荒くつぶすだけじゃない! ニュータイプたまごサンド5選

特集

決定版! 幸せもはさむサンドイッチ

2017/03/09

荒くつぶすだけじゃない! ニュータイプたまごサンド5選

昨今、じわじわとInstagramなどで人気が出ているフォトジェニックなサンドイッチ。今回はそんなサンドイッチの中でも、大人気のたまごサンドを特集。つぶすだけじゃない、ニュータイプなたまごサンドたち、あなたはすべて食べたことがあるだろうか?

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

つぶしたたまごを薄めの食パンで挟む。そんなイメージを覆す圧巻の5品!

目を奪われるインパクト大のたまごサンドが大集合だ

たまごサンド、と聞くとどんなサンドイッチをイメージするだろうか? 潰したたまごにマヨネーズを混ぜて、薄めの食パンに挟んで……という、コンビニなどにもよく並ぶたまごサンドをイメージする人が多いはず。

しかし、昨今のサンドイッチブームに乗り、たまごサンドもどんどん進化している。だし巻きたまごやタマゴカツなどのニュータイプたまごサンドを5つ紹介!

【ニュータイプたまごサンド5選!】

1. 京都で伝説の豪快たまごサンド!『マドラグ』(神楽坂)
2. 築地の老舗が作るアイディアたまごサンド!『つきぢ松露』(築地)
3. 元寿司職人が作る絶品たまごサンド『CAMELBACK sandwich&espresso』(代々木公園)
4. タルタル&ゆで玉子どっさり! 悪魔のサンドイッチ『3206本店』(神谷町)
5. 夜の街で出会うハイブランド系たまごサンド『ニューヨークウィッチーズ』(新宿)

1. マドラグ(神楽坂)

極厚、ジューシー! 京都で“伝説”と呼ばれた『コロナの玉子サンド』

「奥神楽坂」と言われる、神楽坂の中でもコアな場所にたたずむ『la kagu(ラカグ)』内にある喫茶、マドラグ。

ここでは京都の老舗洋食屋さん『コロナ』で提供されていた、分厚いだし巻きたまごがサンドされた伝説のたまごサンド「コロナの玉子サンド」を味わうことができる。

神楽坂駅の矢来町方面の出口を抜けると、目の前に現れるla kagu(ラカグ)。広々としたデッキでは地元の人々がゆったりとした時間を過ごしている
la kagu内の一角にスペースを構える喫茶、マドラグ。ファッションやライフ雑貨など、おしゃれなアイテムが並ぶセレクトショップとワンフロアになっており、開放的な雰囲気だ

今はなき京都の老舗洋食屋『コロナ』で出されていた、このたまごサンド。たまごサンドのために多くの人が洋食屋に列をなしたことが、“伝説”と言われるゆえんだ。このたまごサンドに感銘を受けた京都マドラグのオーナーが、レシピをそのまま受け継いだのだそう。現在このたまごサンドが味わえるのは京都マドラグと、神楽坂ラカグの2カ所のみだ。

だし巻きたまごをサンドした後3分ほど蒸らし、カットしていく。水分の多いだし巻きたまごを作る工程、さらにそれを分厚いパンに挟んでカットする技術を持つスタッフは限られているとのこと

店内はオープンキッチンになっており、たまごサンドを調理する様子を見ることができる。ふんわりとしたたまごとパンをつぶすことなく、手際よくさっくり切り分ける技術は目にも楽しい。

店内で提供されているたまごサンドは熱々! かぶりついた途端に、たまごに閉じ込められただしがあふれ出す

マドラグの「コロナの玉子サンド」は店内とテイクアウトどちらでも楽しむことができる。店内で食べるたまごサンドは、だし巻きたまご6cm、パンが上下2cmと合計10cmもの厚さ!

1人前にたまご4個を使用しているというど迫力のボリュームだが、ふんわりとしたたまごの口当たりが軽く、女性でもペロリと食べられてしまいそうだ。

テイクアウト用のたまごサンドは、なんと1日限定10食。このサンドが4つ入って950円(税抜)というリーズナブルさだ

テイクアウト用は型崩れしないよう、だし巻きたまごを一晩冷やしている。冷めてもおいしく食べられるよう、店内用と作り方を変えているのがポイントだ。ボリューム感がありつつも、ふわっと焼き上げられた柔らかい、だし巻きたまごの口当たりの軽さは健在。

分厚いだし巻きたまごと分厚いふわふわの食パンで挟んだ“伝説のたまごサンド”は断面もほれぼれするほどの迫力だ

だし巻きたまごのサンドイッチなんて斬新! と、目を奪われるが、実は関西地方では「だし巻き玉子+分厚い食パン」のたまごサンドは一般的なのだそうだ。

開放的な空間で、東西たまごサンドの違いに触れ食を楽しむもよし、その後はファッションや雑貨、書籍をゆったり見るもよし。たまごサンドはもちろん、あらゆる文化をスタイリッシュに楽しめるお店だ。

Yahoo!ロコマドラグ
住所
新宿区矢来町67 ラ カグ 1F

地図を見る

アクセス
神楽坂駅[2]から徒歩約0分
牛込神楽坂駅[A1]から徒歩約6分
江戸川橋駅[3]から徒歩約9分
電話
03-5579-2130
営業時間
11:00~20:30(L.O.20:00)
定休日
不定休(la kaguに準ずる)
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。


2. つきぢ松露(築地)

老舗が作る、究極のまかないサンド
『松露サンド』

築地場外の総合案内所「ぷらっと築地」の目の前にお店を構える『つきぢ松露(しょうろ)』

もともとお寿司屋さんに卸していたという築地名物のたまご焼きを提供している。築地の老舗が作るたまごサンド「松露サンド」は、築地場外がにぎわう午前中の購入がおすすめだ。

この日のお店到着は午前8時。すでに築地場外は多くの人で賑わっていた。つきぢ松露にも、ひっきりなしにたまごサンドを求める人々が来店する
たまご焼きだけでもこれだけの品ぞろえ! たまごサンドも、スタンダードなたまごサンドのほか、七味唐辛子の入ったたまごサンドやニッポン放送のラジオとの期間限定コラボサンドなどが並ぶ

築地という土地柄もあり、土曜日など来客が多い日には午前9時頃にはたまごサンドが売り切れてしまうのだとか。「松露サンド」をテイクアウトで購入し、食べ歩きつつ築地場外を観光するのも楽しい。

松露サンドは1パック2個で500円。たまご焼きを一晩寝かせることで、だしの塩気が出るのだとか。1パックで2.5個分使用されるたまごは茨城の契約農家のもののみを使用している

もともと現在の社長さんの祖父母の代まではお寿司屋さんだったつきぢ松露。たまごに合う寿司のシャリと味わいが近くなるよう、パンにも合うマヨネーズを一緒に挟み込むことで、たまごの甘さの中にもしっかりと“しまり”のあるたまごサンドに。甘み酸味のコントラストが絶妙だ。

断面を見ると、たまごのインパクトに負けないほどマヨネーズがたっぷり。老舗のたまご焼きが、洋の食材とコラボすることでできた、日本が誇るワンハンドフードだ

もともとは、社長の奥さんが土曜日など忙しい日の子どもの昼食に出していたというこのたまごサンド。いわゆる「まかない飯」が商品として店頭に並び、人気商品になったというわけだ。

築地の老舗が提供する目新しさ満載の「松露サンド」は、築地観光のお土産としてもぴったり!

Yahoo!ロコつきぢ松露
住所
中央区築地4-13-13

地図を見る

アクセス
築地市場駅[A1]から徒歩約3分
築地駅[1]から徒歩約4分
東銀座駅[6]から徒歩約6分
電話
03-3543-0582
営業時間
≪月-土≫ 4:00-15:00≪日・祝・休市日≫ 9:00-15:00
定休日
日曜・祝日・不定休(築地市場に準ずる)
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。


CAMELBACK sandwich&espresso(代々木公園)

元寿司職人が作る、シンプルイズベストな『すしやの玉子サンド』

代々木公園にほど近い路地裏にある『キャメルバックサンドウィッチ&エスプレッソ』

ここでは、元寿司職人が作るシンプルな「すしやの玉子サンド」が味わえる。テイクアウト専門のおしゃれな外観のお店は、常連客はもちろん海外からの観光客にも人気だ。

おしゃれな店頭は、周辺の住宅街の中でも目を引く
店内は所々に和のオブジェが。これも元寿司職人でありサンドイッチの調理を担当する成瀬さんが大切にしている、日本の精神を表している

「すしやの玉子サンド」は、なんと昼過ぎに売り切れてしまうこともあるという。決して至便とはいえない場所にあるのに驚き!ランチ前に、コーヒーと一緒に購入し、ゆったり代々木公園で堪能するのもおすすめ。

毎日、朝と夜に焼き上げるというたまご焼き。食べてしまうのがもったいない! と感じるほど均整のとれた美しさだ

職人直伝のたまご焼きは、手間暇をかけた唯一無二の逸品。量よりも質で勝負している様子がうかがえる。

たまご焼きの作り方や、使用する道具はすべて成瀬さんが寿司職人時代の時と同じものなのだそう

具材はたまご焼きだけでシンプルながら、味付けに和がらしを使い、ちょっと変わったアクセントを利かせているのもアメリカで5年、日本で5年修行したという元寿司職人ならではのアイディアだ。

すしやの玉子サンドは380円(税抜)。ちょっと何か食べたい、そんな時にもぴったりな手頃なサイズ感のたまごサンド

これだけシンプルな見た目からは、なかなか味を想像できないのではないだろうか?

まるでスイーツのような食感の甘めのたまご焼きに、和がらしのピリッとした味が効いている。そして驚くのはコッペパンのモチモチ感! パンに関しても厳選した3店舗からしか仕入れないというこだわりっぷりだ。

均一に焼かれたたまご焼きが挟まれたサンドは、断面も美しい

上に乗っているネタに目が行きがちだが、本来お寿司は「シャリをどうおいしく食べるか」という部分を追求したものだ、という寿司職人時代の師匠からの教えをサンドイッチにも反映させる成瀬さん。

キャメルバックサンドイッチ&エスプレッソでは、たまご焼きのおいしさを味わうことによって、パンのおいしさを再確認できるたまごサンドに出合える。

Yahoo!ロコCamelback sandwich&espresso
住所
渋谷区神山町42-2

地図を見る

アクセス
代々木公園駅[2]から徒歩約5分
代々木八幡駅[出口2]から徒歩約7分
渋谷駅[3a]から徒歩約11分
電話
03-6407-0069
営業時間
10:00~19:00
定休日
月曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。


4. 3206本店(神谷町)

半熟たまごとタルタルソースの
悪魔のささやき『デビルドサンド』

東京タワーのお膝元、神谷町の駅近くにお店を構える『3206本店』

パンもすべて自家製の、こちらのお店で味わえるたまごサンドは、その名も「デビルドサンド」。Instagramなどでも大人気のたまごサンドの正体とは?

3206店頭にはテラス席も。テイクアウトはもちろん、晴れた日にはサンドイッチやスイーツのイートインもおすすめ
店内には色とりどりのサンドイッチやスイーツがいっぱい! 見た目もかわいいスイーツはリーズナブルで手土産にも人気なのだとか

3206本店のサンドイッチはとにかく具材がたっぷり入っているのが特徴。片手で食べられるお食事をイメージしているだけあって、酢豚ローストチキンなど、おかずになりそうな料理がそのまま挟んであるようなサンドイッチばかりだ。

たまごを豪快に3個ほど使ったデビルドサンドは440円とリーズナブル! オリジナルのタルタルソースはクリームチーズが入っており、クリーミーさの中にもさっぱりとした風味

見た目はとにかくインパクトが強いが、パンもふわふわ、たまごもトロトロで、口当たりはライトに感じてしまうから不思議。

まさにこれが“デビル”とこのサンドイッチが言われる由縁。見た目のわりにさっぱりと平らげられてしまうのだ。社長の月川さんも「毎日食べるのはちょっとコレステロールが心配かもしれません(笑)」と語るほど。

ゆでたまごを使うという、いわゆる“たまごサンド”の雰囲気を残しつつも、たまご本来の素材の味をしっかり楽しめるゴロリと入ったたまごが特徴だ

3206のたまごサンドはパンやタルタルソースまですべて手作り。もともとレストランで腕をふるっていたというシェフのこだわりが見える一品だ。東京タワー観光の際などに、“悪魔”のささやきに誘われてみてはいかがだろうか。

Yahoo!ロコ3206 本店
住所
港区虎ノ門3-20-4

地図を見る

アクセス
神谷町駅[3]から徒歩約2分
御成門駅[A5]から徒歩約5分
六本木一丁目駅[2]から徒歩約12分
電話
03-5776-6532
営業時間
月-金:8:00~20:00土・日:9:00~20:00
定休日
正月
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。


5. ニューヨークウィッチーズ(新宿)

見た目と食感のギャップが魅力!
夜限定の『タマゴカツサンド』

歌舞伎町のど真ん中、ビルの3階にある『ニューヨークウィッチーズ』。ここでは夜7時からしか味わえないレアなハイブランド系たまごサンド「タマゴカツサンド」を堪能できる。

西武新宿駅、大久保病院のほど近くに位置するニューヨークウィッチーズ。本当にこんなところにサンドイッチ屋さんが!? と思うような繁華街の一角だ
小さなドアを開けると、そこにはおしゃれなバーのような空間が。サンドイッチのほか、もちろんお酒も楽しむことができる

ここでは、タマゴカツサンドのほかプレミアムステーキサンドなど、ちょっとラグジュアリーなサンドイッチを楽しむことができる。周辺で働く女性たちが、テイクアウトやデリバリーで購入していくことも多いのだそうだ。

衣をつけてサクサクに揚げられたたまごを丁寧にカットしていく。ナイフを入れた時のサクッという音に食欲をそそられる
タマゴカツサンドは6切れで850円。オーナーの川原さんが全国を回って見つけたという手焼きの卵焼きは、いわゆるお食事系の卵焼きで甘みが抑えられているのが特徴

普通のたまごサンドにはないカツのサクサク感、たまごとパンのふんわり感が口の中でお互いに程よい主張をしてくれる。軽やかながらもジューシーな味わいだ。この食感を味わってもらうため、賞味期限は作ってから3時間という短い時間に設定しているのだとか。

薄めに見える衣。コンパクトでシンプルな出来上がりのように見えるが、口に入れた瞬間のインパクトに驚かされる

アメリカに留学経験のあるオーナー川原さんの、サンドイッチの王道「たまご」と、フライドチキンなどのアメリカの揚げ物カルチャーを融合することで絶対においしいものができるはず! というアイディアから、全国からこだわりの材料を取り寄せ試行錯誤を加えた末に誕生したというこのタマゴカツサンド。

少々お高めに設定された値段も、素材へのこだわりがあってこそ。美容や健康に敏感な女性たちが集う歌舞伎町に店を構えているからこそのこだわりだ。

Yahoo!ロコNEW YORK WITCHES
住所
新宿区歌舞伎町2-38-8 八汐会館 3F

地図を見る

アクセス
西武新宿駅[北口]から徒歩約3分
新宿(東京メトロ)駅[B12(北側)]から徒歩約6分
東新宿駅[A1]から徒歩約7分
電話
03-3200-8686
営業時間
19時~翌5時
定休日
日曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

これまでのたまごサンドの常識を覆してくれる進化系たまごサンド。
「たまごサンドなんて、どこも同じでしょ!」なんて一言を、思わず飲み込んでしまうツワモノぞろいだ。

取材メモ/いわゆる“普通のたまごサンド”しか知らなかった中での取材。ニュータイプたまごサンドとの衝撃的な出合いばかりの刺激的な一日でした。今後も、サンドイッチのお店に入るたびに、思わずたまごサンドをチェックしてしまいそう……。

取材・文/Rina Onodera(リベルタ) 撮影/延原優樹

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES