芸術の秋は「玩愚庵こけし屋」で絵付け体験!秋保温泉をドライブ

芸術の秋は「玩愚庵こけし屋」で絵付け体験!秋保温泉をドライブ

2020/09/11

こけし好きさん注目! 「玩愚庵こけし屋」でキュートなこけしを満喫した後は、残暑を乗り越える野菜をたっぷり使った料理や、お茶の足湯で、からだと心に栄養を。

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま編集部・まなみん

シティ情報ふくしま編集部・まなみん

親子で紡ぐ伝統と調和する、独創性あふれるこけしに注目!

伝統的な「仙台こけし」

内閣総理大臣賞の受賞歴もある、工人・鈴木 明さんの工房『玩愚庵こけし屋』。現在は、息子の敬さんと共に製作を行っている。

「仙台こけし(作並系)」は、赤と黒を基調に描彩するシンプルでモダンなデザインが特徴。こちらでは、季節の行事やお菓子をモチーフにした愛らしい創作こけしなども人気。店内では作品の購入ができる他、こけしの絵付け体験もできる。思い思いに描いて、世界に一つだけのこけしを作ろう!

9月頃から登場予定のハロウィンをイメージしたこけし(1,500円~)。一つひとつ手作りのため、出会ったら購入のチャンスを逃さないで!
こけしの絵付けを体験。絵付けの順番を聞いて、体験スタート!

秋保の魅力を食で発信するカフェレストラン

「アキウ舎ランチ」(1,280円+税)

「人々が行き交う、秋保の駅舎のような存在になりたい」という願いを込めて2018年にオープンしたカフェレストラン『アキウ舎』。建物は、地域で愛されてきた築160余年の古民家を利用している。

「アキウ舎ランチ」は、地場産を中心に周辺地域の食材をたっぷり使用。季節ごとに旬の野菜を味わえる。晴れた日には、テラス席もおすすめ。秋保の自然を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごしてみては。

店内にはテーブル席の他、座敷、テラス席もある。大きな窓からは秋保の自然が望める
赤い屋根と暖簾が出迎える

お茶×足湯!? あるようでなかったお茶の足湯でリフレッシュ

「アグリエの森」には、「茶っぽりん」や「フードコート」の他、地元野菜の直売所をはじめ、お菓子や加工品を扱うお土産コーナーもある

秋保の食と農が楽しめる『秋保ヴィレッジ』。「アグリエの森」奥にあるフードコート屋外には、足湯「茶っぽりん」がある。コンセプトは、「お茶+ぽっかぽか+リフレッシュ+運」!

足湯の湯には、「お茶の井ヶ田」の茶葉を足湯専用にブレンドし、使用している。足先からぽかぽか温まり、漂うお茶の香りにリラックスできる。秋保の四季をポケッと眺めながら、滞った運気を流しちゃおう。フードコートメニューの飲食も可能。

足湯「茶っぽりん」では、オススメの「バナナジュース」(500+税)をおともに。たまった角質を柔らかくする効果も期待できる
フードコートのイチオシメニュー「秋保大滝カレー」(1,020円+税)。秋保大滝と周りに転がる岩など自然に見立てたユニークな一品
シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

毎月25日発売

福島県北エリアのタウン情報誌。創刊(1985年)から、地域に密着したメディアとして親しまれている。 ※主なコンテンツ…グルメ・イベント・おでかけ・宴会・子育て・映画・地元の人紹介。

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

奇数月10日発売

「福島再発見」にこだわり、地域の魅力を発信。福島の四季やおでかけ情報を中心とした、大人の地元情報誌。

この記事を書いたライター情報

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

『シティ情報ふくしま』は、福島に精通した編集者選りすぐりの情報を、雑誌・Web・SNSでお届けしています。Webでは、グルメ、おでかけ、イベント、その他福島での生活を彩る情報を毎日配信中!

シティ情報ふくしま が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載