「グランフロント大阪」の飲食フロアがリニューアルオープン!

「グランフロント大阪」の飲食フロアがリニューアルオープン!

2020/09/09

グランフロント大阪ショップ&レストラン(大阪市北区大深町)の飲食フロア「UMEKITA FLOOR(ウメキタフロア)」が、9月10日にリニューアルオープン! 新たに6店舗が開業するほか、各店の料理が楽しめるフロア内の共用客席も改装され、魅力が増した飲食フロアを紹介する。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グランフロント大阪ショップ&レストラン「UMEKITA FLOOR(ウメキタフロア)」がリニューアルオープン

隠れ家のような雰囲気の中で食事が楽しめる「路地裏エリア」の共用部席(イメージ)

西日本最大のターミナル「大阪・梅田」の駅前に立地する商業施設・グランフロント大阪ショップ&レストラン

2013年の開業以来、「大人のあそび場」をコンセプトに店内だけでなく、フロア内の客席(共用部席)でも各店の料理を楽しめる個性的な飲食ゾーンとして多くの人々に利用されてきた北館6階の「UMEKITA FLOOR」が9月10日、リニューアルオープンする

「UMEKITA FLLOR」のリニューアルの2つのポイントをチェックしよう!

「UMEKITA FLLOR」メインエントランスエリア(イメージ)

今回のリニューアルでは、「上質な大人の社交場(あそびば)」をコンセプトとし、共用部の改装や店舗の入替を行い、遅い時間までゆっくりと過ごせる更に魅力ある飲食ゾーンへと生まれ変わる。リニューアルの2つのポイントをチェックしよう!

1.各店の料理が楽しめる共用部席、大規模改装!
2.個性豊かな6店舗がオープン!

1.各店の料理が楽しめる共用部席、大規模改装!

全面ガラス張りの共用部席「ウィンドウエリア」(イメージ)

「UMEKITA FLLOR」の特徴の1つでもある、フロア内全店の料理を楽しんでもらえる共用部席は、フロア全体を4つのゾーンに分け、さまざまなシーンに合った雰囲気を提供する。

メインエントランスエリア」の床には大理石をあしらい、落ち着いた重厚感を創出するとともに、イベント時にはバーにもなるカウンターを設け、ゲストを出迎える高揚感に満ちた空間へと生まれ変わる。壁面が全面ガラス張りの「ウィンドウエリア」では眺望の良さを楽しめるよう、グリーンで彩られたテラス空間をイメージし、半屋外で食事をしているような心地よさを感じることができる。

共用部席「ウォールエリア」

その他、隠れ家感が楽しめる「路地裏エリア」では、異国の雰囲気とライトの灯りが心地よく、ついつい長居してしまうような空間を創り出し、さらに、吹き抜けを挟んだ先、他エリアのにぎわいから離れた「ウォールエリア」では、ソファー仕様の椅子を配置し、ゆったりと過ごせる空間へとリニューアルする。

2.個性豊かな6店舗がオープン!

今回のリニューアルでは、フロア内の既存店舗のレイアウトを一部変更するとともに改装を行うほか、新たに6店舗がオープンする。「友人・同僚とにぎやかに」「落ち着いた雰囲気でゆっくり」「一人でサク飲み」など、これまで以上に多様な楽しみ方ができる全13店舗のラインアップでゲストを迎える。(一部店舗は先行してオープンしている)

本格的なチーズ料理を美味しく楽しく気軽に楽しめるチーズダイニング「CHEESE KITCHEN RACLER(チーズキッチンラクレ)」

「CHEESE KITCHEN RACLER」目の前で流れるラクレットのナイアガラは見て楽しい、食べて美味しいチーズ料理のひとつ

ラクレットやチーズフォンデュなどの代表的なチーズ料理をはじめ、世界各国のチーズを用いて提供する「おすすめチーズレシピ」など、さまざまなチーズ料理を取りそろえ、チーズと相性の良いワインとともにゆっくりと食事が楽しめるカフェ&ダイニング。

大阪発マイクロブリュワリーが出店!クラフトビール「BAK(バク)」

ユニークなクラフトビールが楽しめる「BAK」

きゅうりのビール、ウナギの蒲焼きビール、苦すぎるビールなど、大阪人が、大阪でつくった、大阪でしか飲めない、オモロいビールが常時10種類も用意されているビアスタンド、クラフトビール「BAK」。人に教えたくなる、人と一緒に飲みたくなる、そんな愉快なクラフトビールと、程よく近い距離感の『大阪流のおもてなし』で楽しませてくれる。

シャリにこだわる寿司(すし)屋「寿司 富久佳(スシ フクヨシ)」

新鮮な季節のネタにも自信ありの「寿司 富久佳」

名物の伝助穴子をはじめ、新鮮な季節のネタはもちろん、シャリへのこだわりを何よりも重視する「寿司 富久佳」。新米と古米の独自のブレンド米を使用し、シャリの温度と寿司酢の配合にこだわり抜いて、最高のお寿司へと仕上げる。 ウマい寿司をより安く、抜群のコスパで感動と幸せを感じさせてくれるとあって、日常的に通いたくなりそう。

炭火焼き鳥「麹と炭火焼鳥 発酵おでん 一献三菜(コウジトスミビヤキトリ ハッコウオデン イッコンサンサイ)」

「麹と炭火焼鳥 発酵おでん 一献三菜」の炭火焼き鳥

和発酵調味料を生かした料理とおでんを気軽に楽しめる「麹と炭火焼鳥 発酵おでん 一献三菜」。厳選された素材を土佐備長炭でじっくりと焼いた大山地鶏や旬の野菜、和発酵調味料に漬け込んだ魚も炭焼きで提供する。5種類の自家製発酵調味料をブレンドしたスープで炊き上げた「おでん」 のほか、和発酵調味料を使用したおばんざいも多数取りそろえ、注目される発酵食を美味しく気軽に取り入れられる。

ダシにこだわって鉄板で焼き上げるお好み焼き「お好み焼 清十郎(オコノミヤキ セイジュウロウ)」

大阪のダシを味わえる鉄板お好み焼き「お好み焼 清十郎」

厳選素材と伝統の「ダシ」を使用し、大阪の老舗名店の味を受け継いだ、“本場大阪の味”を提供する「お好み焼 清十郎」。口の中いっぱいに広がるダシのうまみと、甘みの効いたタレが絶妙なお好み焼きを鉄板の上で熱々のまま味わって。

生ハムとワインのお店「MAMMA PARMA(マンマパルマ)」 ※移転・改装オープン

こだわりの“プロシュットディパルマ”が味わえる「MAMMA PARMA」

生ハムとワインのお店「MAMMA PARMA(マンマパルマ)」では、空輸で自社直輸入したイタリアパルマ産生ハム“プロシュットディパルマ”をオーダーごとにその場でスライスし、“薄さ”と“鮮度”を重視。手間と時間をかけて作り上げられた こだわりの生ハム を提供する。パルマ郷土料理と地元ワインとともに本場の味を気軽にカジュアルに楽しめる。

「UMEKITA FLOOR」以外の店舗もパワーアップして登場!

グランフロント大阪では「UMEKITA FLOOR」以外でも、合計13店舗のファッションやアウトドア・飲食店舗が順次リニューアルを実施している。関西初出店の飲食店のオープンや、アウトドア・スポーツゾーンの拡充を予定しており、より幅広い店舗ラインアップで、「ここだけ」「ここだからこそ」のであいを提供する。(一部店舗は、2020年6・7月に先行してオープンしている)

“野菜を食べる”スープカレー「 Rojiura Curry Samurai.(ロジウラ カリィ サムライ)」

「Rojiura Curry Samurai.」の野菜たっぷりのスープカレーは彩りも豊か

9月10日、南館7階にオープンするのは、関西初出店の『野菜を食べる』がコンセプトの北海道札幌発スープカレー専門店「Rojiura Curry Samurai.」。豚骨や丸鶏、煮干、大量の人参、 玉ねぎなどをぜいたくに使って作るスープは濃厚でうまみがたっぷりと感じられ、具材の野菜も素材の味を生かして注文ごとに調理される。 また、具材だけでなくスープの種類や辛さのレベルなども自分好みにカスタマイズして楽しめる。ドリンクやデザートも北海道ならではのラインアップがそろうので来店時にチェックしてみて。


共用部席を利用すれば、それぞれのお店で食べたい料理を選んで味わうこともできる「UMEKITA FLOOR」。「このお店のグルメにクラフトビールやワインを合わせて…」なんていうことも可能なので、ぜひシーンに合わせた席を選んで、フロア内の店舗から自由に組み合わせて楽しんでみては?

文=シーアール

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載