パン好き女優・木南晴夏が愛するわんぱくサンド3選

特集

決定版! 幸せもはさむサンドイッチ

2017/03/09

パン好き女優・木南晴夏が愛するわんぱくサンド3選

具をいっぱい詰め込んだボリューム満点なサンドイッチの「わんぱくサンド」。“萌え断”などのハッシュタグとともにInstagramでの投稿で火がついたサンドを、パン好きの女優・木南晴夏さんがご紹介。彼女のパンのこだわりとともにお楽しみください!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

生まれついての朝パン派の木南さん! 気づけば1日3食パンの日も

木南晴夏さん
木南晴夏(きなみはるか)さん

木南晴夏(きなみはるか)さん

女優

月刊誌『おとなの週末』で「キナミトパン」というパンの連載記事を持つ木南さん。芸能界屈指のパン愛を誇る彼女のルーツは幼少期にさかのぼる。

木南晴夏さん
木南晴夏さん
母親が工場から家へパンを配達するパートをしていて、子どものころから常に焼き立てのパンを食べて育ってきました。事務所の寮に入ってからも朝はずっとパン。ごはんとどちらかを選べるのですが、パンを選んでました。

家の朝食はもちろん、工場へ遊びに行ったときも焼き立てのパンをもらって食べていた生粋のパンエリート。寮を出てからは、よりパン生活に拍車がかかったそう。

木南晴夏さん
木南晴夏さん
寮を出てひとり暮らしをはじめてからはホームベーカリーを買って自分で焼いたり、東京のパン屋さんを食べ歩いたり。若い頃は体調を気にしていなかったので、栄養の偏りも考えず、3食パンを食べていたこともありました…(笑)

今はスマホのマップで「現在地 パン」で調べて、いいところがあれば車でサッと行っちゃいます!

\Instagramでブレイク!「わんぱくサンド」/

木南さんが愛するわんぱくサンド

「わんぱくサンド」とは、具をいっぱい詰め込んだボリューム満点なサンドイッチのこと。“萌え断”などのハッシュタグとともにInstagramでの投稿で火がつき、パン好き、サンド好きの間で注目を集めている。

「わんぱくサンド」
食べるきっかけは“沼サン”

わんぱくサンドを持つ木南さん
木南晴夏さん
木南晴夏さん
「わんぱくサンド」は、見た目がきれいでフォトジェニックだからSNSではやったでしょうけど、パン好きの私としてはパン以外のものを食べられて健康にいいというイメージがあります。

ネットで“沼サン”(千切りキャベツをギュッと詰め込んだサンド)を見てから、自作をしはじめました。撮影の現場で野菜を多くとりたいと思ったのが理由です。家で夜にいろんな野菜や肉を挟んで、朝カット。現場のお昼ごはんとして持っていきました。

パンに偏るとタンパク質不足になるけど、それをわんぱくサンドが担ってくれる。野菜やお肉が入っていて、サンドひとつでいろんな栄養素がとれるから少し量が多くても罪悪感もないですよね。女子が手にとりやすいと思います!

では、自作するほど「わんぱくサンド」好きな木南さんのオススメをご紹介しましょう!

【木南さんが愛するわんぱくサンド】

1.『キングジョージ』(代官山)の
 「メキシカンチキンサンド」
2.『POTASTA』(千駄ヶ谷)の
 「ベイクドアップルシナモンスイートポテトサンド」
3.『喫茶アメリカン』(銀座)の
 「たまごサラダサンド」


\がっつりだけどヘルシー/

1.『キングジョージ』の「メキシカンチキンサンド」

飲んだ〆がラーメンではなくサンドイッチを食べてほしい、をコンセプトにする「サンドイッチバー」として4年前にオープン。白を基調とした店内でゆったりとした時間を過ごせる。

サンドイッチはイートインだけでなく、テイクアウトも可能

「サンドイッチバー」をうたっているだけあって、アルコールも充実。茨城のクラフトビール「ネストビール」を常時5種、限定で同店のオリジナルビールを販売。ライ麦を使った「ホワイト」とダークライ麦を使った「ダーク」(各1000円)の2種類がある。

アンティークな家具を配し、なんともオシャレ。写真は2階で、3階や屋上にも席を用意。屋上は犬を連れてもOK

10種類あるサンドのなかで木南さんオススメは「メキシカンチキンサンド」。もともとは週替わりのウィークエンドメニューが好評につき、レギュラーに昇格。ピリッとした辛さとアボカドの甘さが絶妙なバランスで女性人気が高い。

「メキシカンチキンサンド」(1600円)。ローストチキン、ホワイトチーズ、アボカド、サルサソースをダーク・ライのトーストで挟む
パンを両面トーストし、具材をのせていく。中央にガッツリとレタスが入っているのが特徴。厚さはなんと10cmもある
あまりの美しさにスリスリ
木南晴夏さん
木南晴夏さん
姉が大好きな店ですすめてもらって行ったら、おいしくてビックリしました。「メキシカンチキンサンド」は、サルサソースのメキシカンな味とアボカドが合わさっていてすごく好き

ホワイトチーズが濃厚でめちゃくちゃおいしい。夜はバーのような雰囲気でお酒も飲めるし、夜ご飯で食べてもいいくらい。ダークライ麦のパンも黒糖コッペパンのような甘さ。給食でよく食べたから、なんか懐かしいなぁ。

サンドは、ライ麦、ダーク・ライ、セサミの3種のパン、ホワイト、マーブル、プロヴォローネの3種のチーズ、パストラミターキーやローストチキンなど4種の具材を自分好みに変更可能。何度か通って、自分好みのサンドを見つけるのも楽しそうだ。

Yahoo!ロコキングジョージ
住所
渋谷区代官山町11-13 渋谷不動産ビル 2F

地図を見る

アクセス
代官山駅[北口]から徒歩約4分
渋谷駅[JR専用新南口]から徒歩約8分
恵比寿駅[2]から徒歩約9分
電話
03-6277-5734
営業時間
[月~金] 11:00~21:00 (L.O. 20:30) [土] 11:00~22:00(L.O21:30) [日] 11:00~18:00(L.O19:00)Brunch and Lunch for healthy life
定休日
定休日 なし
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。


\薄いパンに具がどっしり/

2.『POTASTA 千駄ヶ谷』(千駄ヶ谷)の「ベイクドアップルシナモンスイートポテトサンド」

野菜のおいしさを伝えたいと、代々木上原にオープンしたサンドイッチ専門店。千駄ヶ谷店は、昨年8月に開店。代々木上原店や今年の2月にできたばかりのルミネエスト店にはないイートインスペースを設けている。

ドアを明け、開放的。テラス席も完備している

『POTASTA』のサンドの大きな特徴は、全国から厳選した野菜をたっぷりと挟んでいること。具材だけでも厚さが9〜10cmもあるから驚きだ。時期によって異なるが、レギュラーメニュー + 季節のメニューでだいたい10~11種類取り揃えている。

サンドがズラッと並び、目にも楽しい店内。カウンター席は5席。オーガニックコーヒー(ホット、アイス各300円)を飲みながらひと息つける

木南さんのオススメもベジタブルなものかと思いきや、甘い系の「ベイクドアップルシナモンスイートポテトサンド」。ゴロッとしたサツマイモのペーストは見た目からしてインパクト抜群だ。

「ベイクドアップルシナモンスイートポテトサンド」(500円)。焼きリンゴ、アーモンドを混ぜ込んだサツマイモのペーストを全粒粉パンで挟む

サツマイモをつぶしてペースト状にしたものに具材を混ぜ込む。シナモンシュガーで味付けし、サツマイモの甘さを引き立てている。焼きリンゴとアーモンドのつぶつぶした食感にも注目だ。

店内からサンドを作っているところが見えるオープンスタイル
断面を見ると、ゴロッとしたサツマイモがハッキリ確認できる
ひと口食べてこの表情! このあと「おいし〜い」としみじみ
木南晴夏さん
木南晴夏さん
『POTASTA』さんのサンドは、パンの薄さもあってか具を食べているような感覚。サツマイモがドッシリしているから見た目にかなり甘く見えますが、思ったよりあっさりしています。アップルパイのような焼きリンゴがいいアクセント。白い粉の部分を食べると、和菓子のようでおもしろいです。

普段はこの甘い系のサンドと「ツナアンドオリーブ」のようなおかず系を1個ずつ買っています。絶対ふたつは食べられないと思うんですけど、サラダを食べているようでペロリと食べちゃいます

ほかにも、野菜が具材のサンドはブーケをイメージしていて、ビジュアルもよし。味付けは塩コショウのみなど、シンプルで味も素朴。木南さんのように甘い系と2個購入して違いを楽しんでみてもおもしろいだろう。

Yahoo!ロコPOTASTA 千駄ヶ谷店
住所
渋谷区千駄ヶ谷2-1-6 マーシュストーン原宿ビル 1F

地図を見る

アクセス
北参道駅[2]から徒歩約3分
原宿駅[竹下口]から徒歩約7分
明治神宮前駅[2]から徒歩約10分
電話
03-6721-0748
営業時間
8:00~19:00
定休日
無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。


\一番のわんぱく坊主!?/

3.『喫茶アメリカン』(銀座)の「たまごサラダサンド」

1983年創業の老舗喫茶店。テレビや雑誌でも数多く取り上げられている人気店ながら、お客さん目線での営業がモットーだ。

店頭でもサンドを販売。テイクアウトできる

フードメニューは、名物の「タマゴサンド」をはじめとするサンドイッチ9種類のみ。いずれも具材を豪快に盛り付けているのが、昔から変わらぬ同店のスタイル。

昭和感のある純喫茶の趣。今では外国人観光客も大勢訪れている

もちろん、木南さんのオススメも「タマゴサンド」。「一番のわんぱく坊主」と木南さんが語るのも納得の大きさで、食パンからたまごがこぼれんばかりに挟まれている

「タマゴサンド」(500円)。店内で食べられるセットはコーンスープ、サラダ、飲み物付きで1200円
1斤を半分にカットした食パンで挟む。1人前にLLサイズのタマゴ約5個を使用。白身の1/3を使わず、黄身のまったりした味を引き出す。タマゴだけで1日の仕込み量が600〜700個、多い日は1500個になる
食パンは朝8時、12時の2回、窯からできたてのものを工場から直送。焼き立てを提供したいというオーナーシェフの原口誠さんがこだわるポイントだ
「解体〜」と言って食パンをはがして食べる木南さん
木南晴夏さん
木南晴夏さん
これをわんぱくサンドに入れていいのかと思いますけど、見た目からオシャレな感じが一切ないのが好き。わんぱく度ではどこよりも一番のわんぱく坊主かも(笑)。あんなに厚いサンドイッチはほかで見たことがないです。具と同じ厚みのパンですよ! このボリュームで500円だから安い。

私、ここの食パンが一番好きかもしれません。甘くてしっとりしてるんですけど、そこまでしつこくない甘さで。荒いたまごに合うんですよね。墨田で舞台の稽古をしていたとき、ほぼ毎日のように買って、稽古中に食べていました。今でも無性に食べたくなるときがあります。

テイクアウトでも十分おいしいが、店内で食べることもオススメしたい。工場からパンが届く8時、12時に焼きたてが届くからだ。モーニングで、ランチでぜひご賞味あれ。

Yahoo!ロコアメリカン
住所
東京都中央区銀座4丁目11-7

地図を見る

アクセス
東銀座駅[A7]から徒歩約1分
東銀座駅[3]から徒歩約2分
銀座駅[A13]から徒歩約5分
電話
03-3542-0922
営業時間
8:00~10:30、12:00〜15:00
定休日
土・日・祝
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。


\おまけに!/
木南流おいしく見えるパン撮影術

Instagramで「kinamitopan」のアカウントでパンの写真を中心にアップし続けている木南さん。独特ともいえる彼女の撮影方法に秘密があるのでは? ということで聞いてみた。

木南晴夏さん
木南晴夏さん
顔の前にパンを持って撮ることがあるのですが、スケール感(大きさ)をわかりやすく見せるために撮ってます。置いて撮影するのもきれいですけど、顔と比べたらわかりやすいじゃないですか。
こんな感じでスケール感を見せる。わんぱくサンドで試してもらった

「わんぱくサンド」を撮影するときは、手で持ってパンをおさえています。特に自作だとパンが具から離れてパラパラッとなってしまうから。あとは白い壁を背景に撮りますね。テーブルの上で撮るより白い方が断面がきれいに見えるので。

#シューケット あまり日本で見かけないけど、 大好き♡

木南晴夏 official Instagramさん(@kinamitopan)がシェアした投稿 -


サンドイッチは体調を知るバロメーター?

木南晴夏さん
木南晴夏さん
私がサンドイッチを食べたいときは元気なとき。時間があって、余裕があれば自作します。でも、パンは風邪を引いてても食べます(笑)。味が淡泊なものが多いので、元気がなくても大口を開けずにボソボソッと食べられます。

行ったことのない街へロケに行くと、おいしいパン屋さんがあるかもとワクワクします。行ってみたいパン屋さんもまだまだ山ほどあります。パンばかり食べて栄養が偏ったら、わんぱくサンドを食べて補います!
「わんぱくサンド」を食べて大満足の木南さん。「ごちそうさまでした〜」

取材メモ/わんぱくサンドを食べているときの木南さんの幸せそうな顔が忘れられません。どれも個性があるサンドばかりですので、みなさんもぜひおでかけがてら買ってみてください!

取材・文=エビス_セイキ(リベルタ) 撮影=田中和弘

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES