“道の駅”の達人に聞いた! 道の駅を楽しむ5つの方法

特集

絶対に楽しい「道の駅」へプチトリップ

2017/03/08

“道の駅”の達人に聞いた! 道の駅を楽しむ5つの方法

1993年当時、道の駅は全国で約100か所にあったが、現在は約1100か所まで増加。道の駅と言えば旅の途中に立ち寄り、休憩するイメージが強いが、今は利用方法が多様化。そんな道の駅の活用術を雑誌「まっぷる 首都圏発 おいしい道の駅ドライブ」を制作するまっぷる編集部に取材!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

春休みとGWに使える活用術を道の駅の達人が指南

これまで旅と言えば、観光地巡り、温泉、絶景スポットなどがメジャーだったが、今は道の駅を目的に旅するのも選択肢の一つだ。道の駅をハシゴして巡る、女性にうれしいヘルシーグルメがある、温泉やアクティビティーで一日遊べるなど、エンタメ的な広がりを見せる道の駅を利用シーン別に解説!

さらには道の駅の選び方や、道の駅をスーパーの代わりにする日常使いの活用方法も。仕事でも趣味でも道の駅に行くという達人が、5つのキーワードをもとに道の駅の魅力を紹介します。

「まっぷる 首都圏発 おいしい道の駅ドライブ」編集担当の、まっぷる編集部の海老原紀子さん

\この人に聞きました!/

まっぷる編集部 海老原紀子さん

まっぷる編集部 海老原紀子さん

達人に聞いた!
道の駅を楽しむ5つの方法

1.道の駅を“旅する”
2.“ヘルシー系”道の駅に行ってみる
3.自分だけの“お気に入り道の駅”を発掘する
4.ノープランでOKの1日遊べる道の駅を楽しむ
5.道の駅を“日常使い”してみる

富士山に一番近い場所にある、静岡県の「道の駅 すばしり」

1.道の駅を“旅する”

有料道路のパーキングと一体となった千葉の「ハイウェイオアシス富楽里 道の駅富楽里とみやま」。一般道路のどちらからでも利用できる

ーー道の駅というと休憩の立ち寄りスポットというイメージが強いですが、どんな楽しみ方がありますか?

海老原さん
海老原さん
「私はプライベートでも道の駅を巡っていますが、ここ4、5年ぐらいで道の駅が盛り上がっている印象を受けます。最近で言うと、道の駅を旅する人が増えてきていますね。例えば、千葉なら『ハイウェイオアシス富楽里 道の駅富楽里とみやま』、『道の駅 とみうら・枇杷倶楽部』、『道の駅 保田小学校』があり、3つの道の駅を巡る房総ドライブは楽しいと思いますよ。特に千葉の房総半島は道の駅が多いので、道の駅を繋いだドライブができてしまうんです」
「ハイウェイオアシス富楽里 道の駅富楽里とみやま」で販売している、濃厚プリンのフローズンデザート「クレマカタラーナ」1300円。農林水産大臣賞など、数々の賞に輝いている銘品
海老原さん
海老原さん
「もう一つ道の駅の旅でオススメなのが富士山周辺。道の駅が多く、東京や神奈川からでも東名高速道路の御殿場を降りてほど近い『道の駅 すばしり』に行って、北上し『道の駅 富士吉田』や河口湖の南にある『道の駅 なるさわ』に寄り、そこから西方面の『道の駅 朝霧高原』に行くと、富士山をぐるっと一周するコースになります」
静岡県の「道の駅 すばしり」のふじやま食堂からは、富士山を眺めながらの食事も
「道の駅 すばしり」で人気の「富士山ごうりきうどん」520円。地元の小山町産「ごてんばこしひかり」を練りこんだ麺は、力強い味わいでモチモチとした食感
海老原さん
海老原さん
「今挙げた千葉、富士山周辺以外にも、長野、群馬、栃木も道の駅がどんどん増えてきています。それぞれの道の駅を繋いだ旅も、一つの楽しみ方ですね」
 

「ハイウェイオアシス富楽里 道の駅富楽里とみやま」
施設内容:トイレ、フードコート、海鮮レストラン(地元漁協直営所)、インフォメーション(バスチケット販売、観光案内)、直売所
駐車台数:普通車77台、大型車8台、身障者3台、電気自動車用急速充電器1基
※2Fの高速側は普通車128台、大型車12台、身障者2台
3・4月の特産品:地元の鮮魚、タケノコ、トマト、イチゴ※日によってない場合あり

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

「道の駅 すばしり」
施設内容:トイレ、足湯(冬季休業)、レストラン、売店、産地直売所、観光情報
駐車台数:普通車111台、大型車14台、身障者3台、電気自動車用急速充電器1基
3・4月の特産品:柑橘フルーツ、トマト、米

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


2.“ヘルシー系”道の駅に行ってみる

ーー15年に“発酵食品”をテーマにした道の駅がオープンしたと聞きました。

海老原さん
海老原さん
「最近は健康ブームと言うこともあり、“健康”に気付き始めた(笑)道の駅が出てきています。体にいい、デトックス効果があると言われているメニューや商品を見かけるようになりました。代表的なのは、味噌や麹などの発酵食品に特化した千葉の『道の駅 発酵の里こうざき』。ここは全国の発酵食品がそろう発酵市場があるほか、カフェ&レストラン『オリゼ』では『豚の味噌麹焼き丼』が味わえます」
「道の駅 発酵の里こうざき」(千葉)の甘酒「飲む糀」380円。1日に出荷する数が限られており、週末は午前中に売り切れてしまうほどの人気商品
「道の駅 発酵の里こうざき」の「豚の味噌麹焼き丼」850円は、道-1グランプリで賞を獲得

ーーほかの道の駅にもヘルシー系の料理やお土産はありますか?

海老原さん
海老原さん
「私が実際に飲んだことがあるのが山梨の『道の駅 どうし』の『クレソンジュース』。この道の駅はクレソンが特産品で、レストランではサラダ以外にも麺に練りこんだつけ麺なども販売しています。クレソンジュースは多少クセがありますが、健康を考えたドリンクは女性にはうれしいですよね。あと千葉の『道の駅 多古』では、お米を使ったドリンクも。お米のほんのりとした甘さが特徴の発酵ドリンクです」
道志村特産のクレソン。山梨県の道志村は、クレソンで日本有数の出荷量を誇る
「クレソンジュース」290円は、パインジュースで割っているので飲みやすい
 

「道の駅 発酵の里こうざき」
施設内容:トイレ、発酵市場、新鮮市場、カフェ&レストラン「オリゼ」、コンビニエンスストア、シャワー室
駐車台数:普通車50台、大型車25台
3・4月の特産品:イチゴ※日によってない場合あり

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

「道の駅 どうし」
施設内容:トイレ、売店、特産物直売所、レストラン、休憩スペース(情報、案内コーナー)
駐車台数:普通車100台、大型車5台、優先スペース3台
3・4月の特産品:山菜、地元農家の葉物野菜※日によってない場合あり

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


3. 自分だけの“お気に入り道の駅”を発掘する

「道の駅 とみうら・枇杷倶楽部」のカフェレストランのテラスは、一面に咲く花と山あいの景観が見事

ーーどの道の駅に行くか迷った場合の選び方はありますか?

海老原さん
海老原さん
「これは単純なことかもしれませんが、自分の好きなこと、もしくは日常で気になったテーマの道の駅に行ってみて、お気に入りの道の駅を発掘するというのも楽しいと思います。私のオススメは千葉の『道の駅 とみうら・枇杷倶楽部』。カフェレストランのテラスの風が心地よく、ぼんやりと過ごしています(笑)。初春には菜の花が一面に咲いていて、本当に絶景です。ここにいつまでも身を置きたいなって思いますね」
房州びわを原料にしたオリジナルのソフトクリーム「びわソフト」400円(道の駅 とみうら・枇杷倶楽部)
海老原さん
海老原さん
「次に、食べることは比較的、誰でも好きだと思うので、例えばグルメでオススメなのが静岡の『道の駅 伊東マリンタウン』。私が制作した雑誌『まっぷる 首都圏発 おいしい道の駅ドライブ』(発売中)の表紙に載っている『漁師の漬け丼』を中心に、とにかく魚介料理がすごい。刺身や焼き魚などもあり種類豊富です」
「道の駅 伊東マリンタウン」(静岡)の伊豆高原ビール 海の前のカフェレストランで食べられる「漁師の漬け丼」2360円。あふれんばかりの海鮮ネタが盛り付けられた豪快な一杯
眼下にマリーナが広がりロケーションも最高の「道の駅 伊東マリンタウン」。源泉かけ流しの温泉や遊覧船なども楽しめる人気の道の駅

ーー日常で気になったテーマと言うのは?

海老原さん
海老原さん
「例えば今年1月の大相撲で稀勢の里が優勝し、19年ぶりに日本人横綱が誕生したことで相撲が話題になりました。長野県東御市というところにある『道の駅 雷電くるみの里』では、最強と伝わる江戸時代の力士・雷電の資料館があるので、相撲に興味がある人なら楽しいと思いますよ。ここは駅名の通り、くるみの産地でもあるので、食も充実しています。くるみだれ付き手打ちそばなど、品数も豊富で私もよく利用しています」
 

「道の駅 とみうら・枇杷倶楽部」
施設内容:トイレ、売店、レストラン、農産物直生所
駐車台数:普通車80台、大型車10台
3・4月の特産品:イチゴ※日によってない場合あり

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

「道の駅 伊東マリンタウン」
施設内容:トイレ、シーサイドスパ、足湯、レストラン、売店、産地直売所
駐車台数:普通車298台、大型車8台
3・4月の特産品:甘夏、デコポン、ニューサマーオレンジ、キウイフルーツ、タケノコ※日によってない場合あり

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


4. ノープランでOKの1日遊べる道の駅を楽しむ

ーー子供がいる家庭だと、どうしても子供優先になりますが、ファミリー向けの道の駅はありますか?

海老原さん
海老原さん
「小さなお子さんがいるファミリーでしたら、長時間滞在できて一日遊べるところがいいですよね。そんな一日中遊べるのが群馬の『道の駅 川場田園プラザ』。ここは親がお出かけの計画を立てなくていい(笑)、行けば何でもある道の駅です。グルメや直売所はもちろん、大きな広場があり、陶芸やブルーベリー摘み取りなどの体験もできる。少し歩けば温泉のある宿泊施設もあるので、泊まることもできますよ」
体験工房やビール工房がある群馬の「道の駅 川場田園プラザ」は、温泉や宿泊施設も近くにあり
「道の駅 川場田園プラザ」で行列になるのが「山賊焼き」500円。販売しているミート工房では本場ドイツで学んだ職人がハムやソーセージを手作りしている
海老原さん
海老原さん
「山梨の『道の駅 こすげ』も多彩な施設がありますが、ここはアクティビティーがすごい。自然を生かした“アドベンチャーパーク”があり、里山を見下ろしながら下るジップスライダーは、かなりスリルがあります。ほかにも、窯焼きピザなどのグルメ、渓流で魚釣り、9種の風呂がある温泉と、一日では遊びきれないほど施設が充実しています」
海老原さん
海老原さん
「逆にのんびりしたい家族には、群馬の『道の駅 ぐりーんふらわー牧場・大胡』がいいと思います。広大な敷地にあるオランダ型の風車を眺めたり、ヒツジ、ヤギ、ウサギの動物もいますし、ポニーはエサやり体験もできます。ソフトクリームを食べながら、草原をのんびり散歩するといった、憩いのひと時を過ごしてみるのもいいですね」
オランダ型風車が印象的な群馬の「道の駅 ぐりーんふらわー牧場・大胡」
海老原さん
海老原さん
「中央自動車道の小淵沢ICを降りてすぐにある『道の駅こぶちさわ』は、休憩にぴったりなのですが、ここには足湯(12~3月中旬までは休止)があるのでしっかり疲れを癒せます! 駅内をのぞくと焼き立てパンの店やレストラン、農産物直売所などがあって充実度がとても高い。ジャムやそばなど高原気分がぐっと高まります。澄んだ空気のなかに身を置くだけでも来てよかったと思える駅です」
14種の体験工房もある「道の駅こぶちさわ」もファミリー向け
 

「道の駅 川場田園プラザ」
施設内容:トイレ、売店、直売所(ファーマーズマーケット)、川場物産センター、レストラン、ビール工房、パン工房、ミート工房、ミルク工房、展望台、ブルーベリー公園、遊具広場(プレイゾーン)
駐車台数:普通車600台、大型車9台

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

「道の駅 ぐりーんふらわー牧場・大胡」
施設内容:トイレ、レストラン、売店、バンガロー、キャンプ場、バーベキュー場、展望台、牧場
駐車台数:普通車382台、大型車7台、身障者2台
3・4月の特産品:フキノトウ、セリ、タラの芽、山ウド※日によってない場合あり

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


5.道の駅を“日常使い”してみる

ーー道の駅を日常的に活用するというのは、どのような方法ですか?

海老原さん
海老原さん
「道の駅が地元にある人たちは、野菜や果物が並んでいる直売所をスーパーの代わりとして利用するなど、生活に密着しているんですよね。新鮮で安くておいしいから、近くのスーパーより直売所に来てしまう。しかも朝採れ野菜は、スーパーの野菜とは鮮度に歴然の差があります。仮に東京に住んでいる方でも車があれば一時間で行けるので、おいしい野菜のある道の駅を見つけたらもうリピーターになると思います。ここでは私がリピーターになった、入手困難だけど絶対に買って食べてほしい特産品を紹介したいと思います」

ーーそれは貴重な情報ですね。ぜひ教えてください!

海老原さん
海老原さん
「まずは山梨の『道の駅 とよとみ』。トウモロコシの産地で、旬は6、7月。道の駅に着くと皆さんトウモロコシを買うために並んでいます。朝10時にはなくなるぐらい人気なので、頑張って早朝に行きました。採れたてのトウモロコシは新鮮なので、生のまま食べられます(食べすぎには注意)。寒暖差のある土地で栽培しているため、甘くて本当においしいんですよ。夏は果物も豊富なので、ぜひ行ってみてほしいですね」
「道の駅 とよとみ」(山梨)のトウモロコシは生で食べられるほど新鮮。販売時期は6、7月ごろ
海老原さん
海老原さん
「2つ目は長野県飯山市の『道の駅 花の駅 千曲川』のアスパラガス(4月下旬~)。みずみずしくて甘いと評判で、前の日から泊まって朝一番でゲットしました。この地域には、タケノコの一種でネマガリダケ(正式名称:チシマザサ)という山菜があり、こちらも農家さんが並べたそばからお客さんがカゴに入れていくほどの盛況ぶりです」
長野の「道の駅 花の駅 千曲川」で販売される、北信州特産のネマガリダケ。販売時期は5、6月ごろ
海老原さん
海老原さん
「また北信州では、ネマガリダケとサバの水煮を入れた味噌汁を食べる風習があります。ネマガリダケの旬の5、6月には、道の駅で『ネマガリダケの味噌汁』として販売することもあるそうです。今回紹介したトウモロコシやネマガリダケは、その地域ならではの特産品です。皆さんの近くにある道の駅でも旬でおいしい野菜があると思うので、まずは周辺の道の駅をチェックしてみてください」
ネマガリダケとサバの水煮を入れた味噌汁を商品化した「サバタケ」
「道の駅 花の駅 千曲川」の菜の花畑は、4月下旬から5月上旬が見ごろ。残雪の山々を背景にした菜の花と桜の競演が見事
 

「道の駅 とよとみ」
施設内容:トイレ、レストラン、農産物直売所
駐車台数:普通車74台、大型車8台、身障者2台
3・4月の特産品:ナバナ、レタス、ホウレンソウ、ダイコン、ニンジン、ネギ、葉タマネギ、フキノトウ※日によってない場合あり

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

「道の駅 花の駅 千曲川」
施設内容:トイレ、農産物直売所、カフェ、売店、そば処
駐車台数:普通車96台、大型車4台、身障者2台
3・4月の特産品:スノーキャロット、とうたち菜、アスパラガス(4月下旬~)※日によってない場合あり

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

昭文社では、道の駅、SA・PA(サービスエリア、パーキングエリア)などのガイド本を出版している

【まとめ】多様化する道の駅を目的に応じて活用すべし!

海老原さん
海老原さん
「最近の道の駅は、一言で言えば多様化しています。その中でどの道の駅が一番いいということではなく、自分に合ったところを探し、道の駅に行くことを目的として訪れる、それが可能なぐらい今の道の駅は充実しています。旅の途中に休憩スポットとして立ち寄るだけだと、どうしても急ぎがちになるけれど、道の駅に行くことが目的ならちょっとゆったりできますよね。そういう過ごし方もできると思うので、皆さんもうまく活用しましょう」

取材メモ/旅行に行く時は道の駅があれば必ず立ち寄ってはいたけれど、海老原さんに取材してからは、道の駅に行きたくてウズウズしています。絶好のロケーションでおいしいものをほおばり、大自然を感じながらソフトクリームを食べ歩く、なんと贅沢な旅! 「道の駅 とよとみ」の生トウモロコシ、食べてみたいな~。

取材・文=嶌村優(エンターバンク)/撮影=菊池さとる

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES