口の中でとける「ふわふわパンケーキ」? 人気ブロガー推薦の店

特集

甘い誘惑…パンケーキ最前線2017

2017/02/21

口の中でとける「ふわふわパンケーキ」? 人気ブロガー推薦の店

食べたパンケーキは1000種以上、週に3日はパンケーキを食べ歩き、週末の3軒ハシゴは当たり前のブロガー「たっちゃんずパンケーキ部」の二人が、2017年の最新パンケーキ事情を対談。折しも取材日は、部長がシンガポールへ移住する直前。日本のパンケーキの行く末や、いかに?

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

【今回お話を伺うのは】

おまる部長

おまる部長

たっちゃんずパンケーキ部・部長

もんちゃん

もんちゃん

たっちゃんずパンケーキ部・メンバー

マイナーな情報を発掘する
あくなき情熱とテクニック

大好きなパンケーキの登場に顔を輝かせるおまる部長(写真右)と、もんちゃん(左)

——「たっちゃんずパンケーキ部」は、月間最高アクセス数150万PVを誇るパンケーキ好きの間では大変有名なブログです。スタートしたのは5年前の2012年1月。ちょうど、パンケーキブームが東京に吹き荒れた頃でしょうか?

おまる部長
おまる部長
『ビルズ(bills)』『エッグスンシングス(Eggs n Things)』など、パンケーキを一気にメジャー化したお店が日本に上陸した後、爆発的にパンケーキブームが着火する少しだけ前に私たちもブログをスタートしました。そこから1年くらいかけて、みなさんにようやく記事を読んでいただけるようになりました。もともとパンケーキが大好きで始めたんですが、今思えばベストなタイミングでしたね!」

——今はどれくらいの頻度で食べ歩いてます?

もんちゃん
もんちゃん
「週3、4日くらいかな。私は会社勤めをしているので仕事後と、土日に3、4軒はハシゴしています(笑)」

——ブログに掲載している新店情報は、どうやって入手しているんですか?

もんちゃん
もんちゃん
「数年前は、本当に『パンケーキ始めました』というワードでネット検索で探していたよね? ただ、そうすると有名店の情報しか出てこないので、もっとマニアックな情報が欲しくなって……」
おまる部長
おまる部長
「カフェメニューを片っ端から検索するようになったんです! 最近だとInstagramでも周辺のお店情報を検索できるから、まずはカフェのハッシュタグで調べて、そこでヒットしたカフェメニューの写真を細かく見ていく。『あれ、ここに写ってるの、パンケーキじゃない!?』なんて、偶然のパンケーキとの出会いに一喜一憂。やっぱり、みんなが知っているものじゃなくて、マイナーなパンケーキ情報を自分たちで発掘したいのです!」
「こんなにたくさんのパンケーキに同時に囲まれることないから幸せ〜‼︎」

2017年に推したい
パンケーキのトレンドは?

——パンケーキ人気はすでに定番化しているように思いますが、今年、お二人が気になるトレンドがあれば教えてください。

もんちゃん
もんちゃん
「やっぱり、Instagramの影響は大きくて。がぜん、インスタ映えするフォトジェニックなパンケーキが増えてきていますね。具体的に言うと、立体的で厚みのある、ふわっふわ生地のパンケーキが、今一番のトレンド!」
ケーキなどの洋菓子はカットした後に、撮り方の応用を効かせるのはなかなか難しいが、パンケーキは切った断面が面白かったり、湯気が出たり、パンケーキを重ねたりすることで、いろいろ楽しめる点が魅力だそう
おまる部長
おまる部長
「それこそ、パンケーキブームの最初の頃ってアメリカとかオーストラリアから上陸したものがヒットの起爆剤だったじゃないですか。その後、いったん人気は落ち着きかけたかと思いきや、今また、大阪発の『幸せのパンケーキ』という、最高にふわっふわ生地のパンケーキが自慢のお店が東京・表参道にやってきたのを機に、パンケーキブームが完全に再燃しました!」
「幸せのパンケーキ」(1100円・税別)。2014年に関西の雑誌で取材した際、あまりのおいしさに大感動したおまる部長は、「絶対東京に来てください」と社長さんに思わず懇願した
もんちゃん
もんちゃん
「『幸せのパンケーキ』は、常に朝から行列している印象ですが、最近は都内の店舗数も増えたので、以前と比べると平日はわりと予約が取りやすくなったみたい」
おまる部長
おまる部長
「わざわざ並んでも食べる価値があるんですよ! 大阪にはもともと、『幸せのパンケーキ』以外にも、ふわふわパンケーキを提供するお店が多かったんですが、今はほぼすべてのお店が、多分、東京に来たよね?」
もんちゃん
もんちゃん
「来たと思います!」
いつもパンケーキをカットしたり、メイプルシロップを垂らしたりと演出して撮影する二人。「早くパンケーキを食べたいけれど、ブロガーは、食べる前にこそ、やることがいっぱい(笑)」(もんちゃん)
「でも、食べるのは一瞬!」(おまる部長)。1枚5分もあればたいらげる猪突猛進っぷりは、本当に体育会系の“部活動”みたい!
おまる部長
おまる部長
「いろんなお店がふわふわパンケーキを作っていますが、不思議とその魅力は『ふわふわ』の一言ではとても言い表せなくて。お店によって味も食感もまったく違うよね! 口に入れた瞬間に消えちゃったり、ふわふわの中にも食べ応えがあったり、プルプルと横揺れしたり。萌えます」
もんちゃん
もんちゃん
「本当に各店舗さんが独自にいろいろ開発されてるんだな、っていうのが食べると実感できるんです。それくらいすべてが個性的」
Yahoo!ロコ幸せのパンケーキ 表参道店
住所
東京都渋谷区神宮前4-9-3 清原ビルB1

地図を見る

アクセス
表参道駅[A2]から徒歩約2分
明治神宮前駅[エレベータ]から徒歩約7分
外苑前駅[3]から徒歩約9分
電話
03-3746-8888
営業時間
●パーティータイム パーティーでご利用の場合 年中無休(365 日)10:00~23:00 までの間で素敵なサービスをセットアップさせて頂きます。 結婚式の二次会、同窓会、何でもご相談ください。 ●カフェタイム(通常営業) 火~日 AM 11:00~PM 20:00(LO : 19:30)
定休日
パーティーでご利用の場合 年中無休(365 日) 通常営業は月曜定休とさせていただきます。
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

——「幸せのパンケーキ」以外に、一押しの「ふわふわパンケーキ」があれば教えてください。

おまる部長
おまる部長
原宿の『Workingholiday Connection(ワーキングホリデー コネクション)』のパンケーキですね! 食感を例えるなら、ふわシュワ。いや、もはやシュワシュワ!?」
もんちゃん
もんちゃん
「溶けますね。食べた瞬間に口の中で消えてなくなる感じ!」
「Workingholiday Connection」の「ORIGINAL MANLY PANCAKE(オリジナル マンリー パンケーキ)」(1000円)
Yahoo!ロコワーキングホリデー コネクション カフェ
住所
東京都渋谷区神宮前4-31-10 2F

地図を見る

アクセス
明治神宮前駅[エレベータ]から徒歩約1分
原宿駅[表参道口]から徒歩約5分
表参道駅[A2]から徒歩約7分
電話
03-6434-0359
営業時間
[日~木]11:00~20:00 (L.O19:00)[金・土]11:00~21:00 (L.O20:00)
定休日
不定休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

もんちゃん
もんちゃん
自由が丘のスフレパンケーキ専門店『FLIPPER S(フリッパーズ)』のパンケーキもとても繊細! まずお店で店員さんがナイフをくれないんですよ。ナイフの重みでつぶれてしまうほど生地がやわらかいから……!」
おまる部長
おまる部長
両手にフォークを持って口に運ぶのがこのお店ならではの食べ方なの!」
もんちゃん
もんちゃん
「口溶けのいいエアリーな食感であるのにも関わらず、食べ終わったらなぜかちゃんとおなかいっぱいになってるところが、スフレとは違うんだよね(うっとり)」
「FLIPPER S」の「奇跡のパンケーキ」(1000円)
Yahoo!ロコFLIPPER'S 自由が丘店
住所
目黒区自由が丘1-8-7 3F

地図を見る

アクセス
自由が丘駅[南口]から徒歩約1分
奥沢駅[出口1]から徒歩約6分
九品仏駅[出口]から徒歩約10分
電話
03-5731-1185
営業時間
月~土 11:00~21:00日・祝日 11:00~20:30
定休日
元旦以外営業
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

——やっぱり、パンケーキブロガーさんの腕を持ってしても、ふわふわパンケーキを撮影するのは至難の業なのですか?

もんちゃん
もんちゃん
「はい。とにかく出来たてを撮影しなきゃなんで、運ばれてくる気配を感じたら会話を止めて即刻撮影態勢に入ります(笑)」

——とにかくパンケーキを食べまくっているお二人が「ここは!」と感動したお店を教えてください!

もんちゃん
もんちゃん
「2016年の12月にできたばかりの新店、表参道にある裏参道ガーデンの中にある『Riz Labo Kitchen(リズ ラボ キッチン)』かな! 米粉協会の方が焼いてくださるグルテンフリーのパンケーキなんですけど米粉を使ってあんなにふわっふわな生地ができるんだ!?ってことが衝撃で。私たち、小麦粉ばかり食べてるんで、単純に小麦粉摂取量が軽減されるのがまずうれしいよね(笑)」
「Riz Labo Kitchen」の「パンケーキ」(1100円 ※セット価格、パンケーキはセットのみの取り扱い)は、米粉を100%使用し、腸内環境の改善にも効果的と言われているグルテンフリー
おまる部長
おまる部長
「米粉を使ってるお店って結構あるんですけど、100%米粉を使っているお店はそこまでないんだよね」

Riz Labo Kitchen(リズ ラボ キッチン)
住所:東京都渋谷区神宮前4-15-2 裏参道ガーデン1階
電話番号:非公開
営業時間:11:00~17:00(L.O.15:30)
定休日:月曜・火曜

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

——おまる部長の推し店は?

おまる部長
おまる部長
「2016年大阪から東京・代官山に初上陸した『VERY FANCY loves ANNTEANA(ベリーファンシー・ラブズ・アンティーナ)』です。こちらも、今大ブームのふわふわ生地なのですが、他店が基本的にスイーツ系メニュー中心のなかで、ふわふわ生地のお食事系メニューが充実しているのは、パンケーキ・フリークにとって、なんともありがたい存在!」
ふわふわパンケーキの上にベーコンをサンドし、濃厚チーズソースをたっぷりかけた「VERY FANCY loves ANNTEANA」の「Cheese&Egg」(1250円)
もんちゃん
もんちゃん
「わかる〜。パンケーキがほぼ主食、晩御飯として食べることも多い私たちにとって、ふわふわ食感を食事系パンケーキでも堪能できるって、もう最高すぎます!」
実際に二人が食べに行った際に撮影した、ふわとろ写真
Yahoo!ロコVERY FANCY loves ANNTEANA
住所
渋谷区代官山町12-16 シンフォニー代官山 102

地図を見る

アクセス
代官山駅[北口]から徒歩約3分
恵比寿駅[2]から徒歩約8分
渋谷駅[JR専用新南口]から徒歩約9分
電話
03-6455-0957
営業時間
10:00-20:00(L.O. 19:30)
定休日
不定休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

——今回の取材で訪れている「ザ・フレンチトーストファクトリー ヨドバシAkiba店」もお二人のお気に入りなんですよね?

立地は秋葉原駅徒歩1分の場所に建つヨドバシAkibaの8階。フレンチトースト専門店だが、パンケーキの種類も豊富で味に定評がある。店内はパンケーキ女子でいっぱい!
おまる部長
おまる部長
クローズ時間が23時と遅いのもうれしいよね! 人気のパンケーキ屋さんだと、やっぱり休日は混雑しているんですが、夜は平日、休日ともに比較的落ち着いているから、なるべく遅く行って、パンケーキディナーを楽しむのがパンケーキマスター!」
おまる部長一番お気に入りの「マカデミアナッツクリームパンケーキ」(1100円)。北海道純生クリームを使用した濃厚ミルククリームと、香ばしいマカデミアナッツの優しい味わい
もんちゃん
もんちゃん
「はい、やっぱり、このゴージャスな見た目とブームのふわふわ生地、そして定期的に発表される創作的な季節のメニューがたまりません!」
「ストロベリー パンケーキ」(1250円)。たっぷりのフレッシュイチゴと北海道産生クリームがのった、イチゴ好きにはたまらない一皿
パープルのブルーベリーが食欲をそそる「ブルーベリーパンケーキ」(1200円)。中には、ヨーグルトソースがたっぷり挟まれている
「シフォンパンケーキ」(950円)。焼きたてふわふわパンケーキの上には、北海道産生乳100%の純生クリームが、こぼれおちんほどたっぷり! 

シンガポール移住直前に語る
パンケーキの行く末

ーーところで、おまる部長は海外に移住をされるそうですね?

おまる部長
おまる部長
「夫がシンガポールにある会社に転職することになり、それについて私も2017年2月1日に移住することになったのです」

——って、取材日の2日後じゃないですか!! シンガポールにはパンケーキはあるんですか?

おまる部長
おまる部長
「それが、あるんですよ〜(笑)」

——じゃあ「たっちゃんずパンケーキ部」海外進出ですね。その直前にあえて聞きたい。これからの日本のパンケーキの未来は、どうなると思いますか?

おまる部長
おまる部長
「そうですねぇ……、私ももんちゃんも、日本だけじゃなく、海外に行くたびに現地のパンケーキをたくさん食べ歩いてきました。だからこそ言いたいのは、パンケーキはもともとは海外のグルメカルチャーだったと思うんですけど、今は日本独自の文化として進化し、世界のどの国よりも盛り上がっているということ。海外では日本ほど専門店はないし、日本のパンケーキメニューの豊富さはダントツ!
ブログを始めて5年間、パンケーキをずっと一緒に食べてきた二人
おまる部長
おまる部長
「特に、四季のはっきりした日本では、季節のメニューが百花繚乱で。箱(お店)ではなくメニュー単体を目的にお店に足を運ぶ現象が起きています。だから、これからもどんどん個性的なパンケーキが登場して、日本人を魅了し続けてくれるはずだと信じています」
もんちゃん
もんちゃん
「ホント、そう! 私としては、いつも食べ歩いていたおまる部長が日本にいなくなるのはすごく寂しいけど、新しくシンガポールに海外進出できるんだとポジティブに捉えているよ。日本ならではのパンケーキを、それこそシンガポールから世界に向けて発信していけたらいいね! 月替わりで、日本式パンケーキを作るお店を作ったら流行しそう!」
これからの「たっちゃんずパンケーキ部」の国際化に期待!
おまる部長
おまる部長
「夢は膨らむね〜!」
もんちゃん
もんちゃん
パンケーキは裏切らない。例え離れた国に暮らしていても、パンケーキを好きな気持ちがある限り、会えばすぐにまたいつも通りの仲に戻って、カメラを構えられる!」
おまる部長
おまる部長
「私も、同じ気持ちでいます」

構成・文=城リユア(mogShore) 撮影=斎藤ジン


\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES