あれもこれも激辛! 人気の「ギロチン」が大正エリアに降臨

あれもこれも激辛! 人気の「ギロチン」が大正エリアに降臨

2020/08/28

まさに酷暑真っ只中! 冷房の涼しさもいいですが、自身の発汗作用での冷却も効果的で、何より健康的ですよね。そんな発汗をサポートする居酒屋「辛いもんや ギロチン」が大阪・大正に3店舗目をオープンしました。コロナ禍真っ只中でのスタートですが、SNSではすでにバズる寸前の勢いです。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

名前のインパクトと激辛具合に興味津々!

インパクト大のギロチンの刃のオブジェが出迎える…怖っ!

食べた瞬間、口から火を吹く! そんな激辛メニューをウリにした居酒屋「辛いもんや ギロチン 大正店」。大阪で2店舗展開中の「辛いもんや ギロチン」の新店舗が2020年5月7日、JR大正駅近くにグランドオープンしました。その店名と辛さのすごさから、界隈の住人のハートを早速キャッチしている模様です。

JR大正駅から徒歩1分の楽々アクセス

かつてはビアホールだったという店舗を改装して使用

立地するのはJR大正駅から徒歩1分。飲み屋が密集するエリアの雑居ビル2階で営業しています。エントランス付近には人気メニュー名が並ぶ、巨大な手書きの看板がスタンバイ。こちらを目印にいざ入店!

レトロなコーディネートで居心地の良さを実感

三密回避できる広々とした店内
1人客歓迎のカウンター席
キンキンに冷えたドリンク類はセルフサービスでどうぞ

2階に上がるとフロアの全貌が目の前に。座敷、カウンター、立ち飲みゾーンの3つで構成されており、総席数は74と超広々! ぐるりと見渡せばレトロな看板が随所に飾られていて、新店なのにノスタルジックな雰囲気がムンムン。思わず長居したくなる居心地の良さを実感できるはず。

三密を防ぐ工夫&消毒を徹底

ゲスト全員が入店前に消毒できるように、店舗入り口に消毒液を設置
窓は換気のため常に開放中
調理中もマスク着用を徹底

窓は常に開放して換気を実施し、各所に消毒液を常設。客席からトイレへの動線など、定期的に人通りがある箇所の消毒も徹底するなど、コロナ対策への意識も非常に強い印象です。さらに広い店内の特徴を最大限に生かして、席間のスペースを十分確保して三密にならないような工夫も忘れていません。

食べる前から汗噴出! 真っ赤なルックスの唐揚げ

「極め唐揚げスパイシー」(1078円)。大ぶりにカットされた唐揚げが一皿に5〜6個のる
ジューシーな唐揚げを引き立たせるために調合された、辛味スパイスをたっぷりとまぶすのがポイント

ではさっそくお待ちかねの激辛メニューの紹介! 1品目に登場するのは「極め唐揚げスパイシー」です。新鮮な鳥もも肉に特製の衣をまとわせてカラッと揚げて、仕上げに激辛スパイスをシャカシャカまぶせば完成。真っ赤なルックスは見るからに辛そうっ!

\ギロチン総監督にどういうことか説明してもらいました/

「辛いもんや ギロチン」総監督の金本さん

「辛いもんや ギロチン」を率いる、総監督の金本さんにギロチンの辛さの秘密を伺いました。総監督…ワタクシ見ているだけで、顔から汗が出てきました。

総監督・金本さん
総監督・金本さん
「激辛スパイスには唐辛子ほか、複数の辛味成分を組み合わせてオリジナルで調合。とびっきりの辛さと旨味も感じていただける当店の自信作です。もちろんオーダーが入る度に揚げたてをご提供。ジューシーな味わいもお楽しみください」

もはや異次元の辛さ! 7段階の辛さが待つ炒飯

「ギロチン炒飯 へたれ(0倍)~ゴッド(10倍)」(638~1980円)

そして2品目は「ギロチン炒飯」がお目見え! こちらはSNSでも話題沸騰中の激辛メニューのキングともいえる名物です。ちなみに辛さレベルは「へたれ(0倍)638円」から「ゴッド(10倍)1980円」まで、7段階でチョイスOK。

調理中、スパイスに咳き込むほど? その辛さの具合とは!?

スパイスの缶1本をドバっと惜しげもなく投入!
具は卵、玉ねぎ、チャーシュー。調理中も思わず咳き込んでしまうほどの辛さ
バーナーで炙(あぶ)られるトッピング用のジョロキア
総監督・金本さん
総監督・金本さん
「青唐辛子がメインのオリジナルスパイス(14g)を丸ごと1本用いています。そして、仕上げに世界一辛い唐辛子として知られる、ジョロキアの直火焼きをトッピングしてご提供。一口食べてギブアップする方も多いです(笑)。完食した方には勝利者の証であるリストバンドをプレゼント中です」

恐るべきゴッドの破壊力! 聞いただけでクラクラしてきました。総監督…ワタクシは遠慮しておきます。

辛さが苦手な方におすすめのどて焼

「どて焼」(748円)。とろける食感と甘みのあるおいしさはブランド食材の近江牛ならでは
卓上のスパイスには唐辛子やラー油などがラインアップ

激辛以外の通常メニューも多数スタンバイ。中でもこだわりの近江牛の部位が決め手の「どて焼」は必食。辛さが欲しい方は卓上に置かれた七味をふりかけてお召し上がりください。

お土産にぴったりの激辛アイテム

「ギロチンスパイス7本セット」(2178円)。辛いもの好きにプレゼントしてもきっと喜ばれるはず
ちょっと辛味をプラスしたい時に手軽にふりかけられる、「カプサイシンスプレー(10%)」(748円)、「カプサイシン(50%)スポイド」(1958円)

オリジナルの唐辛子はお土産として購入することもできます。10年以上の研究の末、ようやく完成したというギロチンスパイス7本セットはパッケージもかわいくて女性にも人気だそうですよ。

有名店が並ぶ大正エリアで早くも存在感を示している「辛いもんや ギロチン 大正店」。激辛ファンはもちろんのこと、話のネタを見つけたいユーザーや、おいしいメニューを味わいたいと訪れる方も多数。コロナ禍で飲食店の経営が大変な時期だからこそ、消毒を徹底して来店し、激辛の新たな魅力を見つけてください。

取材・文・写真=ペンアクト、構成・編集=堀 俊夫(クエストルーム)

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載