福岡・薬院に登場!ヘルシーなスープトラックがOLに大人気

福岡・薬院に登場!ヘルシーなスープトラックがOLに大人気

2020/10/02

福岡のネオ立ち飲み店の草分けとして知られる「MEGUSTA(メグスタ)」グループ。その運営会社が新型コロナの影響をうけ、新業態「SOUP TRUCK(スープトラック)」に進出。8月1日にオープンし、話題を集めているその詳細を紹介しよう。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

「withコロナ時代」に向けて食べるスープをオフィス街で販売

8月1日、西鉄薬院駅北口近くのオフィス街にオープンしたのは、スープをメインにした「SOUP TRUCK」。福岡の立ち飲みブームに火を付けた企業が飲食店の新しいスタイルとして始めた店だ。

薬院駅北口を出てすぐの交差点の向かい側にある。福岡天神医療リハビリ専門学校がある敷地の一角で、移動販売用のトラックを使用

\この人に聞きました!/

運営会社Thinkingforの代表落水研仁さん
代表の落水さん
代表の落水さん
「うちが手掛けてきたお店は立ち飲みなので、三密に一番該当する業態。春には、コロナの影響で厳しく感じるようになりました。僕は最初から今の状況は半年から1年くらい続くだろうなと思っていて、まずお弁当のテイクアウトを始め、何をするか決めてなかったですけど、とりあえずトラックを探したらちょうど見つかったんです。今年の2月、日比谷にお店を出したばかりで、ランチでスープとサバサンドを提供して、それがOLさんたちに好評だったのです。福岡はリモートワークがそこまで多くないし、東京のようにオフィスのランチ需要に特化してやってみようかと」

具だくさんの食べるスープが3種類

提供するのは、スープ3種とサイドメニュー、ドリンクなど。好きなスープを選んで、サラダや鯖サンドなどと組み合わせるスタイルだ。スープの組み合わせかセットがおすすめ。注文方法をチェックしよう。

お客さんはボードを見て注文内容を決定
スタッフに料金を支払い番号札をもらう
密にならないように間隔をあけるようにしよう
注文内容をトラックの中のスタッフに伝達し商品を用意する

健康志向の女性客向けに野菜をふんだんに使用

トラックには使われている野菜が明記してあるので参考に

スープは日替わりが1種、週替わりを2種用意。オフィス街の女性客をターゲットに、ヘルシーを全面に押し出したメニューが人気。すべてのスープで野菜を100g以上入れるとルールを決めて調理している。ランチで健康に気を使ったお店があまりない中で、そこにフィーチャーした貴重なお店だ。

撮影時の日替わりスープは「海老と豆腐と卵白のスープ」(450円)
代表の落水さん
代表の落水さん
「エビをたたいて小さくしているので、食べやすいスープです」
撮影時の週替わりスープ「マンハッタンクラムチャウダー」(450円)
代表の落水さん
代表の落水さん
「クラムチャウダーといえば普通は白い色ですが、トマトベースにして作りました。魚介と野菜がたっぷり入っておすすめです」
撮影時の週替わりスープ「鶏肉と彩り野菜のカレースープ」(450円)
代表の落水さん
代表の落水さん
「作る種類によっても違いますが、カレーはしっかりとスパイスを効かせたものを作っています。これは具が大きいのが特色で、スープに溶けてる分もあるので野菜をしっかりとたくさん取れます
「スーパーサラダBOXとスープ1品とのセット」(980円)。キヌアなどスーパーフードといわれるナッツ系が別の袋に入っており、サラダだけ購入される方も多い。スーパーサラダBOX単品は700円
代表の落水さん
代表の落水さん
20品目の食材を使ったサラダで、総量は300g以上入っています。成人の野菜の目安が1日350gといわれていて、スープと合わせて食べると400gになるので、それを超えた量が一食で摂取できます。コンビニエンスストアでもそこまで多いのはなかなかないので、飲食店で提供したいなと。飽きがこないオリーブオイルレモンベースのシンプルな味付けです」
「鯖レモンサンドとスープ1品とのセット」(880円)。鯖レモンサンド単品は600円
代表の落水さん
代表の落水さん
「ヘルシーで栄養価も高いのが特色です。パン屋さんにお願いしているオリジナルのパンズにはゴマが付いていて、見た目もこだわって作っています。お好みでレモンをギュッと絞るとさらにおいしく食べられます
鯖レモンサンドはトラックで盛りつけて提供
代表の落水さん
代表の落水さん
「商品自体は店舗で作っているので安心です。トラックでは組み立てて、注いだり渡すだけです。サラダもお弁当として作ったものを売っています」
「十六穀米」(大盛り100円)、「スープ特製パン」(200円)、ともにスープ1品とのセットは580円
代表の落水さん
代表の落水さん
「十六穀米は低カロリーで、健康に気を使う方にぴったりです。パンもオリジナルでスープに合うようにプレーンな感じ。少し甘みを強めにしています」

オフィスで栄養価の高いスープを堪能し免疫力アップ

「夏の間はオフィスが冷房中の方が多く、持ち帰ってオフィスで食べている方が多かったみたいです」と落水さん。だんだんと涼しくなってきたので、あったかいスープを求める方は今後も徐々に増えていくと予想している。

切れ込みで縦に伸びる網バッグはスープを持ち帰るのに便利な優れもの
テイクアウトの準備ができたら番号札と引き換える
環境に配慮してマイスプーン&マイフォーク、マイバッグなどを推奨。マイスープジャーまたはマイマグを持参するとスープ30円引き
ランチタイムには待つ人で行列ができるほど
代表の落水さん
代表の落水さん
野菜をたくさん使って、免疫力をアップするのがコンセプト。コロナに関しては免疫力って繰り返し言われていたので、このスープトラックはそういったところでも時代とマッチすると思います。サラダも最初は提供してなかったのですが、もっとストイックに炭水化物も取らないくらいの方がいいと、どんどんブラッシュアップした感じです」

毎日スープだとお客さんが飽きるかもしれないので、週に3日は「SOUP TRUCK」が販売して、もう半分の日は他のお店に別のものを売ってもらうことも想定し、コーヒー店などに話をしているそう。

「まずトラックを認知してもらって、今後どう展開するかを考えていきたいと思っています。立ち飲みに関して、その文化を福岡に広げていきたいなという思いがまだまだ強いので、ここも夜はスタンドバーにしています。福岡の人は、屋台に行き慣れてるので親しみやすいと思うし、そこは諦めていないんです(笑)。目指すは“”フードトラック”と“博多の屋台文化”の融合。ビアガーデンみたいな感じで、ドリンクを主体にして簡単なおつまみと提供しています。月~金で17時から23時くらいまでやっています」と落水さん。昼間のスープはもちろん、オープンスペースの立地を利用した新しいタイプのお酒の楽しみ方もぜひ体験してほしい。

※記事で紹介している料金は、2020年9月30日時点での情報
※掲載されている料金は、すべて税込

取材メモ/正午前くらいからはランチタイムの人で賑わい、人気のメニューは数十分で売り切れることもあるため、インスタグラムで予約販売を行っている。変わっていくスープメニューの情報も確認できるので、お店に行く前に要チェックだ。 

取材・文=シーアール 撮影=福山哲

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載