犬養裕美子のお墨付き! 女前なスパニッシュバル「アニモ!」

犬養裕美子のお墨付き! 女前なスパニッシュバル「アニモ!」

2017/02/10

“アナログレストラン”はレストランジャーナリスト犬養裕美子が選ぶ「いい店」。作り手がその場できちんと料理をしていること。小さくても居心地のいい空間とサービス、かつ良心的な値段。つまり人の手、手間をかけた「アナログ」で「アナ場」な店。第21回は早稲田「アニモ!」

犬養 裕美子

犬養 裕美子

レストランジャーナリスト

間口は小さいけれど懐深~い。そして懐に優しい街のバル

店名の「アニモ!」は“元気出して!”という意味

扉1枚分の小さい間口だが、扉を開けると…。お~、カウンター8席、テーブル2卓。その奥に4名席を設けた広いスペースがある! 

訪れた日はスペインの闘牛写真展の写真がスペースを埋めていた。オーナー兼シェフは多戸綾さん。

「スペインに関するイベントに使ってもらいたいんです。フラメンコのショーを行ったこともありますよ」。早稲田と江戸川橋という東京でもまだまだ飲食店が少ないエリアに、店を構えてまもなく1年たつ。

店内は天井が高く、狭さを感じさせない
奥のスペースはテーブル1卓に、イベント仕様

もともとカフェか小料理屋で独立をしたいと考えていた多戸さん。

「OLをしながら独立開業のための学校に通い、徐々に目標を絞っていきました」(多戸さん)

スペイン料理研究家の元で料理を学び、スペインバル・レストランで4年、サービスと料理を修業。西荻窪では新店を一人で切り盛りするチャンスに恵まれた(これが今のこの店の前身)。そして2年たっていよいよ独立を果たした。

「母が隣でブティックをやっているのですが広すぎて、その3分の1を私の店にということになり2016年3月に前の店の名前を譲り受けて、独立しました」(多戸さん)

トルティージャ(スペイン風オムレツ)は1カット500円。専用のスペイン製皿がカワイイ。ジャガイモは角切りでゴロゴロ入っている
ポテトフライの辛口トマトソース620円 注文が入ってからジャガイモを切り、揚げて、ソースをかけて、オーブンで仕上げる。スペインでは店によって味も出し方も違う。誰もが最初に必ず注文する定番の品

西荻窪時代の常連やスペイン人、その知人がわざわざ足を運んでくる。その理由は多戸さんの魅力に他ならない。一人で切り盛りするのだから、飲み物も料理も時には注文してもすぐに出てこないことがあるが、この店で注文をせかす人はいない。

待ち時間を楽しめる人が、常連になっていく。というのも、スペインマニアな常連客が多く、カウンター席の隣同志で会話が弾むから。その間に多戸さんは飲み物を用意し、料理を作り、大活躍。 

鶏のブルーチーズソース煮込み850円 ブルーチーズのコクと塩味がアクセントになった熱々の煮込み。シェリー酒の熟成酒・オロロッソ850円に合わせるのがおすすめ
豚耳のガーリックソテー720円と自家製パン1人前50円 スペインでは豚を丸ごとすべて使いきる。これも豚耳を使う。本来は鉄板に押し付けて脂を落とすように焼く料理。カリカリ、しっとりの食を楽しむ

小さなキッチンから生まれるスペイン家庭料理に癒される

多戸さんはカウンター内で料理を作るのだが、そのキッチンの小さいこと!

電磁調理器が2口、カセットコンロが1口。ガスが引けないので一般家庭よりも簡素なキッチンは、感動もののコンパクトサイズ。ここで小皿料理から前菜、魚、肉、デザートまで50品前後もの料理を作り、自家製パンも焼く。飲みものはワイン、ビール、カクテルなんでも揃うが、多戸さんのおすすめはシェリー酒。

ズラリとなったシェリー酒。入門者は多戸さんに選んでもらうといい

多戸さんはシェリー酒のソムリエにあたるベネンシアドールアフィシオナドの資格を持つ。「シェリーはスペイン南部のアンダルシア州、ヘレスで造られている白ワイン。白といっても軽い口当たりの辛口・フィノから酸化熟成した辛口・オロロッソ、本格的な甘口・ビノドゥルセナトゥラルまでグラスで10種640~800円。時には 長い柄杓を使って注ぐ決め技も披露してくれる。

多戸彩さん。ベネンシアを持つとキリリとした表情に! 勢いよくグラスにシェリー酒を注ぐ
スペインで人気のピンバッチ800円~

料理もワインも存分に味わって、お勘定。この瞬間がこの店の驚くべき“サービス”。客単価2000円前後。「少し食べて飲んだな」で一人4000円。これは一駅、二駅寄り道になっても行くべき“良心”の店だ!

スペインの情報、雑貨がアレコレ揃う。それを見ているだけでスペインに行きたくなる!

アニモ!

住所:東京都新宿区早稲田鶴巻町505サニーテラス1F
電話番号:03-5155-3459
営業時間:18:00~24:00
定休日:月曜(祝日の場合営業)
カード:不可 ※ 3/22〜4/3はスペイン研修のためお休み

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

この記事を書いたライター情報

犬養 裕美子

犬養 裕美子

レストランジャーナリスト

東京を中心に地方や海外の食文化、レストラン事情を最前線で取材。ファッション誌から専門誌まで数多くの雑誌で連載を持ち、その店の良さ、時代性をわかりやすく解説。特に新しい店の評価に対する読者の信頼は厚い。食に関わる講演・審査員など多数。農林水産省顕彰制度・料理マスターズ認定委員。

犬養 裕美子 が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