熊本地震を経て誕生したソーラーパネル式の美しいガラスの灯り

特集

「熊本で買う」〜熊本でやりたい100のこと。〜

2017/03/10

熊本地震を経て誕生したソーラーパネル式の美しいガラスの灯り

深夜に起きた熊本地震では、電気、ガス、水道といったライフラインがストップ。復旧まで半月以上かかり、不安な夜を過ごした人も多かった。自身も体験した熊本在住の若手ガラスアーティスト・島田真平さんが制作した、電気がなくても軟しく照らしてくれる作品が完成(タウン情報クマモト編集部:小崎)

月刊タウン情報クマモト

月刊タウン情報クマモト

震災後の熊本で生まれた芸術的かつ実用的な逸品!

素敵な空間のインテリア演出としても、大切な方への贈り物にも。見るものを優しく包み込んでくれるガラスの照明は、電源いらず!

余震が続く中、灯りがない真っ暗な夜を過ごした熊本地震。それが、いつまで続くのかさえわからない……こんな状況がどんなに不安か。地震を体験して思ったのが、電気を必要としないソーラーとガラスの照明の作品の融合だった。

「地震がなくても、空間に置きたくなるできれば、毎日の生活を華やかにしてくれるものがいい」。そう語るのは、熊本市生まれ熊本市在住のガラスアーティスト・島田真平さん。

富山県の「ガラス造形研究所」を卒業した後、「長崎ビードロ美術館」ほか各地で修業を重、器やオブジェの制作を手掛ける、いま全国で注目されるアーティストだ。販売価格は写真のもので2万5000円(税別)。ギャラリーで購入できるが、基本すべて一点もの。オーダーから完成まで制作期間が必要のため要予約。

「Shimada Shinpei Glass Works」代表の島田真平さん
ガラスの器やオブジェの作品が展示されるギャラリー。光を通した時の美しさは言葉にならないほど
自宅に飾りたいガラスの作品。大切な方への贈り物にも喜ばれそう
上熊本方面に走る市電の電車通り沿いにある仕事場兼ギャラリー
Yahoo!ロコshimada shinpei glass works
住所
熊本県熊本市中央区段山本町3-13

地図を見る

アクセス
杉塘駅[出口]から徒歩約3分
段山町駅[出口]から徒歩約3分
本妙寺入口駅[出口]から徒歩約8分
電話
096-245-8007
営業時間
10:00~17:00
定休日
火曜
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

この記事を書いたライター情報

月刊タウン情報クマモト

月刊タウン情報クマモト

創刊から37年、熊本県民の皆さんに“タンクマ”の愛称で親しまれ続けている『タウン情報クマモト』。グルメ、温泉、観光、人、音楽、ファッション、アートなど、熊本の“旬”を満載。毎月27日発売。360円。

月刊タウン情報クマモト が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES