静岡県ラバーに聞く、絶対に行きたくなる静岡おすすめスポット8

特集

春がやってきた! 静岡県の“今”を楽しむ方法

2017/02/18

静岡県ラバーに聞く、絶対に行きたくなる静岡おすすめスポット8

まだまだ寒い日が続きますが、ひと足早く春を感じれるのが静岡県。なぜなら、日照時間が長く温暖な気候により、早咲きの河津桜を見れたり、清水港や焼津港でとれる春の魚介も勢ぞろいするから。魅力満載の静岡の、とっておきスポットから外せないグルメまで静岡を愛する4名の方々にリサーチしました♪

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

ひと足早い春の訪れを満喫できる! 静岡県ってどんなところ?

温暖な気候に温厚な県民性、日本列島のほぼ中心に位置している県、静岡県。

あり・あり・世界遺産あり・B級グルメあり…魅力がわんさか溢れる県です。

今の時期は、早咲きの桜「河津桜」を観賞したり、太陽の恵みをいっぱい吸収したイチゴみかんを狩ったり、清水港、焼津港、由比港、田子の浦港と4つの港で春の「海の幸」を食べられる。静岡県のシンボル「富士山」の「冠雪」もしっかり目に納めることができ、冬と春の両方を楽しめるうれしい季節なのだ。

高さ20m、幅150mの壮大な「白糸ノ滝」。美しい滝が発するマイナスイオンをたっぷり浴びたい! ©アフロ

そんな見所たっぷりの静岡県について、静岡を愛してやまない方々におすすめスポットをリサーチ! 

静岡県知事「川勝平太」さん、ふじのくに静岡特使を務める「勝俣州和」さん、静岡県ご当地アイドル「オレンチェ」さん、静岡県マスコットキャラクター「ふじっぴー」の4名に、それぞれが思う静岡の魅惑スポットについて語ってもらいました。

静岡県をこよなく愛する4名に聞きました!
私がすすめる「ココに行っておけば間違いない」スポットは……

ではまず1人目!

                     

Q1. ココは絶対行っておくべき! というおすすめのスポットを教えてください。

川勝知事
川勝知事
「静岡県といえば、やはり世界遺産富士山です。他にも、同じく世界遺産の韮山反射炉ユネスコエコパークの南アルプス『世界で最も美しい湾クラブ』への加盟が決定した駿河湾など、世界クラスの資源や魅力的なスポットは数え上げたらきりがありません。皆さんにも是非、静岡県を訪れていただき、豊かな自然や文化・歴史をお楽しみいただきたいと思います」
【1】2015年、明治日本の産業革命遺産として「韮山反射炉」は世界遺産に登録される。空高くそびえ立つ産業遺産を前に、近代化に向かっていく当時の日本に思いをはせたい ©アフロ

韮山反射炉

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

【2】広大な「駿河湾」。駿河湾は日本列島のほぼ中心にあり、最も深い地点で水深2500mもある日本一深い湾! 青く澄んだ駿河湾を見れば、一気にリフレッシュできそう ©アフロ

駿河湾

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

Q2. 他県の人に声を大にして伝えたい! 静岡県の魅力とは、ズバリどんなところでしょう?

川勝知事
川勝知事
「静岡県は、豊かな自然と温暖な気候に恵まれ、うなぎ、さくらえび、温室メロンをはじめ、439品目もの食材数を誇る『食の都』です。また、全国一のお茶の産地で、日常的にお茶を飲む習慣があることから、元気で長生きする方が大変多く、本県の健康寿命は世界でもトップクラスです。このように、美味しい食べものがたくさんあり、元気で長生きができる本県は、国内外から憧れを呼ぶ地域であると言えるでしょう」
【3】静岡県の茶畑。春に向けてすくすくと芽吹いていくお茶で、一面が緑に染まる様はまさに絶景。4月に入ると、各農園で茶摘み体験も始まる ©アフロ

――(編集M)お茶が長寿の秘訣(ひけつ)とは…! 最も質が高いと言われる手摘みの「一番茶」を本場・静岡県で飲めば、その美味しさにほっこり笑顔になっちゃいますね♪

2人目はこの方!

                     

Q1. ココは絶対行っておくべき! というおすすめのスポットを教えてください

勝俣さん
勝俣さん
「三島市緑区の『うなよし』さんの『うな丼』は絶品です。ふんわりとしているうなぎの蒲(かば)焼きと甘いタレのかかった炊きたてのごはん…最高です。ぜひ、人生のご褒美として食べてみてください」
【4】「うなよし」では、並(うなぎ1匹分)、上(うなぎ1.5匹分)の2種類から選べる。写真は「上うなぎ丼」、4850円(税込)。丼からはみ出したうなぎに食欲が猛烈にそそられる!

うなよし

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

勝俣さん
勝俣さん
「沼津市場内にある『丸天』さんの『まぐろのフルテールシチュー』も驚きの美味しさです! ビーフシチューのようにマグロのテールを煮込んだもので、このお店でしか味わうことができない一品。訪れて幸せを感じてみてくださいね」
【5】「まぐろのフルテールシチュー」。マグロ×シチューのなんとも贅沢(ぜいたく)なコラボレーション! 「魚河岸 丸天」では、タワーのように直立する「海鮮かき揚げ」も有名だ

魚河岸 丸天 魚河岸店

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

――(編集M)うな丼は箸を入れた瞬間にふわっとほぐれそう。「まぐろのフルテールシチュー」は口の中でホロホロにとろけるだろうなあ…。想像しただけでよだれが出てきそうです!

Q2. 他県の人に声を大にして伝えたい! 静岡県の魅力とは、ズバリどんなところでしょう?

勝俣さん
勝俣さん
「訪れた人を日本一、いや世界一の富士山が温かく抱きしめてくれます。富士山は、父の厳しさと母の優しさを持っています。うれしいことがあった時は、たくさん褒めてくれます。悲しいことがあった時は、ずっと慰めてくれます。あなたにとって静岡は、もうひとつのふるさとになると思いますよ」
勝俣州和さん

勝俣州和さん

タレント・ふじのくに静岡特使

3人目はこの方!

                     

Q1. ココは絶対行っておくべき! というおすすめのスポットを教えてください

オレンチェさん
オレンチェさん
「静岡県は大きく東部・中部・西部と分けられ、それぞれの魅力が満載! 東部の魅力は、何と言っても温泉です。熱海から始まり伊豆半島一帯に、100カ所近くの温泉街があります。東伊豆は南国的な陽気な温泉街、中伊豆は名作『伊豆の踊り子』に登場するように、日本情緒極まる温泉街、そして西伊豆は、夕陽と駿河湾越しの富士山が絶景の温泉街、それぞれの楽しさを満喫できますよ」

――(編集M)静岡県は温泉の宝庫でもあるとは…! それぞれ3つのエリアで異なる風情を楽しめるなんて、全て制覇したくなっちゃいます。

オレンチェさん
オレンチェさん
「中部は、徳川家康公の面影を残した駿府城公園を中心に、昼夜楽しめるレストランや居酒屋がひしめきあっています。もちろん、静岡おでんは四季を問わず売っていますよ。西部は、浜松を中心とした音楽文化の街jazzフェスは毎月のように開催されています。今年は大河ドラマ『おんな城主 直虎』でも大フィーバー中です!」
【6】静岡市のおでん街「青葉おでん街」入り口。おでん屋が十数軒を連ねるレトロな横丁で、地元の方々と交流するのも◎。静岡おでんの原点とも言える地で、夜はしっぽり静岡おでんをつまみに一杯飲みたい ©アフロ

青葉おでん街

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

Q2. 他県の人に声を大にして伝えたい! 静岡県の魅力とは、ズバリどんなところでしょう?

オレンチェさん
オレンチェさん
「静岡県は、とにかく暖かい環境で、のんびり暮らしやすい。ある意味田舎的でありながら、東京、名古屋にも1時間で行ける立地が素晴らしいです。そして、何と言っても全国的に名高い焼津港、清水港海の幸は絶対おすすめ。マグロ、カツオはもとより、生の桜エビは絶品。駿河湾の宝石です!」
オレンチェさん

オレンチェさん

静岡県発のご当地アイドル

トリを飾るのは…

                     

――(編集M)静岡県のシンボル富士山のようなフォルム…。もしかしてアナタは、静岡県のマスコットキャラクター「ふじっぴー」!?

「じゃじゃーん!」という効果音が聞こえてきそうなくらい、自信満々にポージングを決めるふじっぴー。体の青は、駿河湾のきれいなブルーを表しているそう
ふじっぴー
ふじっぴー
「そう、ぼくがふじっぴーです。おしりがプリッと跳ね上がっているのは、静岡県の頭文字『し』をかたどっているからなんだよ」

――(編集M)全身で静岡愛を表現するなんて、さすがふじっぴー! 静岡県代表として、ふじっぴーの静岡への愛を炸裂(さくれつ)させちゃってください。

Q1.ココは絶対行っておくべき! というおすすめのスポットを教えてください

ふじっぴー
ふじっぴー
「静岡県はB級グルメの宝庫! 富士宮やきそば、浜松餃子、静岡おでん、三島コロッケなど全国から注目を集めるグルメがいっぱい。西伊豆の伝統的な保存食、カツオの塩漬けを使った西伊豆しおかつおうどんもおすすめだよ。静岡茶との相性も抜群!!」
【7】荒く削られた「しおかつお」がたっぷり乗った「西伊豆しおかつおうどん」。サッパリしている味が特徴で、お酒の後の〆(シメ)にピッタリ 写真提供:西伊豆しおかつお研究会

――(編集M)「2017東海・北陸B-1グランプリin富士」で、来場者のお箸投票にて見事1位を獲得した一品! これは絶対外せないですね。

Q2. 他県の人に声を大にして伝えたい! 静岡県の魅力とは、ズバリどんなところでしょう?

ふじっぴー
ふじっぴー
「静岡県は食材の王国。海からの恵みは数えきれず、マグロ、シラス、サクラエビ、キンメダイなどなど。丼からあふれるほどの魚がのった海鮮丼に、静岡県産わさびを添えて食べると絶品!! また、日照時間が日本一長い静岡県は、土壌も豊かで美味しい果物も豊富だよ! 太陽をいっぱい浴びたみかんは今が旬。他にも5月まではイチゴ狩りが楽しめるよ」
【8】暖かい太陽の光をサンサンと浴びた静岡県のみかんたち。みかん狩りなら、自分の手で取りすぐにその味を楽しめるのが嬉しいところ。静岡県の自然を楽しみながら、美味しいみかんをパクパク食べたい ©アフロ

――(編集M)川勝知事、勝俣さん、オレンチェさん、ふじっぴー、ご協力ありがとうございました。紹介していただいたおすすめスポットに行けば、静岡県をエンジョイできること間違いなしですね!

静岡県に行きたくなってきたあなたへ、便利な情報そろえました

                    

皆さん、どんどん静岡県に行きたくなってきたのでは? そこで、観光に役立つよりすぐりの情報をご紹介。

1.今すぐ静岡県の宿泊先を探す

1.今すぐ静岡県の宿泊先を探す

Yahoo!トラベル

思い立ったが吉日! 静岡県のすてきなホテル・宿泊先をさっそくチェックしよう。

2.口コミ数の多い静岡県の飲食店ランキング

2.口コミ数の多い静岡県の飲食店ランキング

Yahoo!ロコ

せっかく静岡県に行くなら、美味しいグルメを堪能したい。みんなの口コミを見てみよう。

3.静岡県の飲食店を事前予約

3.静岡県の飲食店を事前予約

Yahoo!予約 飲食店

予約をしておけばお店で並ぶ・待つこともなし。旅行の時間を有効活用しよう。

4.静岡県の天気を調べる

4.静岡県の天気を調べる

Yahoo!天気・災害

服装や持ち物を決めるのに重要なお天気は、ここから確認を。

5.静岡県を舞台にしたあの名作で静岡県について予習

5.静岡県を舞台にしたあの名作で静岡県について予習

Yahoo!ブックストア

静岡県を舞台に愉快な日常が繰り広げられる「ちびまる子ちゃん」はこちらからチェック!

静岡県についてもっともっと知りたくなったあなたに

                    

全国での検索のうち、静岡県内から検索された割合が高いもの(その地域に根差した検索ワード)を編集部でピックアップしてみました。

静岡県に根付く地銀「静岡銀行」
静岡県民の暮らしに欠かせない存在であることがわかりますね!

日本の中でも一二を争うほどサッカーが盛んな静岡県。そんな静岡県の静岡市をホームタウンとするプロサッカークラブ「清水エスパルス」だ。

2位もプロサッカークラブがランクイン!
静岡県磐田市をホームタウンとする「ジュビロ磐田」の“ジュビロ”は歓喜という意味だそう。

対象期間:2017年1月1日~31日


編集後記/朝ごはんはマグロたっぷりの海鮮丼、お昼ごはんは大盛りの富士宮やきそば、静岡茶スイーツをちょっとつまんだら、イチゴ狩りでイチゴをたらふく食べる。夜は静岡おでんのハシゴ旅! なんて、ついつい妄想。一日中食べ歩く静岡旅行に今すぐ行きたくなりました♪(編集M)

©アフロ
取材・文=Yahoo!ライフマガジン編集部 

\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES