スキー場で豪快な水しぶき! 北海道の3連休はイベントが満載

2017/03/17

スキー場で豪快な水しぶき! 北海道の3連休はイベントが満載

3/18(土)~20(祝)に楽しめるお出かけ情報を5つ厳選してご紹介!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

スキーシーズンを締めくくる感謝祭、話題の展覧会を要チェック!

春分の日が間近に迫り、冬スキーが楽しめるのも残りわずか。上士幌町では「ぬかびら源泉郷・ウインター・サンクス・デイ 2017」、新得町では「第8回サホロスライダー大会」と十勝のスキー場で1日限りのイベントが開催される。

小樽市では「サカナクション 山口一郎さんの本箱展」で人気アーティストの創作の原点を見て、札幌市では「フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展〜織田憲嗣コレクションから〜」で洗練された北欧モダンデザインにふれよう。

ルスツリゾートの「Rusutsu 100day’s Music Night -Season5-」もお見逃しなく!


1. ぬかびら源泉郷・ウインター・サンクス・デイ 2017

【イベント・祭り:3/19(日)】

今年無事に滑り切るのは何人か!? 

体験イベントにワクワク、豪快な競技にドキドキ!

大雪山国立公園のぬかびら源泉郷にあるスキー場で、冬シーズンを締めくくる感謝祭が開催される。メインイベントは「第2回全日本ポンド・スキミング選手権大会」だ。

ポンド・スキミングとは、スキーやスノーボードで水の上を滑り抜ける競技のこと。エントリーした20名が果敢にチャレンジする。途中で落ちてしまっても面白ければOKなので、参加者のパフォーマンスにも注目しよう。

広大なスキー場の一角につくられた特設プールで目玉イベントが行われる

また、ベルトの上を歩いたり飛んだりする綱渡りスポーツ「スラックライン」を雪上で体験できるほか、大人も子供も参加できる餅つきを実施。ついた餅はお汁粉にして、甘酒とともに振る舞われる。

パフォーマンス部門やコスチューム部門もあり、参加者の個性も光る

ご当地キャラクターが語る!「ぬかびら源泉郷・ウインター・サンクス・デイ 2017」の見どころはココ!

上士幌町マスコットキャラクター ほろんちゃん
上士幌町マスコットキャラクター ほろんちゃん
「スキーヤーやボーダーが水しぶきを上げてプールの上を滑走する光景は、見るだけでも楽しめるよ。当日定員に空きがあれば、参加することもOK(ぬれるから着替えは必須だよ)。参加者には賞品をプレゼントするよ! この冬最後の思い出に、参加してね!」

▼DATA▼
イベント・祭り:3/19(日)
会場:ぬかびら源泉郷スキー場
時間:10:30〜14:00 
電話:01564-4-2224(上士幌町観光協会)
料金:入場無料

Yahoo!ロコぬかびら源泉郷スキー場
住所
北海道河東郡上士幌町字ぬかびら源泉郷南区75

地図を見る

電話
01564-4-2201
定休日
なし
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。


2.サカナクション 山口一郎さんの本箱展

【展覧会:開催中〜4/9(日)】

山口一郎さんの両親が営んでいた喫茶店「メリーゴーランド」の一部を再現。山口さん一家の写真も飾られている

山口一郎さんの世界観を育んだ文学・音楽にふれる

人気ロックバンド「サカナクション」のボーカル・山口一郎さん(小樽市出身)の原点を垣間見ることができる企画展。

読書好きを公言している山口さんが、幼い頃から10代にかけてふれた詩集や小説、レコードのほか、10代の頃に創作した詩文などを展示。“文学的な歌詞”と評される山口さんが、どのような文学や音楽に影響を受けたのか、ルーツをたどってみよう。

山口さんが読んでいた書籍の数々。寺山修司や種田山頭火、吉本隆明らの作品を読んでいたと公言している

展示室の中でひと際目を引くのが、山口一郎さんの両親がかつて経営していた喫茶店「メリーゴーランド」の一部を再現したもの。喫茶店ではライブも行われていたそうで、1970年代末から1980年代にかけて行われたライブのポスターやチラシなどを通して、当時の小樽の若者文化にもふれられる。

喫茶店で使われていたレジスターなど時代を感じさせる物もあり、サカナクションファンならずとも楽しめそうだ

館長が語る!「サカナクション 山口一郎さんの本箱展」の見どころはココ!

市立小樽文学館 館長 玉川薫さん
市立小樽文学館 館長 玉川薫さん
「山口一郎さんが生まれた頃は、小樽の若者たちが運河保存運動やポートフェスティバルに情熱を傾けていた時期でした。一郎さんの父親は活動の先頭に立ち、喫茶店はその拠点のようになっていました。そんな熱い時代の雰囲気も伝わります」

▼DATA▼
展覧会:開催中〜4/9(日)
会場:市立小樽文学館
時間:9:30〜17:00(最終入館は16:30)
電話:0134-32-2388
料金:入館料/一般300円、高校生・市内高齢者150円、中学生以下無料

Yahoo!ロコ市立小樽文学館
住所
北海道小樽市色内1-9-5

地図を見る

アクセス
小樽駅[出口]から徒歩約8分
南小樽駅[出口]から徒歩約17分
小樽築港駅[出口]から徒歩約40分
電話
0134-32-2388
営業時間
通常 9:30~17:00
定休日
毎週月曜/年末年始
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。


3.フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展〜織田憲嗣コレクションから〜

【展覧会:開催中〜3/26(日)】

2017年にフィンランドが独立100周年を迎えることから開催されている

北欧モダンデザインの洗練された美しさに目を奪われる

織田憲嗣氏(東海大学名誉教授、東川町デザイン振興アドバイザー)が、研究対象として収集した近現代における優れたデザインの生活日用品のコレクションから、フィンランド・デザインの家具やガラス器、陶器、木製品などを展示する。

北欧モダンデザインの黄金期といわれる1950〜60年代の作品も多く集まり、時代をへても色あせることのないフィンランド・デザインの魅力にふれることができる。

織田憲嗣コレクションは、その内容、規模ともに世界のデザインミュージアムにも劣らないと評価されている

「なかでも注目はガラスアーティストのオイヴァ・トイッカの代表作“イッタラバード”です。130点を一堂に展示いたします」とJRタワー文化事業部の担当者。

丸みを帯びたかわいらしいフォルム、繊細なデザインに目を奪われるだろう。

北欧諸国の中でも独特のデザイン文化をもつフィンランドの主要デザイナーの作品が並ぶ

▼DATA▼
展覧会:開催中〜3/26(日)
会場:プラニスホール
時間:10:00〜19:00(最終入場18:30)
電話:011-213-2776(プラニスホール)、011-209-5075(JRタワー文化事業部)
料金:入場料一般600円、高大生400円、中学生以下無料

プラニスホール

住所:北海道札幌市中央区北5条西2丁目 札幌エスタ11階
アクセス:JR札幌駅から直結、南北線さっぽろ駅[2]直結、東豊線さっぽろ駅[18]直結
電話:011-213-2776

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


4.第8回サホロスライダー大会

【イベント・祭り:3/20(祝)】

参加者全員に参加賞を、コスプレやパフォーマンスで会場を沸かせた人にも賞品が用意されている

スリリングな滑走に参加しよう!

晴れた日は十勝平野を一望できるサホロリゾートスキー場で開催されるイベント。斜面を滑り降り、その先にある長さ4mのプールを滑り抜けるスリル満点の遊びを体験しよう。

こちらではスキー、スノーボードだけでなく、ソリなど雪上を滑るものなら何でも・誰でも参加可能(参加同意書に署名が必要)。

飛び込み参加、コスプレをして挑戦するのも大歓迎! 万が一のドボンに備えてタオルや着替えを用意してご参加ください」と十勝サホロリゾート営業企画の稲井さん。

失敗しても何度もリベンジできる
思いっきり体を動かした後は、おいしいグルメにかぶりつこう

同日には「サホロ春の感謝祭」も開催され、豚汁や串焼き、焼きホタテなどを味わえる。ずぶぬれになった人も、観戦だけの人も存分に楽しもう。

▼DATA▼
イベント・祭り:3/20(祝)
会場:サホロリゾートスキー場特設会場(春の感謝祭はゴンドラステーション周辺)
時間:11:30〜12:30
電話:0156-64-4121(サホロリゾートスキー場)
料金:参加無料

Yahoo!ロコサホロリゾートスキー場
住所
北海道上川郡新得町狩勝高原

地図を見る

電話
0156-64-4121
営業時間
2016年12月1日~2017年4月9日 【営業時間】9:00~18:00 ※ナイター営業日あり/12月17日~3月26日
定休日
なし
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。


5. Rusutsu 100day’s Music Night -Season5-

【イベント・祭り:開催中〜4/1(土)】

昨年末から毎日開催されている100日連続ライブ。今年で5年目を迎える

生演奏に酔いしれる大人の時間

ルスツリゾートで国内最大規模のジャズフェスティバル「サッポロ・シティ・ジャズ」とのコラボ企画を開催中。

「スポーツバー『クリケット』で毎日、『サッポロ・シティ・ジャズ』がセレクトしたミュージシャン1組が生演奏を行います。お酒などを楽しみながら、ゆっくりとお過ごしください」と、ルスツリゾート営業企画部の田名部さんが楽しみ方を教えてくれた。

3/18(土)〜20(祝)に出演するmy&Jennie

この三連休に登場するのは、ピアノとカホン(打楽器)によるインストゥルメンタル・デュオ・ユニット“my&Jennie”。日中はアクティビティを満喫し、夜は心地よい音楽に身をゆだねて、1日を締めくくろう。

ホテルの中心に位置するスポーツバー。ライブの観覧料もチャージも無料

▼DATA▼
イベント・祭り:開催中〜4/1(土)
会場:ルスツリゾート サウスウイング1階 スポーツバー「クリケット」
時間:19:30〜20:10、21:00〜21:40(3/31(金)、4/1(土)はノースウイング2階「ドルチェ」にて20:00〜20:40、21:00〜21:40)
電話:0136-46-3111
料金:観覧無料

ルスツリゾート

住所:北海道虻田郡留寿都村字泉川13番地

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

Yahoo!ロコスポーツパブ クリケット
住所
虻田郡留寿都村字泉川13 ルスツリゾート サウスウイング1F

地図を見る

電話
0136-46-3331
営業時間
朝食7:00~9:30ランチ11:30~15:00ナイト19:00~22:00(L.O.21:30)
定休日
不定休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/おしゃれなデザインで人気のフィンランド・デザインは私も大好きです。いつか家の中をフィンランド家具や雑貨で統一したいな〜と夢が膨らみそうです。

構成=シーアール、取材・文=みんなのことば舎

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES