京都生まれの伝説の喫茶店―国分寺「ほんやら洞」

2017/02/15

京都生まれの伝説の喫茶店―国分寺「ほんやら洞」

国分寺駅のすぐそばにある、壁一面葉っぱに覆われた不思議なお店「ほんやら洞」。1970年代からこの場所で営業を続ける喫茶店で、ここで食べられるカレーが「スパイシーでたまらない」と評判なんだとか。さっそく行ってみましょう。

ことりっぷ

ことりっぷ

70年代から続く地元で愛される喫茶店

薄灯りの灯る店内

JR国分寺駅南口を左に出て徒歩3分。人通りの多い駅前の道をまっすぐ進むと突如現れるのが、壁一面葉っぱに覆われた「ほんやら洞」です。1970年代から続く歴史ある喫茶店で、その独特の雰囲気に惹かれ、足繁く通う常連さんも多いのだとか。

カウンター席とテーブル席がある

こちらの喫茶店は、文化の発信拠点として知られた京都・出町柳の「ほんやら洞」がルーツ。現在の店主は女性シンガーソングライターの草分けである中山ラビさんです。

昼間は喫茶店ですが、夜には地元の人々が集うバーに様変わり。夜は中山さん自身がお店に立っています。心地よい音楽が流れる薄灯りの空間で、レトロな雰囲気に浸りながらゆったりとした時間を過ごせます。

汗ばむ辛さの「スパイシーチキンカレー」

「スパイシーチキンカレー ラッシー付き」(1100円)

名物は「スパイシーチキンカレー」。じっくり煮込まれた、思わず汗ばむ辛さのインド風カレーです。

大量のスパイスをミックスしたシャープな辛みは、店主の中山さんが3年ほどかけてようやくたどり着いた味なのだそう。柔らかく煮込まれた鳥もも肉の塊をスプーンでほぐしながらいただきましょう。ラッシーの爽やかな甘みがしびれた舌を癒してくれます。

山椒の香りが食欲をそそる本格派「しびれるマーボはん」

「しびれるマーボはん」(850円)

「しびれるマーボはん」は、その名のとおり、山椒がピリリときいていて、食欲をそそる刺激的な辛さです。大きめの豆腐がたっぷり入っていて、ボリュームも満点。深みのあるコクと旨みがクセになる一皿です。

ハンドドリップで丁寧に淹れた「珈琲五番町」

「珈琲五番町」(450円)

コーヒーやチャイ、カフェオレなど、ドリンクメニューも豊富です。

美しい器で提供されたのは、一杯ずつ丁寧に淹れられたドリップコーヒー。おかわりは250円なので、のんびりしたいカフェタイムには嬉しいですね。

70年代から変わらない時間が流れる「ほんやら洞」。その独特の雰囲気を味わいに、ぜひ足を運んでみてくださいね。

ことりっぷWEB

ことりっぷWEB

旅行ガイドブック『ことりっぷ』のWEBマガジン。週末のおでかけをもっと身近に。ガイドブックに掲載していない最新情報はコチラから。

Yahoo!ロコほんやら洞 国分寺店
住所
東京都国分寺市南町2-18-3

地図を見る

アクセス
国分寺駅[南口]から徒歩約2分
西国分寺駅[北口]から徒歩約23分
武蔵小金井駅[北口]から徒歩約31分
電話
042-323-4400
営業時間
12:00~25:00
定休日
なし
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

この記事を書いたライター情報

ことりっぷ

ことりっぷ

旅行ガイドブック『ことりっぷ』のWEBマガジンです。「“いつか行きたい”を日々の暮らしから」をコンセプトにことりっぷ目線の旅情報をデイリーで発信しています。

ことりっぷ が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES