川床のある「湯ヶ島たつた」竹林に囲まれた貸切風呂も最高すぎた

川床のある「湯ヶ島たつた」竹林に囲まれた貸切風呂も最高すぎた

2020/08/06

伊豆の湯ヶ島にある「水のまち 風のまち 湯ヶ島たつた」。温泉が楽しめる大浴場と貸切風呂が4つもある温泉旅館です。今回宿泊したのは、2020年6月にリニューアルしたばかりの渓流テラス付き和室。渓流を臨みながら川床でいただく格別のお料理と、開放的な貸切風呂まで現地ルポ。

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

清流のせせらぎに包まれてゆったりと過ごせるお宿

天城の澄んだ清流に囲まれた湯ヶ島たつた

天城の澄んだ清流に囲まれた湯ヶ島たつたは、水と風、渓流のせせらぎを思いきり感じながら過ごせるお宿。

水のまち 風のまち 湯ヶ島たつた 外観

宿に到着すると、筆者たちの姿を見つけたホテルの人が、外まで出てきて出迎えてくれました。

館内

今回筆者が宿泊したのは、渓流に最も近くて、2020年6月にリニューアルしたばかりの渓流テラス付き和室です。

渓流テラス付き和室に宿泊

窓の外は緑が美しく、渓流のせせらぎが心を癒してくれます。渓流に近いテラスは、ずっと座って過ごしたくなるほど。滞在中は実際に、ここでお茶を飲みながらおしゃべりを楽しみました。

網がついているので虫対策もバッチリ

テラスは網がついているので、虫除け対策もバッチリ。とても自然豊かな場所なので、夏の時期は蚊に気をつけましょう。客室にはキンチョールも置いてありますよ。

お茶菓子の「猪最中」

お茶菓子には、お土産に買いたいと気になっていた「猪最中」。

チェックインしてお部屋に入ると、既にお布団が敷いてあり、疲れたらすぐに横になれます。夕食中にお布団を敷いてくれる旅館もありますが、お部屋に入ったら誰にも邪魔されず、のんびりとくつろぎたい筆者にとってはありがたかったです。

美しい緑と川を臨みながらいただく川床での食事

湯ヶ島たつたの最大の特徴は、川床でいただける夕朝食。川床といえば京都だったり夏のイメージですが、ここ湯ヶ島たつたでは、冬もおこたで川床での食事を楽しめるそう。伊豆箱根で唯一川床があるのは、ここ湯ヶ島たつただけなのです。

最大の特徴は、川床でいただける夕朝食

川床には屋根もあるので、雨が降っても安心。全席が渓流沿いになっているという贅沢な川床です。自然豊かな場所ですから、川床の手前には虫よけスプレーも用意されていましたよ。

伊豆産のベアードビールで乾杯

せっかくなので、伊豆産のベアードビールで乾杯。ベアードビールは、ラベルも個性的で美しい。お酒は、女性におすすめの「テテ ヴェネツィア」という梅酒や日本酒もあります。

わざびは自分ですって

お刺身は沼津港から直送のお魚たち。わさびをおろし金で自分ですっていただくのもまた贅沢。

紅姫あまごは、サーモンのような見た目

川魚の紅姫あまごは、サーモンのような見た目ですが、あっさりとしていてとても美味しかったです。金目鯛のお刺身もあってうれしい。

静岡育ちのサーロイン
自分で焼いていただきます

静岡育ちサーロイン。野菜と一緒に自分で焼いていただきます。とても美味でした!

鮎の塩焼き

川床にある囲炉裏で焼かれた、鮎の塩焼き。

たっぷりのわさびと大根おろし
わさび鍋

たっぷりのわさびと大根おろしで、わさび鍋。

食事のシメの鮎飯

食事のシメには、鮎飯。鯛めしは食べたことがありますが、鮎飯は初めて。自分で混ぜていただきます。伊豆だからこそ味わえる、美味しいものを川床で存分に堪能して、大満足な夕食でした!

食事の最後には、夜食のおにぎりまで持たせてくれるサービスも。おにぎりは小さめのサイズで、ちょっといただくのに良いサイズ。こういうサービスってうれしいです。

朝食は和定食

翌朝の朝食は和定食。朝食も川床でいただくことができます。

自分で焼いていただくお魚

あつあつの状態でいただけるお味噌汁、自分で焼いていただくお魚、わさび丼など。伊豆といえば、わさび。わさびを使ったお料理の数々を夕食、朝食ともに楽しみました。

竹林にある貸切風呂が最高!空き状況も確認できる

4つの貸切風呂があります

湯ヶ島たつたには、大浴場のほかに4つの貸切風呂があります。

おすすめは「かぐやの湯」

中でもおすすめは「かぐやの湯」。竹林に囲まれ、自然を満喫しながら温泉に入れます。完全に屋外なので、解放感も抜群です。心地よい風を感じながら、夜空を見上げて入る温泉。ゆっくりとした時間の流れを感じるひとときでした。

かぐやの湯と、隣にある貸切風呂「森のこみち」には洗い場はないので、髪や体を洗うのは大浴場で。同じフロアにあるので、すぐ移動できますよ。利用時間はチェックイン後の15時~23時30分まで。

貸切風呂の「月下美人」

こちらは、同じく貸切風呂の「月下美人」。4名ほどまで入れる広さなので、グループでも安心です。洗い場もあります。

貸切風呂「流星」

貸切風呂「流星」。ブラインドがあるので、お好みでブラインドを開けて入って開放感を味わいながら入るのもよし。プライベート感を味わうなら、ブラインドを閉めてもよし。

湯あみ着もあります

ブラインドを開けて入る場合、気になる人は湯あみ着が設置されているので着用して入ることもできますよ。シャワーブースもあるため便利です。「流星」には、洗面台もあり化粧水と乳液、ドライヤーも揃っているので、大浴場に移動せずともここでお風呂を済ませることができます。

貸切風呂「月下美人」と「流星」については、チェックイン後の15時~翌日10時まで、朝も利用できるのがうれしいです。洗い場には、シャンプー、リンス、ボディソープ、泡のフェイスソープが揃っています。

QRコードから空き状況を確認できます

貸切風呂は、チェックイン時に渡される「湯ヶ島たつた 案内マップ」に記載の、貸切風呂の空き状況 QRコードから空き状況を確認して入ることができます。旅館のwifiに接続して、ぜひ活用を。このシステムはとっても便利ですよね。おかげで、効率よく貸切風呂を楽しむことができました。

必要なアメニティがセットされている湯かご

お部屋には、湯かごが用意されており、タオルや必要なアメニティがセットされているのも便利でした。アメニティは、歯ブラシ、タオル、足袋ソックス、くし、コットン・綿棒、シャワーキャップがセット(女性用の場合)。全て一つにセットしてくれているのも助かります。

伊豆の自然に触れながら、川床でのおいしい食事を満喫し、温泉を存分に楽しんだ2日間。身も心もすっかり癒され、またすぐにでも伊豆に来たいと思える滞在になりました。

[All Photos by TABIZINE編集部]

この記事を書いたライター情報

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「人生に旅心を」。旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジン。旅の情報や小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案。読者のみなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINE(タビジン) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載