瀬戸内レモンケーキ神戸開港150年記念缶|「日本の包み紙」

瀬戸内レモンケーキ神戸開港150年記念缶|「日本の包み紙」

2020/08/21

美しい日本の包み紙をこよなく愛するフリーアナウンサーの堤信子さん。新連載「紙採集家・堤信子の『日本の包み紙』」では、堤さんがセレクトした包み紙の美しいギフトをご紹介。堤さんのようにワンランク上の“贈り上手”になってみませんか?

FOOD PORT.

FOOD PORT.

瀬戸内レモンケーキ神戸開港150年記念缶|「日本の包み紙」

   

「瀬戸内レモン」。このなんとも涼しげな言葉に惹かれて今回ご紹介するのは、「瀬戸内レモンケーキ 6個入 神戸開港150年記念缶」(2,484円・税込、ギフトボックスは別途275円・税込)。ぱあっと目を引くこのレモンイエローの丸缶が、パッケージ好きの心をくすぐります。
こちらは、「神戸セレクション2019」にも認定された、「ル・パン神戸北野」の人気のお菓子。
形も大きさもレモンそのもの、瀬戸内産のレモンがたっぷりと使われていて、口に入れると爽やかなレモンの香りがいっぱいに広がります。
レモンケーキは昔から大好きで、あれこれ食べ比べするのですが、ル・パンのレモンケーキは生地のしっとり感とふわっと感、そして人工的でないレモンの自然な香りが特徴で、間違いなく全国トップクラスの美味しさだと私は確信しています。
というのも、こちらのお店では、地産地消にこだわった兵庫県産食材と、美味しさと安心を追求して世界中から厳選した食材を使用しながら伝統的な洋菓子を製作しているので、安心で安全、そんな信頼感も美味しさの大事なポイントです。

8月のお菓子というとケーキよりゼリーのイメージかもしれませんが、ここのレモンケーキはなぜか夏に食べたくなるし、夏に贈りたくなる特別なお菓子なのです。

  

シックな色使いの包装紙と、ぱあっと目を惹くレモンイエローの丸缶

  

そして、個人的にときめくのは、ギフトラッピング。
ギフト包装をお願いすると、この丸缶が引き出し式の箱に入れられ、シックな色使いの包装紙に包まれ、マットゴールドのリボンがかけられます。
特にこの包装紙が好き。上質な厚めの紙にプリントされた大きな麦束柄、茶色とグレーの組み合わせにセンスを感じます。私は早速文庫本のブックカバーにしました!

「ル・パン神戸北野」の爽やかな「瀬戸内レモンケーキ」、お勧めしますよ。

オンラインショップ https://lasuite.shop/

堤信子

堤信子

この記事を書いたライター情報

FOOD PORT.

FOOD PORT.

美味しい日本が集まる港 をコンセプトとした、日本の食文化を発信するウェブマガジン「FOOD PORT.(フードポート)」。最新ニュースやレストラン情報、編集部独自のコンテンツなど、FOOD PORT.独自の視点で発信していきます。

FOOD PORT. が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載