2020年に行きたい、海外旅行気分を満喫できるホテル6選

2020年に行きたい、海外旅行気分を満喫できるホテル6選

2020/09/18

「海外旅行にはなかなか行けないけれど、海外の雰囲気だけでも味わいたい!」と考えている人も多いはず。今回は、そんな方にもおすすめのホテルをピックアップしました。

一休コンシェルジュ

一休コンシェルジュ

国内でも叶う!海外気分を満喫する至福のリゾート体験

 

異国情緒あふれる景色や体験ができる海外旅行は、まさに非日常のひととき。実はそんな気分を味わえる宿が、日本国内にも数多くあることをご存じでしょうか。今回は、海外旅行気分を楽しめるおすすめのホテルを6軒ご紹介!日本にいながら至福のリゾート気分を堪能してみませんか?

\編集部が選ぶ、海外旅行気分を満喫できる宿はココ!/
1.MALIBU HOTEL(神奈川県/逗子)
2.白馬リゾートホテル ラ・ネージュ東館(長野県/白馬)
3.ルグラン軽井沢ホテル&リゾート(長野県/軽井沢)
4.ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道(広島県/尾道)
5.神戸北野ホテル(兵庫県/三宮・北野)
6.sankara hotel&spa 屋久島(鹿児島県/屋久島)

米西海岸の高級リゾートを彷彿とさせる贅沢なハーバービュー

MALIBU HOTEL(神奈川県/逗子)

 

MALIBU HOTEL」は、目の前に広がる大海原とヤシ並木、マリーナの雰囲気が米西海岸の高級リゾートを彷彿とさせる、スモールラグジュアリーホテル。全11室の客室は全て50平米以上のスイートルーム。江ノ島や富士山まで望むハーバービューがリゾート気分を高めてくれます。広々としたテラスやバルコニーも自由に使って、贅沢な時間を楽しんで。

日本にいることを忘れるような絶景の中で美酒美食を堪能

Winerystay TRAVIGNE(新潟県/新潟市)

 

2019年、新潟のワイナリー「カーブドッチ」に開業した「Winerystay TRAVIGNE」。広大なぶどう畑となだらかな山容の角田山に囲まれた中に洋風の建物が並ぶ様子は、日本にいることを忘れさせてくれるような、異国情緒漂うのどかな雰囲気です。ワインの名前が付いた全10室の客室に、この地ならではの美酒美食を堪能できるレストラン。ヨーロッパの片田舎のような美しい景色に酔いしれてみては。

ヨーロピアンタイプの洋館が自然に溶け込む森の楽園

白馬リゾートホテル ラ・ネージュ東館(長野県/白馬)

 

北アルプス白馬山麓の広大な森に溶け込むように佇む洋館建築。「白馬リゾート ラ・ネージュ東館」は、四季折々の白馬の自然を感じられるリゾートホテルです。28室ある客室は、木漏れ日を浴びながら寛げるバルコニー付き。ヨーロッパ各国のテイストを取り入れた空間は1つとして同じものはなく、お部屋を変えてまた訪れたくなってしまうはず。

“東洋のエーゲ海”の絶景とリゾート感溢れる雰囲気に酔いしれる

ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道(広島県/尾道)

 

瀬戸内海を見下ろす高台に位置する「ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道」は、“東洋のエーゲ海”と例えられる美しい景観を望むリゾートホテル。海と空に吸い込まれるような水盤のある「ザ・デッキ」と並ぶ絶景スポットが、「メインダイニング エレテギア」。青いタイルが敷き詰められたプールと瀬戸内海を目の前にバスク料理をいただけば、スペインのビーチリゾートを訪れたような気分になれるはず。

英国貴族の邸宅で本場フランスの味を優雅に堪能

神戸北野ホテル(兵庫県/三宮・北野)

 

赤煉瓦と三角屋根の伝統的な英国様式の外観が神戸の街並みに溶け込む、都市型オーベルジュ「神戸北野ホテル」。総支配人・総料理長を務めるのは、フランス料理の巨匠ベルナール・ロワゾー氏に学んだ山口浩シェフ。ロワゾー氏直伝の“世界一の朝食”を求めて訪れる人が後を絶えません。旧貴族の邸宅をイメージした館内は、一歩入ればまるで異人館に来たかのよう。英国貴族気分で優雅に寛ぎましょう。

世界遺産の大自然に囲まれてバリのリゾート気分で寛ぐ

sankara hotel&spa 屋久島(鹿児島県/屋久島)

 

世界自然遺産・屋久島の亜熱帯雨林の高台に佇む「sankara hotel&spa 屋久島」。背後には雄大な山、目の前に海を望む絶好のロケーションで、自然の癒しと食の恵み、洗練されたサービスを堪能できるオーベルジュリゾートです。ロビーからの眺めは、まるでバリのリゾートを訪れたかのよう。29室の客室は、アジアンテイストのインテリアが映えるラグジュアリー空間。ただ景色を眺め、何もしない優雅な時間を存分に味わって。

非日常感溢れる国内のリゾートホテルで、気軽に海外旅行気分を味わってみませんか?

一休コンシェルジュ

一休コンシェルジュ

「こころに贅沢させよう。」でおなじみの一休.comが運営するトラベルWEBマガジンです。編集部が厳選した、旅にまつわる素敵な情報をお届けします。

この記事を書いたライター情報

一休コンシェルジュ

一休コンシェルジュ

「こころに贅沢させよう。」でおなじみの一休.comが運営するトラベルWEBマガジンです。編集部が厳選した、旅にまつわる素敵な情報をお届けします。

一休コンシェルジュ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載