犬養裕美子のお墨付き! 美しい器と優しい料理「パロル」

連載

犬養裕美子のアナログレストラン

2017/03/22

犬養裕美子のお墨付き! 美しい器と優しい料理「パロル」

“アナログレストラン”はレストランジャーナリスト犬養裕美子が選ぶ「いい店」。作り手がその場できちんと料理をしていること。小さくても居心地のいい空間とサービス、かつ良心的な値段。つまり人の手、手間をかけた「アナログ」で「アナ場」な店。第23 回は外苑前 だ。

犬養 裕美子

犬養 裕美子

レストランジャーナリスト

シンプルでおしゃれな和食を自然体で出す

なるほど~。感心しながら、ちょっと笑えた。素材は違うのに何皿作っても、面白いように同じ色合いに仕上がる。4品撮影し終えたところで「あら、どれも色が似ちゃったわね」と、さらにもう一品、カキとセロリのスープ仕立てを作って頂いたが、これまた見事に優しい自然の色。「うちの料理って、いつもこうなのよね」、そう笑う桜井莞子さんは今年74歳! 2014年5月に店を出した時も周囲は拍手喝采だったが、3年後の今もますます快調!

店内はシンプルなインテリア。木のカウンター6席、アルミの点板のテーブル10席

「1年目はなかなか仕事の段取りがつかめなくて大変だったけど、今は慣れたから。ただ、ランチはやめて無理はしないことにしたの」

桜井さんがお店を出すのは、これで2度目。そもそも、彼女は日本のフードスタイリストの草分け。1988年にそれまで日本になかったケータリングの会社を立ち上げ、さまざまな企業のパーティや商品企画に携わってきた。94年には西麻布に「パロル」をオープンさせ大人気店に。その後、伊豆高原に転居して料理教室を始めたが、「やっぱり、食べ物やの方が自分には合っていると思って」2014年5月に現在の場所に復活した。

ていねいにとった出汁で素材を活かす家庭料理。そこに少しだけ柚子胡椒、アンチョビ、豆板醤、チーズなどアクセントとなる調味料を使う。懐かしいのに新しい味だ。桜井さんのレシピにはそんな魅力にあふれ出る。毎日、季節の野菜を取り入れたおばんざいを5種類ほど用意し、あとは一品料理で魚、肉、野菜、〆のご飯などの定番が並ぶ。

大皿も白一色。その日のおばんざいが5~6種類カウンターの上に並ぶ

「ズズズのサラダ」1000円(オクラや大和いもなどトロトロになったサラダ)、「豆あじの素揚げ」1300円、「牛の味噌漬け」2100円、「ゴルゴンゾーラ入りオムレツ」1300円など、どれもヒットメニューだけど、何といっても欠かすことができないのが日替わりのポテトサラダ800円だ。リクエストの多い“お肉屋さんのポテトサラダ”(玉ネギ、ベーコン、和からし、キュウリ、卵)をはじめ人気メニューは繰り返し登場する。毎日食べても飽きない、まさにスーパー家庭料理と言えよう。

毎日、仕込みその日の分を売り切る。「最近は料理を少な目に仕込んで、無駄を出さないように。やはり食品の廃棄の問題を考えるようになりました」。メニューはコース4500円、5800円とアラカルトあり
新たまねぎと豚肉の煮物800円。甘くてやわらかい新たまねぎには、豚の甘味がよくあう
鯛の桜蒸し1100円。塩漬けにした桜の葉の香りをつけた鯛。春が香る上品な魚料理
ポテトサラダ800円。この日はもっともポピュラーで人気がある“お肉屋さんのポテトサラダ”。玉ネギ、キュウリ、カリカリにしたベーコン、和辛子でピリリと辛味を利かせた一品。刻んだ茹で卵をたっぷり入れること
おから800円。だしと酢を利かせたシンプルなおから。酢の味が印象的
カキとセロリのスープ仕立て1100円。ぷっくり大きなカキに、シャキシャキ感を残したセロリ。食感と香りがポイントのスープ

料理だけじゃない「パロル」の魅力は“人引力”

なんども通いたくなる理由は、メニューを見ただけで食べたくなる魅力的な料理はもちろんだけど、同じくらい大切な理由がある。店で使う器はほとんど黒田泰蔵氏の作品なのだ。料理をそっと包み込むやわらかい色合い、エッジの繊細なライン。テーブルの上が、見事に黒田ワールドに統一されているのを見ると、器好きでなくともなんとも贅沢な気分になるはず。さらに桜井さんを中心に、料理担当の黒田結衣さん、サービス担当の出村明美さんのチームワークの良さも「パロル」の持ち味だろう。

食器棚にはご覧のとおり、ほとんど白。黒田泰蔵氏の作品が並んでいる

ここに集う人は味わう楽しみを知っている、人と食卓を囲む時間を大切にしている、そして料理を作る人に対する感謝の気持ちを忘れない。年代も性別も職業も違う人で、いつもにぎわっている。「パロル」には、お店にもお客にも、そんな“心意気”があふれているように思う。

右・桜井莞子さん。シャツもエプロンも白で統一!左・黒田結衣さん。わずか3年で桜井さんのアシスタントとして成長目覚ましい(実は桜井さんの息子さんのお嫁さん!)、実の親子のように仲良し

呑みどころ パロル

住所:東京都港区南青山2-22-14 フォンテ青山101
電話番号:03-6434-5959
営業時間:18:00~21:30LO
定休日:土・日・祝休
カード:可能

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

この記事を書いたライター情報

犬養 裕美子

犬養 裕美子

レストランジャーナリスト

東京を中心に地方や海外の食文化、レストラン事情を最前線で取材。ファッション誌から専門誌まで数多くの雑誌で連載を持ち、その店の良さ、時代性をわかりやすく解説。特に新しい店の評価に対する読者の信頼は厚い。食に関わる講演・審査員など多数。農林水産省顕彰制度・料理マスターズ認定委員。

犬養 裕美子 が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL