鈴木砂羽もスパイシーな旨さに舌鼓、大森「大連」激辛蒸し餃子

特集

二月度連載記事まとめ

2017/03/29

鈴木砂羽もスパイシーな旨さに舌鼓、大森「大連」激辛蒸し餃子

役者仲間や友人たちと「餃子部」を結成するほどの餃子フリークな、女優・鈴木砂羽。おいしい餃子を求めてさまざまな街を食べ歩く連載「鈴木砂羽の餃子道」第20回!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

羽根にも味がついてる? こだわりと思いやりが詰まった餃子

こんにちは、鈴木砂羽です。今回は大森にやってきました。大森といえば、羽根つき餃子発祥の地・蒲田の隣駅。この町にワタシがプライベートでもよく行くお店があるんです。

大森駅から坂を登って住宅街をしばらく行くと、突然現れるのが本日伺う「大連(タイレン)」。31年前に大森に開業したこのお店は、なんと蒲田の御三家と言われる你好金春歓迎親戚筋にあたるそう。

住宅街にいきなり現れる名店!

「本当は蒲田で出そうと思ってたんですけど、親戚がいっぱいやっているので諦めたんですよ。あまり近くでやりすぎると食い合っちゃうから(笑)」

と語るのはオーナーの八木龍夫さん。数年前、蒲田で餃子の魅力にハマッたワタシですが、他の街にはどんな餃子があるのかなと調べて最初に来たのが、この「大連」だったんです。

オーナーの八木龍夫さん

それから餃子部のメンバーとも何度か食べに来たりと、大好きなお店のひとつになりました。蒲田の御三家とはまったく違う進化を遂げている大連。まずはさっそくお店の定番、「焼き餃子」から注文してみましょう。

美しく包まれた餃子たち

豚肉と白菜と玉ねぎのシンプルな餡を特注の皮に包んだ餃子を、熱したネギ油の上に置いて焼いていきます。

「ネギを焦がした油は、仕上げにかけるとまた風味が良くなるんですよ」(八木さん)

小麦粉と片栗粉を溶いたものを注いで蒸し焼きにして羽根を付けていくんですが、ここにも隠し技が!

「小麦粉だけだとパリッとしないし、時間が経つとヘナッてしてくる。そうならないために片栗粉も入れている。溶く時にも方法があるんですが、そこは秘伝ってことで(笑)。で、実はこの中には鶏ガラスープも混ぜてあるんです」(八木さん)

蒲田の流れを汲む、羽根つき餃子

え? 皮自体にも味がついてるんですか?

「そうなんです。もともと羽根には味がついてなかったんですけど、うちは家族連れがメインでしょ? そこでお子さんが餃子の羽根を食べて『このパリパリ美味しい、これだけ食べたい』っておっしゃってて。羽根が好きなお子さんもいるのか? だったらもうちょっと工夫して、よりお子様に楽しんでもらおうかなってことで、羽根自体にも味をつけるようになったんです」(八木さん)

焼き餃子(1人前7個・370円)

お客さんに対する心遣いに感激してるうちに、焼き餃子が仕上がりました。ほら、見て! これは雪の結晶かしら?って思うほど美しく羽根がついてる。まさに餃子の結晶ですよ! まず最初は何もつけないで食べてみましょう。

餃子の結晶!

うーん! 一口齧れば、肉汁があふれてくる! しっかり味がついてるので、何もつけないで食べても美味しいです。お野菜の美味しさと肉の旨みがしっかり感じられて、ご飯がすすむお惣菜餃子として確立されてます。

可愛らしい奥さんから「ニンニクの醤油たれで食べても美味しいですよ」とオススメされたので、こちらもつけて食べてみましょう。

ニンニクの醤油たれ

うわ! ニンニクの香りがすごくフレッシュで、餃子の美味しさが一層引き立ちますね。このタレだけでお酒飲めちゃうぐらい、めっちゃ美味しい。

「餃子の具にニンニクを入れると、火を通した時にどうしても独特の臭みが出ちゃうというか、後に残るさわやかさが失せちゃうんですよね。ニンニク、醤油、ごま油、あとネギから作るんですが、前もって作り置きせず、お客様から注文されるたびにニンニクをつぶして作ってます」(八木さん)

ニンニクたれで、ビールもすすんじゃう!

