毎日でも食べられる!だし香る和餃子「生餃子工房いえやす」

毎日でも食べられる!だし香る和餃子「生餃子工房いえやす」

2020/09/20

浜松市南区本郷町にあるお持ち帰り専門の「生餃子工房いえやす」さんをご紹介します。国産食材を使用、化学調味料を使用しないなど、シンプルで毎日でも食べられる餃子を目指されています。

ザザマガジン

ザザマガジン

2種類の出汁を使用しあっさりしつつも旨味がある餃子

店舗外観

お持ち帰り専門の生餃子工房いえやすさん。
シンプルで毎日でも食べられる餃子。
おいしいの笑顔がもらえる餃子。
そんな想いが皆様にお届けできるよう、日々心を込めて仕込んでいらっしゃいます。

店前看板

店頭販売の他にもネットショップで全国発送もされています。
餃子の種類がとても豊富です。

料金

いえやす餃子は野菜たっぷりでだし香る和餃子。
18個500円(税抜)・30個800円(税抜)・40個1,000円(税抜)
げんこつ肉餃子は国産肉100%の旨みが詰まった贅沢な餃子。
18個500円(税抜)・30個800円(税抜)・40個1,000円(税抜)

この他にも種類が豊富にあります。
とろ~りとろけるチーズ餃子。
しその香りが美味しい期間限定のヘルシーなしそ餃子。
プリプリ感のエビ餃子。
夏の限定餃子のニンニクMAXなど季節限定品もありますよ。
色々な味を試すことができますね。

店内
たくさんの種類の餃子が並ぶ

餃子には浜松産ブランド豚肉「夢ポーク」を使用。
夢ポークは、良質な脂を作ることにこだわり、育てられた豚肉です。
餌には動物性原料を一切使用していないため風味が良く、脂には甘味があり、さっぱりとした味わい。
生餃子工房いえやすさんの野菜たっぷりの餃子にはピッタリの豚肉なんです。
野菜はすべて厳選された国産品。

加藤醤油さんとのコラボの餃子のたれ

オリジナルの餃子のたれ。
加藤醤油さんとのコラボで出来上がりました。

お持ち帰りを焼いてみました

この「いえやす餃子」には2種類の出汁が加えられているんだそうです。
あっさりなのに旨みがあるんですよ。

いえやす餃子を食べてみました

包まれた皮はパリッとしていてもっちり!
おいしい〜♪
あっさりしてるけど、どこからか味がしみてくる。
野菜がたっぷり入っていてだしの優しい味わいがほんわか伝わってきます。
皮に使われているのは超高級・餃子皮専用粉なんです!
具材はもちろんスープにもこだわっていらっしゃるんですよ。
昆布(北海道真昆布)と、ムロアジ・カツオの出汁のスープを使った、一番人気の「いえやす餃子」化学調味料は一切使用されていません。
ニンニクは控えめな感じで、味わい深く女性もこれならいくつも食べられそうですよ。
安心へのこだわりがあるから、小さなお子様から、お年寄りまで毎日でも食べられますね!

店長の小林 千加さん

店長の小林 千加さん。
生餃子工房 いえやすさんの餃子は、国産食材を使用、化学調味料を使用しないなど、シンプルで毎日でも食べられる餃子を目指されています。
店長の小林さんが自分の子供に食べさせる為に作っていた餃子が、いつしかお店という形になり多くの人にお届けできるようになりました。
「いつも想いは一つです。自分の子供が食べても大丈夫な安全な餃子。」とおっしゃいます。

 

毎日食べたくなる優しい味わいの餃子です。
お家に持って帰って、焼きたてを味わってみてくださいね。


記/AND

ザザマガジン

ザザマガジン

他の関連記事はこちらから

景色も、味も満喫。ドライブの休憩は「EXPASA浜名湖で」

この記事を書いたライター情報

ザザマガジン

ザザマガジン

ザザマガジンは静岡県の西部、遠州地域の文化と生活アラカルト及び東三河地域と南信州エリア(三遠南信)のホットな話題をお届けしています。

ザザマガジン が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載