読めばメキシコ料理が食べたくなる。IVANがその魅力を語る

読めばメキシコ料理が食べたくなる。IVANがその魅力を語る

2020/09/08

家での食事や自炊が多くなったいま、おすすめしたいのがタコスやブリトーといった手軽に食べられるメキシコ料理。そこでメキシコにルーツがあるモデル・IVAN(アイヴァン)さんに、本場らしい楽しみかた&手軽なレシピなどもうかがいました。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

メキシコにルーツがあるモデル・IVANに、本場メキシカンの楽しみかたを聞きました。

日本ではテイクアウトフードとしても人気かつ、種類も豊富なメキシコ料理。その魅力を、メキシコ人の母を持つIVANさんにうかがいます

家での食事時間が多くなったいま、編集部はメキシコ料理に改めて注目。日本ではタコスやブリトーなどがテイクアウトフードとしても親しまれていますが、おうちでの楽しみかたも無限大なんです。そこで改めて、メキシコにルーツがあるモデル・IVANさんに本場らしい楽しみかたとその魅力を教えてもらいました。

みなさんはメキシコ料理と聞いて、何をイメージしますか? テーマにちなみ、本日はシドニー発のメキシカンダイナー「Guzman y Gomez」(グズマン イー ゴメズ、以下GYG)でインタビュー
IVAN(アイヴァン)

IVAN(アイヴァン)

女優・モデル・タレント

「メキシコ料理って、すごく楽しいんですよ! 味やバリエーション、色味など、作っても食べても楽しい! 私もそうですが、メキシコ人のアイデンティティがとても詰まっていると思う」とIVANさん。

本日は本場のメキシカンフードについての話をはじめ、手軽にできるおすすめレシピ、モデルとしての深い話まで…ハッピーでわくわくが止まらないトークタイムをどうぞ
IVANさん
IVANさん
「私は日本で育ちましたが、母は生粋のメキシコ人なので、家では和食よりもメキシコ料理のほうが多かったですね。だから私にとっては、メキシカン=家庭の味なんです」

今夜はメキシカンが食べたくなる…IVANさんがその魅力を語り尽くす!
【1】本場のメキシコ料理とは
【2】これが本場の食べかただ!
【3】手放せないスパイス&簡単10分レシピ

【1】本場のメキシコ料理とは

オーダーした「タコス」(2ピース880円、税込)。GYGではソフトなフラワートルティーヤorアメリカ発のカリッとしたハードを選べます。ソフト+メイン具材はチキンに(テリヤキチキンとフィッシュの全3種)

はじめに「メキシコ料理って、365日違うメニューが作れるくらい種類が豊富なの!」とIVANさん。そ、そんなにメニューが多いんですね!

--日本でよく知られている料理といえば「タコス」や「ブリトー」でしょうか

IVANさん
IVANさん
「うんうん。メキシコではそれぞれ各家庭の味があるんですよ」

--IVANさんの家庭の味は、どんな味?

IVANさん
IVANさん
「私のママはライムをたくさん使う人でした。日本はレモンを使う料理が多いんですけど、メキシコはレモンのほうが高価でライムがすごく安い。“アグア”と呼ばれるライムジュースやライムティーも、市場で買ってよく作っていましたね」

--おいしそうですね!

IVANさん
IVANさん
「タコスやブリトーに使われているトルティーヤも、メキシコの家庭では粉から作ります。日本はスーパーに行けば買えるけれど、うちではママが手作りしていて。友達がご飯を食べにくると、本格的すぎて『え、ここお店なの!?』って言われていましたね(笑)」
トルティーヤとは…メキシコ料理に欠かせない主食である、薄焼きのパン。タコスやブリトーを包んでいるあのパンです!

--トルティーヤから手作り!

IVANさん
IVANさん
「そうそう。とうもろこし粉で作るコーントルティーヤです。アメリカや日本では小麦粉によるフラワートルティーヤが主流ですが、メキシコで主に食べられているのはコーンのほう!」

「タコス=ご飯(米)」!

「メキシコのタコスって、日本でいうご飯(お米)のような位置づけなんですよ」とIVANさん
IVANさん
IVANさん
「いわゆる主食だから、食卓にはおかずが一緒に並びます。おかずを食べながらシンプルなタコスを一緒に食べるイメージかな? だから本場のタコスは、日本で広く食べられているものの半分くらいの大きさなんですよね」

--まさにお米のような食べかたですね!

IVANさん
IVANさん
「メキシコの家庭では朝昼晩出ます。タコスをタレに漬けたエンチラーダという料理など、調理法を変えながらさまざまに食べられていますね。お米料理といってもピラフやチャーハン、お寿司と、いろいろあるでしょ。それと同じ!」

【2】これが本場の食べかただ!

話していると、オーダーしていたタコスができあがりました! 追加でベジタブル+ワカモレ(100円、税込)も注文
IVANさん
IVANさん
「日本でも人気なワカモレは、おしんこに近いイメージ。ワカモレも家庭で作りかたが全然違って。例えばトマトやパクチーが入っていたり、マッシュルームを入れて食感を出してみたりとか。いろいろアレンジしてみるとおもしろい」

と、ここで「本場ではこんな感じで食べます!」と見せてくださいました。

「タコスには、こんな風にわぁっと好きなだけ入れます。さらにチレ(唐辛子)で辛さを調整する」(IVANさん)
IVANさん
IVANさん
「メキシコ人は手を汚してなんぼ! みたいなところがあって。お店で食べるときもフォークはぜったい付いてこない(笑)! メキシコの人って子供のころから食べ慣れているから、みなさん片手で綺麗に食べるんですよね」
「こうやって、がぶっと食べる!」と、豪快な食べっぷりを見せてくれました。「このまま具材が落ちるのもお構いなしに食べます。うん、おいしい!」(IVANさん)

--ここ「GYG」をはじめ、いまは日本でもメキシカンが広く親しまれています

IVANさん
IVANさん
「いろんなお店がありますが、日本人の舌にあわせて作っているところが多いですね。味わいも優しくて、具材のチョイスも日本人に合っていると思う。例えばブリトーなら、日本ではお米入りのものが主流だけれど、メキシコでは入っていないレシピも多かったりします」
GYGのシグネチャー「ブリトー」(680円、税込)もオーダーしました。こちらもタコス同様、メインの具材を選ぶなどのカスタムが楽しめますよ!
「GYGさんもそうですが、日本にあるメキシコ料理店はとってもおしゃれ! こんなに清潔感があってしゃれたお店、現地でなかなか見られない。以前ママが帰って来たときも驚いていました(笑)」とIVANさん
IVANさん
IVANさん
「本場らしいメキシコ料理店もありますが、GYGさんのようなオーストラリアからの上陸店や日本ナイズされたお店が増えることで、より親しまれるようになったんじゃないかな。インドのカレーと日本のカレーがあるのと同じ感じで

--メキシコのお店はどんな雰囲気?

IVANさん
IVANさん
「レストランもあるけれど、駅前なんかに屋台がばぁーっと出ていて。朝はそこでタコスとフレッシュフルーツを食べてから仕事に行くのが日常の光景です。子供のころよく遊びに行っていたから、私はその印象が強いですね」

--本場の味の特徴は?

IVANさん
IVANさん
「本場のメキシカンは結構辛い! 舌が痛くなるような辛さというか

【3】手放せないスパイス&簡単10分レシピ

ここで改めて「メキシコ料理は作るのも楽しいんですよね」とIVANさん。メキシカンは食べても作っても楽しい! 

--おうちでメキシコ料理を作るとき、外せない材料はありますか

IVANさん
IVANさん
「必ず入っている食材といえば、パクチーかな? これがあるだけで本格的な味になりますね。あとアボカドとトマトがあったら、5品は作れるかも」

さらに「メキシコ料理って、お肉などのもとの具材はシンプルな味付けなんですよ。ビーフは塩胡椒のみで仕立てて、そこにサルサやお野菜、チーズが加わるとメキシカンらしくなる」と続けます。

「ソースやスパイスもバリエーション豊かですよ。うちにもメキシコでしか売っていないソースなど、いろいろ常備しています」(IVANさん)

--日本でも手に入るおすすめは?

