リッチな風味と食感に大注目!「PISTA & TOKYO」

リッチな風味と食感に大注目!「PISTA & TOKYO」

2020/08/11

屈指のおみやげスポット東京駅に、さらなる楽しみが増えます!東京駅八重洲北口に「東京ギフトパレット」がオープン。今回は「東京ギフトパレット」が初の常設店舗となる「PISTA & TOKYO(ピスタ アンド トーキョー)」の「ピスタチオサンド」を実際に食べてみました!

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「PISTA & TOKYO」とは

PISTA & TOKYO 外観
ピスタチオスイーツ専門店で

日本一の売上を誇るバレンタインの祭典、ジェイアール名古屋タカシマヤの「アムール・デュ・ショコラ」でデビューを果たし、連日大行列となったピスタチオスイーツ専門店「PISTA & TOKYO」。常設店舗として、東京ギフトパレットに初登場しました。“ナッツの女王”と呼ばれるピスタチオの魅力を存分に楽しめるスイーツのお店となっています。

パッケージも中身もピスタチオ三昧!

ピスタチオサンド

かわいらしいパッケージに身を包んだ「ピスタチオサンド」が今回の主役。ピスタチオやラズベリーのイラストが描かれており、キュートでありながらも、シックで上品なイメージ。“東京土産”らしさがよく出ていますよね。

ピスタチオ色の箱が出てきました

包装紙を剥がすと、なんとも元気が出そうなピスタチオ色の箱が出てきました!シンプルだけど洗練されていています。シックな包装紙からの元気な色合い。このギャップがたまりません!商品を開けるまで楽しみが散りばめられているのも、うれしい仕様ですよね。

フレーバーは2種類

ではオープン・・・と、箱を開けてみるとまたもびっくり!まぶしいほどに輝く緑と赤の2種類の袋がキレイに並んでいました。「この色の違いはなに!?」と驚きながらも包装紙の表示を確認してみると、緑色のほうは「ピスタチオ×ピスタチオ」、赤色のほうは「ピスタチオ×フランボワーズ」の組み合わせなのだとか。1箱で2種類の味わいが楽しめてしまうのです!

贅沢すぎる食感に注目!

2種類の差は、チョコレートが違います

中身をそっと取り出してみると、その違いは一目瞭然。中のチョコレートが、ピスタチオオンリーなのか、ピンクのフランボワーズがサンドされているか。まずは、緑色の「ピスタチオ×ピスタチオ」からいただきます!

5層に重なり合っています

クッキーの間にピスタチオチョコが交互にサンドされていて、なんと5層にも重なり合っています。サクッとしたクッキーの食感の後に、濃厚なピスタチオの風味が、勢いよく追いかけてくるように広がり、最後にはアクセントとなる塩味がガツンと来ます。甘くて濃厚で甘じょっぱい・・・この3段階の風味が口の中で繰り返され、新感覚のおいしさ!お酒にも合いそうな味わいです。

フランボワーズの甘酸っぱさが強くて爽やか

つづいては「ピスタチオ×フランボワーズ」を。こちらはフランボワーズの甘酸っぱさが強く、なんとも爽やか!香りもとても華やかで「ピスタチオ×ピスタチオ」とは全く違うものとして楽しめます。これは、ぜひとも食べ比べをオススメしたいです。

なんといっても、驚くのはこの厚み!ザクザクと食べごたえあり、噛むたびに豊かな風味と贅沢な食感に感動します。個包装タイプなので、1枚ずつおすそ分けにしても、このリッチな味わいにかなり盛り上がることでしょう!

ピスタチオサンドアソート
10枚入り 2,160円(税込)

[All Photos by koume]

この記事を書いたライター情報

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「人生に旅心を」。旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジン。旅の情報や小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案。読者のみなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINE(タビジン) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載