門司港散策の途中でほっと一息。「ドルチェ」

門司港散策の途中でほっと一息。「ドルチェ」

2020/08/09

門司港駅と門司港レトロに挟まれた抜群の立地にあるのが、23年の長きに渡り憩いの場となってきた喫茶店「ドルチェ」です。

かんもんノート

かんもんノート

「ドルチェ」はこんなお店

外観

門司港駅と門司港レトロに挟まれた抜群の立地にあるのが、23年の長きに渡り憩いの場となってきた喫茶店「ドルチェ」です。

お店の中

取材に訪れた際も、「歩かなくても、近くでいいお店あってよかったね〜」と隣のお客さまが話しているのを私の耳がしっかりキャッチ。

そう、門司港駅からなら、電車を降りてそのまま向かっても5分とかからない距離。

本当に駅から近いです!

そして目の前には旧門司三井倶楽部、海峡プラザと観光地のど真ん中にあるため、お腹が空いてもう歩けない!って時にも、ちょっと疲れたからお茶したい、って時にもすぐに行けちゃうのです。

「ドルチェ」のメニューはこちら

懐の深さはメニューにも。

メニュー

門司港といえば!の焼きカレー。

ちょっと小腹が空いた、の軽食。

日替わりとスィーツ

近所に住んでても毎日楽しめる日替わりランチ。

お茶したいな、のスイーツ。

「ドルチェ」で今回頼んだメニューはこちら

私はメニューを見たら頼まずにはいられなかった「バーグ&チキン入り焼カレーセット」を注文しました。

カレーとハンバーグとチキン・・・まるで大人様ランチ。

お子さまランチが食べれない大人になって随分経つけれど・・・たまにはいいじゃないっ!(以上、すべて自分を納得させるための言い訳)

バーグ&チキン入り焼カレーセット

じゃじゃんっ

動画でお届けしたいくらい、出来立てはグツグツの熱々!

バーグ&チキン入り焼カレー

火傷に注意しつつ、いただきますっ♪

これ、これですよ…!

ドルチェの焼きカレーは、数種類のスパイスをブレンドしているのが特徴。

そこにフルーツを隠し味で入れているので、辛過ぎずとてもマイルドな味に仕上がっています。

ほんのりスパイシーだけどやさしい辛さのルーをチーズが包み込む。

グツグツ!

そしてトロトロの卵がさらに味をまろやかにしてくれて・・・

焼きカレーって、ほんとおいしいが掛け合わさっている最強の食べ物だと思います。

しかも、ハンバーグも肉厚でかなりの存在感。

チキンもとってもジューシー、味自体はあっさりなのでカレーやチーズと絡めるとまたじゅわっと美味しさが口に広がります。

そして、私は気づいてしまいました。

食いしん坊ゆえにバーグ&チキンというわんぱくメニューをオーダーしましたが、カレー自体にすでにほろほろの牛肉がゴロゴロと入っていることに・・・!

つまり、肉&肉&肉。

お口の中がわっしょいわっしょいと肉祭り状態。

一言で言って大満足な一品でした・・・!(そりゃそうだ)

コーヒーぜんざい

まさかこんなに豪勢なものがいただけると思っていなかったので、ちゃっかり食後に『コーヒーぜんざい』も注文していました。

だって気になったんだもの。

こちらはコーヒーにあんこや白玉が入った一品。

コーヒーとあんこ・・・合う!!!

しらたま~!

一緒にいただくとコーヒーが程よい甘さになり、梅雨の湿気でジトジトした日でしたが一気に爽やかな気分になれました^ ^

きれいなお店です

メニューを見てみるとこの時期はかき氷も美味しそう・・・

食いしん坊にはたまらないお店です!

レトロ観光や散策の途中でぜひお立ち寄りくださいね。

忽那 恵

忽那 恵

ライター

この記事を書いたライター情報

かんもんノート

かんもんノート

「何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!」をキャッチコピーとして2017年12月に創刊したローカルウェブメディア。山口県下関市および福岡県北九州市の関門海峡沿いをメインエリアとして、グルメやイベントなどローカルな情報を日々発信しています。

かんもんノート が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載