IVANさん
IVANさん
タジン! この調味料が1本あるだけで、ぐっと本場の味に近づきます。メキシコ人って酸っぱ辛いものが好きなんですが、タジンはまさに酸っぱ辛いふりかけみたいなスパイス。フルーツ、お肉など何にでも合うから、現地だとスイカやマンゴーにかけて食べたりもするかな。一家に1本、これはおすすめ」

--普段よく作るメニューを教えてください!

IVANさん
IVANさん
「朝ごはんによく作るのは、トルティーヤにチーズとハムを入れてフライパンで焼いたもの。シンプルですが、めちゃめちゃ絶品で! あともう1つ、ベーコンと卵を合わせたスクランブルエッグをトルティーヤに挟んで、これも焦げ目が付くくらいに両側を焼きます。それに市販のピザソースとチーズをかけるだけで、とってもおいしいの!」
「どちらも簡単でおいしいんですよ〜。フラワートルティーヤはスーパーで買えるし、手軽にできますよ! ピザトースト感覚で好きな具を入れて食べてみて」(IVANさん)
IVANさん
IVANさん
「メキシコ料理って、この食材も合いそう、あれもおいしいかも!と、作っているうちに追求したくなってくるの。特にタコスは、具材を考えながら作ってみるのが楽しい。そんな自由さも魅力です

最後に、「いずれは母を日本に呼んで、本格的なメキシコ料理店を出したいなと考えています。そのときはみなさんに食べにきてほしいな」と、夢を語ってくださいました。現在もモデル・女優としてさまざまなチャレンジをしている彼女ですが、9月8日(火)22:50放送の特集番組『思考のジャムセッション あなたならどう解く?』(NHK Eテレ)では、初めてのMCにも挑戦するそう!

さまざまな分野の専門家4人が1つのテーマを語り尽くす同番組。せっかくなので、その収録についてもうかがいました。「初MCは緊張しましたが、こんな考えかたがあるんだ! と私自身もすごく楽しめましたね」
IVANさん
IVANさん
「お題は『コロナ太りと分かっているのに食べてしまうワケ』。ひとつの答えを出すために話し合うのではなく、その『分かっちゃいるのにやめられない』理由を各分野の専門家さんがそれぞれの視点で解いていきます」
登場するのは理論物理学、哲学、霊長類心理学、知能ロボティクスの専門家。「いろんな視点から語るので、答えが出るか出ないか分からない。プロフェッショナルのセッションを楽しんで」(IVANさん)©︎NHK

--分かっているのにやめられない、そんなときIVANさんはどうしていますか?

IVANさん
IVANさん
私は仕事がストッパーになっていますね。みなさんに求められていることをお返ししなきゃいけないし『ここで我慢しなきゃ服、着られないな!』、『インスタ加工したくないな』って思うでんすよ。食べるのが好きで太りやすい体質だから、お仕事がなかったらいまごろ180kgくらいの巨漢になっているはず(笑)」

IVANが譲れない「プロフェッショナルとしての基準」

深く楽しいメキシカントークが終了。今夜はもちろんメキシコ料理!
IVANさん
IVANさん
「インスタの加工は特に自分のプロフェッショナルな基準に反しているから、し始めたら終わり。生で会って、インスタで見たらめちゃめちゃ綺麗なのに…すごい巨漢! って感じられたら嫌でしょ(笑)。そこはブレたくないですね

あふれるオーラと美しさに、現場がパッと明るくなったインタビュー。そんなナチュラルな魅力は、揺るがない信念とその努力があるからこそ。メキシコ料理店オープンの暁には、最高の一皿を届けてくれるのではないでしょうか。

取材・文=金城和子、撮影=伊原正浩

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載