韓国で人気のタルゴナミルクティー「Cha aoyama」

韓国で人気のタルゴナミルクティー「Cha aoyama」

2020/08/08

「ㅊa(CHA)」は韓国で人気のタルゴナミルクティーの専門店。タルゴナは韓国のカルメラ焼きのことで、家で簡単にできる「タルゴナコーヒー」が流行りました。こちらでは本格的な「タルゴナミルクティー」をいただくことができます。東京・青山に日本第1号店がオープンしたので、訪れてみました!

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「ㅊa(CHA)」の看板が目印!

「ㅊa」と書かれた看板が目印

「Cha aoyama」は、渋谷駅宮益坂方面に出て、青山方面に向かうこと徒歩10分程度で到着します。少しわかりにくいですが、「ㅊa」と書かれた白い看板が目印です。

こじんまりとした店内

店内は縦に長くこじんまりしています。到着すると先客がいらっしゃってたので、少し外で待つことにしました。

メニュー

お店に入ったらカウンターで注文します。メニューはこちら。現在はアッサムティーを使ったストレートティー(500円・税抜)やミルクティー(550円・税抜)、そしてお店の看板であるタルゴナミルクティー(600円・税抜)をなどを提供しています。

お持ち帰り用のボトルミルクティー(900円・税抜)

お持ち帰り用に濃いめに入れたボトルミルクティー(900円・税抜)もあります。マグカップ2杯分の大容量で、タルゴナも付けてくれるので、おうちでタルゴナミルクティーが作れちゃいます!ボトルは四角くてとてもかわいいですね。

タルゴナスコーン(プレーン250円、紅茶280円・税抜)

また、タルゴナをたっぷりかけた「タルゴナスコーン」(プレーン250円、紅茶280円・税抜)も。甘さ控えめのスコーンにあっま〜〜〜いタルゴナがぴったりなんですよ。

エスプレッソマシーンで抽出した濃厚なミルクティー

エスプレッソマシーンで抽出
コーヒーで使用しているマシーンとほぼ同じ

お店の紅茶は、このエスプレッソマシーンで抽出しているそう。コーヒーで使っているエスプレッソマシーンとほぼ同じです。淹れている様子もほぼコーヒーの時と同じでした。

注文を受けてから紅茶を抽出

注文を受けてから紅茶を抽出しています。手間をかけて濃厚なミルクティーが仕上がっていくのです。

タルゴナミルクティーの完成

そして、できあがったのが看板メニューの「タルゴナミルクティー」です!

タルゴナを少しずつ溶かしながら・・・

少しずつ溶かして飲みます

ミルクティーの上に、タルゴナがたっぷりかかっています。お店の方から「少しずつ溶かしながら飲んでください」とアドバイスをいただいたので、クルクルとカップを動かして溶かしていくことにします。

キャラメルミルクティーのような味わい

タルゴナは前述しましたが、韓国のカルメラ焼きのこと。細かく砕いたサクサクとしたタルゴナを溶かすと、まるでキャラメルミルクティーのような味わいになります。ミルクティー自体は無糖なので、タルゴナが溶けるといい塩梅に。そして、何よりもミルクティーが濃厚なのが相性ぴったりです!

東京で韓国で人気の味を楽しもう!

「ㅊa」店内

テイクアウトのみでの提供ですが、歩きながら飲むのにも、持ち帰りにもぴったりです。UberEatsや通販も行っているそう。

韓国で人気の味を試しに、ぜひ訪れてみてください。きっと、濃厚なミルクティーと甘いタルゴナの組み合わせにハマってしまいますよ。

[All Photos by Kaori Simon]

この記事を書いたライター情報

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「人生に旅心を」。旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジン。旅の情報や小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案。読者のみなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINE(タビジン) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載