【まとめ】夏!ひんやり美味しいフローズンが、めちゃ映えソーダ

【まとめ】夏!ひんやり美味しいフローズンが、めちゃ映えソーダ

2020/08/06

徳島にも暑い夏がやってきた! そんな時欲しいのはひんやりで…美味しい…そう!フローズン!!! そして世はまさに「大映え時代」。ということで今回はひんやり美味しくて見た目も素敵な徳島のフローズンを一挙ご紹介!!今回はソーダ編まとめ。

あわわ

あわわ

BAUM Café(バームカフェ)

選べる幸せ。カラフルソーダ文化はここから

左からラムネ、パイン、メロン、さくらんぼ、カシス(各680円、テイクアウトは670円)。どれにしようか悩む時間も楽しいし、見ているだけでも元気が出る!

徳島のカラフルクリームソーダのパイオニア的存在として知られ、クリームソーダは定番で12種類+期間限定と豊富にそろう。これだけの種類をそろえたのは「そのときの気分や体調に合わせて選べたらうれしい」という思いから。カラーで選ぶ人、味で選ぶ人、グループで同色系でそろえる人、と選び方はさまざまだけど、かわいいソーダを前に楽しげに写真を撮る女の子たちの姿が目に浮かぶ。アイスはバニラの風味が濃いリッチなものを使用しており、溶けやすいので早めに飲んでね!

ライムクリームソーダ 680円(テイクアウトは670円)

この夏のおすすめ

ライムは夏だけのお楽しみ! シーズン限定のクリームソーダにはハートパイのトッピングが。

古民家カフェバー まひるの月

自然由来の味わいの、やさしいソーダ

左からベリーソーダ、マンゴーソーダ、カシスソーダ、梅ソーダ(全てアイストッピング)各650円。きび砂糖と果実を煮詰めた自家製シロップは果肉感があってフルーティー

素材はできるだけオーガニックのものを使用する。だからソーダ類も自然由来の透き通った美しい色合いで、化学的な毒々しさが一切ない。バニラアイスは添加物を抑えたものを厳選し、ピュアな味わいのソーダとマッチする。とはいえ意識の高い人向けの澄ました店では決してなく、地域のおばあちゃんも訪れるような身近で気さくなお店である。トマトソーダやジンジャーエールなど、夏の食材で作るシロップを使ったソーダメニューもいろいろ考えているそうなので、お楽しみに。

クラフトコーラ・アイストッピング 650円(テイクアウトOK!)

この夏のおすすめ

シナモンが香るマイルドな甘みが楽しめるオーガニックコーラ。シナモンの甘みのほか、カルダモン、コリアンダーなど、6種類のスパイスを店主の気分でブレンド。

グラスがほかのドリンクと違うのは「これで飲むとかっこいい」から。

Café Perritos(カフェペリートス)

まずはタピオカ入りをおすすめします!

左からマンゴー、ブルーハワイ、ストロベリー、メロン(すべてタピオカ入り・各500円)。ソーダは全11種類あり、一番人気はブルーハワイ

タピオカはミルク系ドリンクと合わせることが多いけど、実はソーダとも驚くほどよく合う。しかもこちらのタピオカ、冷たいドリンクの中でももっちもち感が保たれていて、心地よい食感を最後まで堪能させてくれるのだ。カラフルなポッピングボバ(ジュースを閉じ込めた粒状カプセル)にも惹かれるし、いろいろカスタムできるけれど、まずはタピオカ入りを飲んでみてほしい。程よく溶けたアイスにホイップクリーム、あま~い炭酸にもっちりとした食感が加わって、スイーツとしてもグッド。

クリームソーダモヒート 500円(タピオカ入り、テイクアウトOK!)

この夏のおすすめ

ミントとライムが後味すっきり。クリアでシックなビジュアルどおり、大人好みのさっぱりとした味わい。シュワシュワと甘いソーダとミントがなんとも夏らしく、今シーズン注目のドリンクだ。

アワログ

アワログ

毎日更新! 徳島ネタ満載のブログメディア『アワログ』

この記事を書いたライター情報

あわわ

あわわ

徳島県内、所狭しと編集者が走り回って、お役立ち徳島ディープネタを毎日配信中のブログメディア『アワログ』を運営する地域密着ローカルメディア集団「あわわ」。 月刊フリーマガジン『あわわfree』、月刊タウンマガジン『Geen』、徳島ママの子育て情報誌『ワイヤーママ』も発行しています。

あわわ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載