抹茶づくしのパフェを風情あふれる甘味処「ぎをん小森」で

抹茶づくしのパフェを風情あふれる甘味処「ぎをん小森」で

2020/08/08

旅行しづらい日々が続きますが、次の旅へと思いを馳せてみてはいかがでしょう。計画しながらワクワクする時間も旅のうち。今回は京情緒あふれる甘味処「ぎをん小森」と、そこで味わえる抹茶スイーツてんこ盛りのパフェをご紹介します。しっとりとした和の空間で、至福のひとときを過ごせますよ。

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

祇園にある元お茶屋を生かした甘味処

ぎをん小森 外観

祇園新橋のたもとにある「ぎをん小森」。白川沿いのお茶屋だった建物を1998年に改装した甘味処です。瓦屋根にすだれの掛かる様子に京都らしさが色濃く感じられます。

抜群のロケーション

白川のせせらぎとみずみずしい青もみじが目にさわやかな、抜群のロケーションです。

ぎをん小森 外観

7月いっぱいは祇園祭期間なので、京都中心部の至る所に提灯が掲げられています。暖簾をくぐるとどんな空間が待っているのでしょう。

坪庭の緑がみずみずしい座敷席

細長い廊下

お店の方が「おいでやす」と京ことばで迎え入れてくれます。細長い廊下の先には・・・

坪庭

京都の日本家屋ならではの坪庭です。陽光を取り入れる工夫として所々に配されています。

美しいお庭を臨める座敷席

そして案内していただいたのが、美しいお庭を臨める座敷席。長い歴史を歩んできた、独特の味わい深い雰囲気を醸し出しています。

名物を生かした「わらびもちパフェ」

わらびもちパフェ(1,630円・税込)

まずは味わいたいのが名物の「わらびもち」を生かした「わらびもちパフェ」(1,630円・税込)。抹茶アイスにはじまり、バニラアイス、その奥には香ばしいきな粉をまぶしたわらびもち、栗、抹茶ゼリー、小豆、抹茶スポンジ・・・。食べても食べても新しい味が出てくるので飽きることがありません。最後は抹茶ゼリーと寒天で、さっぱりとした後味になるよう工夫が凝らされています。

あっさりとした上品な和風パフェ

全体的に甘さ控えめ、あっさりとした上品な和風パフェです。わらびもちは伸びがよく、その独特の食感が箸休めのような存在になっています。次から次へと遭遇するスイーツを一生懸命味わっているうちに、一つペロリと食べ終えてしまいました。パフェ一つ完食できるか不安・・・という人にもおすすめです。黒蜜付きなので、好みでかけるとコクが増しておいしいですよ。

青もみじを眺め、白川のせせらぎを聴きながら・・・

白川のせせらぎと青もみじが涼しげ

ふと外に目をやると、すだれ越しの白川のせせらぎと青もみじが涼しげです。窓を開けられる季節なら川の音も心地よく、時がゆったりと流れていきます。秋には紅葉を楽しめる特等席。2階には桜を臨める座敷席もあります。季節ごとに異なる表情を楽しめるのも魅力です。

季節ごとに異なる表情を楽しめます

「抹茶ババロアパフェ」で抹茶ざんまい

抹茶ババロアパフェ(1,500円・税込)

そしてもう一つは「抹茶ババロアパフェ」(1,500円・税込)。こちらは上記のわらびもちの代わりにババロア入りです。ババロアは口の中で溶けていくような、はかない食感がクセになりそうです。アイス、ババロア、ゼリー、スポンジに至るまで全て抹茶味!抹茶好きにはたまりません!甘さと苦みがほどよくマッチしています。

抹茶好きにはたまりません

抹茶は京都の名店「柳桜園」の「綾の森」を使用し、わらびもちはわらび粉100%で毎朝練った練りたてです。小豆は一日使う分だけの十勝産大納言を毎朝炊いているそう。「こだわり」というよりは「あたりまえ」を大切にしているという姿勢に信頼が置けます。

ほかにもパフェは「あずきババロアパフェ」「抹茶プリンパフェ」「白玉パフェ」がそろいます。「あんみつ」や「ぜんざい」、季節限定のかき氷「宇治金時」「甘夏」も魅力的で、どれにするか迷ってしまいます。京都に来る度に訪れる価値は大いにありそうです。

名物の「わらびもち」

名物の「わらびもち」(賞味期限は当日中)、「抹茶バウムクーヘン」「抹茶パウンドケーキ」は店頭で購入できます。お土産におすすめです。

界隈は国の重要伝統的建造物群保存地域に指定

辰巳大明神

パフェを満喫してほっこりした後は、近所を散策。お店の目の前にある「辰巳大明神」は地域の守り神であり、祇園の芸舞妓さんから信仰を集められているそうです。

祇園の中でも最も風情あふれる巽橋

向かいには祇園の中でも最も風情あふれる巽橋があります。紅柄(べんがら)格子、瓦屋根とすだれの連なる家並みが印象的。春には桜の名所です。祇園新橋界隈は、国の重要伝統的建造物群保存地域に指定されています。

散歩や観光にぴったり
思い思いに京都観光に繰り出してください

白川沿いをそぞろ歩いて祇園界隈を散歩するもよし、東に向かえば知恩院や円山公園にたどり着きます。祇園祭の舞台である八坂神社もすぐ近くです。思い思いに京都観光に繰り出してくださいね。

[All photos by ロザンベール葉]

この記事を書いたライター情報

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「人生に旅心を」。旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジン。旅の情報や小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案。読者のみなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINE(タビジン) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載