばいどるをスタートしたきっかけは何だったのでしょうか?

かほなん
かほなん
「最初はご当地アイドルとして活動していたんです。厳しいアイドル業界を『生き抜く』、そして『サバイバル生活』にチャレンジする。『さばいどる』には、その二重の意味が込められています。こうして企画ものみたいにスタートしたんですが、当時の動画は今もYouTubeに残っています」

——かほなんさんのYouTubeを見ていると、本当にアウトドアが好きなんだなというのが伝わってきます。自然が好きになったきっかけはあるんですか?

かほなん
かほなん
「私はキャンプ好きのお父さんと田舎育ちのお母さんに育てられました。小さい頃はよくトンボやセミ、カエルなどを捕まえて遊んでいましたね。自然と共に育ってきたので、さばいどるとしての活動は楽しくスタートできました」
森の中でタープを張るかほなんさん。自然を楽しみながらアウトドアについて学んできた彼女のスキルはホンモノだ

——かほなんさんには「無人島で暮らす」という大きな夢があるそうですね。

かほなん
かほなん
「そうなんです! これは『無人島で3日間生き延びる』とかじゃなくて、『無人島に永住する』という夢なんです。海があって、山があって、川がある無人島が理想ですね。まだまだスキルが足りないし、無人島を買うほどのお金もないので、今はその準備に励んでいます。しばらく先になると思いますが、絶対かなえたい夢です!」

——YouTuberとしても活躍中のかほなんさんですが、これまでアップした動画の中で特に思い出深いものはありますか?

かほなん
かほなん
「今年4月にアップした四国・剣山に登った動画は印象に残っています。山頂で1人の男性と出会ったんですが、その方は私の動画がきっかけで山登りを始めたんだそうです。誰かにアウトドアの楽しさを伝えることができたと思うとすごくうれしくて……。本当に感動しました。その男性は山登りにハマっていて、いろんな山に挑戦されているそうです」

——ところで、かほなんさんが「山を購入した」という話を聞いたんですが……。

かほなん
かほなん
「山を買いました(笑)。買ったばかりの頃は、草ぼうぼうのどうにもならない山だったんですが、木を切ったり、草を刈ったり、地面をならしたり、風よけの塀を作ったりと、少しずつ手入れをしてきました。先日私は重機の資格を取ったので、これから山を平らにしたり畑を作りたいと思います。自分の山では、キャンプ場じゃできないことをやりたいんです!

高価なアイテムがなくてもアウトドアは楽しめる!

——「お金をかけずにアウトドアファッションを楽しみたい」という方に、オススメのブランドはありますか?

かほなん
かほなん
『ワークマン』です! 秋冬のキャンプで私がよく着ていた『綿かぶりヤッケ』は、ワークマンで買ったものです。私はワンパクなので、見た目がかわいくて、汚れを気にせず、火の粉が飛んでもOKな綿かぶりヤッケは重宝してます」
写真でかほなんさんが着ているのは、綿かぶりヤッケの後継モデルとして登場した「綿アノラックパーカー」。ワークマンの大ヒット商品だ

——よく行くプチプラブランドがあれば教えてください。

かほなん
かほなん
「最近は『セリア』『ダイソー』など100円ショップでいろんなキャンプ用品が販売されていて、いいなと思うものが多いですね。あと、ホームセンターもよく行きます。やっぱり、キャンプ用品店よりホームセンターの方が店舗数も多くて身近ですからね。例えば、日用品コーナーなどに並んでいるロープは安くて丈夫なので使えますね」

——ところで、アウトドアのときはメイクってどうしてるんですか? 気をつけているポイントがあれば教えてください。

かほなん
かほなん
日焼け止めを何度も塗り直しますね。ポイントは、パウダーファンデーションではなく、リキッドファンデーションを使うこと!」

かほなんさんの相棒ともいえる「撮影機材」について

——YouTubeを撮影するときはどんな機材を使ってるんですか?

かほなん
かほなん
「基本的にGoProで撮影しています。防水だし、軽量だし、映像もきれいなので。最近、一眼レフを導入したんですが、外に持って行くのが怖くてためらっています(笑)」

——(笑)。動画はどんな風に撮影するんですか?

かほなん
かほなん
「キャンプや山登りなど、やりたいことをのんびりやっているところでカメラを回します。もちろん自撮りです。動画編集も自分でやっているんですよ」

——動画編集まで! YouTubeに動画をたくさんアップされているので、大変なのでは?

かほなん
かほなん
「私の生活は動画を撮影しているか、編集しているかですね(笑)」

——……お疲れさまです。ところで、スマホを使って撮影することはあるんですか?

かほなん
かほなん
「スマホは料理の撮影物撮りで使います。GoProだと広角ですし、背景をぼかすことができないので、料理や物の撮影に向いていません。スマホで撮影するときは、インカメラだと画質が粗くなるので、アウトカメラを使います」

初心者は「観光地化している山」に登るべし!

——登山初心者はどんな山に登るといいでしょうか?

かほなん
かほなん
「観光地になっている山は、比較的安全なのでオススメです。観光客が多いので困ったら助けてもらえるし、階段が整備されているし、喉が渇いたらお店や自販機もあるので。人がいない山はとても危険なので避けましょう」
「山登りも大好きです」と語るかほなんさん

——では、初心者にオススメの山はありますか?

かほなん
かほなん
「うーん……山は全国にたくさんあるからなぁ……。観光地になっていて、人もたくさんいる……あ! それなら、高尾山はいかがですか? 私は登ったことないんですが(笑)。好きな漫画によく登場するので、いつか行ってみたいなと思っています」

ソロキャンプは「暇」を楽しむもの

——続いて、ソロキャンプの楽しみ方を教えてください。

かほなん
かほなん
「ソロキャンプの楽しみ方は、人それぞれ違うと思いますが、私は『暇』を楽しむものだと思います。自然の中でブッシュクラフトを楽しんだり、素材を削ってものを作ったり……。そうした『暇』を有意義に、そしてぜいたくに過ごせたらステキですよね。それが私流のソロキャンプの楽しみ方です」

——ソロキャンプといえば、キャンプ飯ですよね。かほなんさんのオススメの料理を教えてください。

かほなん
かほなん
「せっかくソロキャンプするなら、家のキッチンじゃできない特別な料理を楽しんでほしいです。例えば、家だと時間がかかったり、台所を汚してしまうような料理です。YouTubeに動画をアップしていますが、私は巨大な肉を1時間くらいかけて焼いて食べたりしてます(笑)。家じゃできない料理を作ると楽しいですよ!」
巨大な肉塊を遠火でじっくりと焼く。豪快なキャンプ飯だ

渓流釣りの醍醐味は「沢登りをしながら魚を釣ること」

——かほなんさんにとって渓流釣りの魅力とは?

かほなん
かほなん
沢登りをしながら魚を釣ることだと思います。山の中で川の流れる音や自然の音に耳を傾け、自然の匂いをおなかいっぱいに吸い込んで、釣りを楽しむ。そんなアクティビティー的なところが楽しいですね。それに渓流釣りは『魚にバレないようにしよう』とか『この辺に魚がいそう』とか考えながら、魚と駆け引きできるのも魅力だと思います」
渓流釣りに挑むかほなんさん。その表情は真剣そのもの

——渓流釣りといえば、餌にミミズなどを使いますが、かほなんさん虫は平気ですか?

かほなん
かほなん
「全然平気です(笑)。ミミズは養殖できるのでいいですよ」

——えっ!? ミミズを養殖するんですか?

かほなん
かほなん
「はい(笑)。釣具屋さんでミミズを買っても、1回の釣りでせいぜい10匹くらいしか使えないんですよ。残ったミミズは自分の山に持ち込んで、養殖しています(笑)」

——これからアウトドアを始めたいと思っている初心者に向けてアドバイスをいただけますか?

かほなん
かほなん
「特に初心者の方は、アウトドア用品って値段が高いイメージがあると思います。私自身、いざアウトドア用品店に行くと値段を見て尻込みしちゃうんです。でも、それで最初の一歩が踏み出せないのはもったいないです。高価なアイテムを買わなくてもアウトドアは楽しめますから」

——なるほど。では、どんなアイテムを買うとコストカットできますか?

かほなん
かほなん
「例えばクッカーなら飯盒(はんごう)がオススメです。値段が安いし、丈夫だし、いろんな料理に活用できるので。先ほどの話にも出てきましたが、セリアやダイソー、ワークマンやホームセンターなどで格安の道具をそろえるのもオススメです。私のYouTubeには、お金をかけずにアウトドアを楽しむ動画が結構あるので、気になる動画を見てもらうといいかもしれません」

——では、逆にお金をかけた方がいいものってあるんですか?

かほなん
かほなん
命に関わるものにはお金をかけましょう。例えば、登山やキャンプに『クマよけスプレー』は必須です。ものによっては、1本1万円くらいするんですが、持っていると安心です。命には代えられませんから」
「いいナイフを買うと料理や薪割り、ブッシュクラフトなどマルチに使えるので便利」と語るかほなんさん。ナイフの購入を検討している人は、お気に入りの1本を探してみよう

——最後に先日発売された『お金をかけない! 山登り&ソロキャンプ攻略本』の見どころを教えてください。

かほなん
かほなん
「私の好きなアウトドアを『山登り』『ソロキャンプ』『渓流釣り』の3部構成で紹介しています。どれも初心者向けに書いているので、アウトドアの攻略本として読んでいただけたらうれしいです。あと、アウトドア好きな方の中には、『登山はするけどキャンプはしたことない』とか『キャンプはするけど釣りはしたことない』といった方もたくさんいると思います。この1冊には、『自分の好きなジャンル+2つのジャンル』の知識が詰め込まれているので、ぜひ手に取っていただき、新しいジャンルのアウトドアの楽しさを見つけてもらえたらと思います」
『お金をかけない! 山登り&ソロキャンプ攻略本』

『お金をかけない! 山登り&ソロキャンプ攻略本』

発売中(KADOKAWA)

さばいどる・かほなんが自身の体験を通して得た知識をわかりやすく解説したアウトドアマニュアル。「山登り」「ソロキャンプ」「渓流釣り」の3つのジャンルにわけて紹介。アウトドア初心者は必読の1冊だ

取材・文=樋口和也(シーアール)

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載