こうなると、他の餃子もどんどん食べたくなっちゃいますよね。続いては「豚肉茹で餃子」をオーダー。

「茹で餃子と焼き餃子の餡は一緒ですが、茹で餃子用の皮は練り方をちょっと変えてます。一度お湯で練ってグルテンを出して、少し粘り気を強くする。そうじゃないとちょっと負けちゃうんでね」(八木さん)

豚肉茹で餃子(1人前10個・530円)

茹で餃子は、八木さんオススメの酢ラー油で食べてみます。う~~ん! 皮がツルツルしてて喉ごしが抜群! ワタシ個人的には茹で餃子はモチモチ系よりもツルツルしたのが好き。あと、茹で餃子のほうが肉のゴロゴロした感覚や野菜のシャッキリ感が際立ちますね!

歯ざわりって大切だと思うんですよね。柔らかいもの・硬いもの・香ばしいいもの、まずは全部噛んだ時に歯で味わう。そこで具がドロッとしてると、ちょっと美味しくないかなというのが持論でして。餡を練る時も、お肉の食感も野菜の食感もつぶさないように心がけてます」(八木さん)

故郷の味を再現した「特製激辛蒸し餃子」とは?

最後にもう1品。どうしても食べてみたかったのが「特製激辛蒸し餃子」!

「これは私の故郷・大連でよく作る餃子。大連には青唐辛子を大きくしたようなピーマンがあって、よく料理に使うんです。それを使った餃子をまかないで作ってよく食べてたんですけど、常連さんに出してあげたら美味しい美味しいって言ってくれて。それで正式メニューになったんです」(奥さん)

可愛らしい奥さんから、特製激辛蒸し餃子について話を伺う
特製激辛蒸し餃子(1人前10個・680円)

「日本ではなかなか手に入らない食材なんで、唐辛子やピーマンでアレンジして。あとは自家製のラー油も入ってます。辛い汁が飛び出るので気をつけてください(笑)」(八木さん)

では、さっそくいただきます! うわっ、辛い辛い! でもただ辛いだけじゃなく、ピーマンの青い風味も立ってるし、他の餃子に比べて肉肉しい美味しさ。これはまたビールすすんじゃいますね。

ニンニクたれをつけると、辛さが3倍になるそう!

「普通の豚肉餃子は豚バラとロースを3:7で合挽きしてるんですけど、特製激辛蒸し餃子はバラ肉の割合を少し多くしている。脂を多めにしないと、辛さに負けちゃうんですよ。今回お出しした餃子は豚肉がメインでしたけど、他にも牛やエビの餃子もありますし、冬場なんかは牡蠣と大根の餃子も作りますよ(要予約)」(八木さん)

こうして食べてみて改めて感じるのは、餃子一つ一つにかけるこだわりの深さ! そして何よりも、とことん「お客様ファースト」な心配りに感動した大森「大連」。今度は冬場に餃子部のみんなで、牡蠣と大根の餃子を食べに来ます

仲良しご夫婦と一緒にギョーポー(餃子ポーズ)で記念写真!
Yahoo!ロコ大連
住所
東京都大田区山王1-25-14

地図を見る

アクセス
大森(東京都)駅[北口1]から徒歩約6分
西大井駅[出口]から徒歩約15分
大森海岸駅[出口]から徒歩約16分
電話
03-3776-7944
営業時間
11:30~14:00、17:00~21:00
定休日
毎週火曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

構成=宮内健 撮影=熊谷直子 ヘアメイク=吉野麻衣子

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES