リメイクの達人が指南! 新生活に使える“100円アイテム”

特集

Hello, 新しい自分。はずむ春の新生活

2017/03/15

リメイクの達人が指南! 新生活に使える“100円アイテム”

100円グッズを使ってつくるアイデア雑貨が話題のカリスマ作家・猪俣友紀さんと一緒に100円ショップを訪問。新生活に便利なアイテム&おしゃれなリメイク術を聞きました!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

\指南していただいたのはこの人/

猪俣友紀

猪俣友紀

布小物作家

今回猪俣さんが取材場所に選んだのは「Seria」。“ナチュラル系のおしゃれアイテムが多い!”とDIY女子たちに話題の100円ショップだ。

訪れたのは「Seria丸井新宿ANNEX店」。「Seria」は都内に約50店舗展開している

――商品がたくさんあって目移りしますね! まずはどこから回りましょうか。

猪俣友紀さん
猪俣友紀さん
「では、ハンドクラフト&DIYコーナーから行きましょうか!」

【100円アイテム1】
扉や棚がおしゃれに変身! 「リメイクシート」

好きなサイズにカットできるシールタイプの「リメイクシート(45×90cm)」(108円)

――こんなに種類があるんですね!

猪俣友紀さん
猪俣友紀さん
「そうなんですよ、タイル、花柄、木目調…いろいろあります。全部デザインがかわいいでしょ~!  裏側がシールになっていて貼り付けるだけだから、誰でも簡単にお部屋をリメイクできちゃうんです」

猪俣さんおすすめ 100円リメイク
「リメイクシートで戸棚をアレンジ」

猪俣家ではウッド調の「リメイクシート オールドウッドA」で吊戸棚をアレンジ。これだけで無機質だった空間があたたかい印象になる

――おしゃれですね~!

猪俣友紀さん
猪俣友紀さん
「ここは小さな吊戸棚だったので、使ったのはリメイクシート1枚だけ。だから108円です!」

――へ~、さすがは100円ショップ‼︎ でも貼る作業が難しそう……

猪俣友紀さん
猪俣友紀さん
多少失敗しても何度か貼りなおしができるので大丈夫ですよ。一気にシールをはがしてしまわずに、貼り付けながら少しずつはがしていくのがコツです。デザインに飽きても簡単にはがして別のシートに付け替えられるので、手軽に部屋をイメチェンできます。賃貸物件にもおすすめですよ!」
リメイクシートの裏側はこんな感じ。寸法がcm単位でプリントされているからカットもしやすい。最近の100円ショップは細かいところまで至れり尽くせりだ
猪俣友紀さん
猪俣友紀さん
「扉のほかにも、カラーボックスやテーブルの板なんかに貼ってもおしゃれ。何かを撮影する時の背景として使ってもインスタ映えしますよ!」

【100円アイテム2】
インテリアから収納まで万能!「桐すのこ」

100円DIYの定番アイテム「桐すのこ」(108円)。サイズもいろいろとそろっている

猪俣さんおすすめ 100円リメイク
「インテリアになる壁掛け収納」

――すのこはDIYで、いろいろ活躍してくれそうですね。

猪俣友紀さん
猪俣友紀さん
「はい、これまでトータルで何枚購入したかわからないほどです(笑)。例えば壁掛けのインテリア。壁との間にできるすのこの隙間を利用して、S字フックを掛けてアクセサリーを飾ったり……。便利だし、かわいいんですよ!」
壁掛けにすると、すのこ特有の隙間が便利に活用できる
さらに部屋に合わせてペンキを塗れば、雰囲気がガラリと変わる。もはや、すのこの影はない
猪俣友紀さん
猪俣友紀さん
すのこを壁に固定する時は、三角吊金具がおすすめ。ちなみにこの金具も、ペンキやペンキを塗る刷毛(はけ)などの道具類も、ぜーんぶ100円ショップでそろいます」
これが「三角吊金具6P 古色仕上げ」(108円)。フォトフレームの裏などでよく見るアレである

――でもアレンジって素人には難しそうですね

猪俣友紀さん
猪俣友紀さん
「いえいえ、そんなことはありません。金具をネジで留めたり、ペンキを塗ったり、とても単純な作業ばかり。慣れてしまえば作業時間もかかりませんよ!」
「Seria」のDIYコーナーには道具がずらり! 引き出しの取っ手など、DIYパーツも豊富
猪俣友紀さん
猪俣友紀さん
「すのこを5つ組み合わせれば収納ボックスに、黒板を合わせればイーゼルにもなります。木の板から作るよりも手間がかからないのが、すのこのいいところですね」
すのこで作ったイーゼル。黒板もウェルカムボードも100円ショップでそろえたものだそうだ

【100円アイテム3】
ここがセンスの見せどころ!「ガーデンラック」

ガーデニング用品として人気の「ガーデニングワイヤーラック(20×5×14cm)」(108円)

猪俣さんおすすめ100円リメイク
「2つ組み合わせてスパイスラック」

――ガーデンラックがキッチン用品に……(感心!)。その発想はどこから?

猪俣友紀さん
猪俣友紀さん
「ある時、スパイスを置く棚が欲しいな~と思って商品を探していたところに、このガーデンラックを見つけたんです。“2つ組み合わせてみたらどうだろう”と思い立ってサイズを測定したらこれがぴったり! あの時は感動しました」
2つのガーデンラックを付属の木の板を使って固定。結束バンドを使って固定しても◎

100円リメイクは
1つより2つ以上がおもしろい!

猪俣友紀さん
猪俣友紀さん
「100円ショップのアイテムは、アイデア次第でいろいろな用途に使えるのがおもしろいんです。同じ商品をいくつも組み合わせることでまったく別のアイテムに生まれ変わることも。商品を購入する時は“これとこれを組み合わせたらどうかな……”といろいろ想像しながら巡ると楽しいですよ!」
ガーデンラックを2つ使用してつくった北欧ストリング風シェルフ。発想の転換がすばらしい!

【100円アイテム4】
壁面をおしゃれに活用!「アイアンバー」

「インテリアアイアンウォールバー(43×7cm)」(1本・108円)

――これはどんな風に使うんですか?

猪俣友紀さん
猪俣友紀さん
「クローゼットに取り付ければスプレーの収納に、洗面所ならタオルかけ、キッチンではおたまやフライがえしなどキッチンツールをまとめたり……と、壁に取り付けるだけでいろんなものがかけられる優れものです」

猪俣さんおすすめ100円リメイク
「トイレットロールホルダー」

猪俣友紀さん
猪俣友紀さん
「アイアンバー2本をトイレットペーパーが収まる間隔を空けて壁面に取り付ければ、あっという間にトイレットロールホルダーが完成。周りにちょっとグリーンを飾ると清潔感がアップします」
自宅のトイレがナチュラルな空間に。トイレットペーパにクラフト紙(これも100円ショップに売っている)を巻くとさらにオシャレ度が増す!

【100円アイテム5】
同サイズでそろえたい「収納ボックス」

これ、ぜーんぶ収納ボックス。形もデザインもいろいろ

収納アイテムの買い出しは
必ずサイズを測ってから挑むべし!

――種類がたくさんあって、迷っちゃいますね。

猪俣さん
猪俣さん
「収納ボックスを選ぶ時に一番大切なのはサイズです。いきなりお店に行って“だいたいこれくらいかな~”なんて感覚で選ぶと絶対に失敗します。お店に行く前に、自宅で収納したい場所のサイズを測って、ぴったり収まるサイズのものを選ぶのがポイントです」
猪俣家の収納棚。高さも幅もぴったり収まっていて美しい!
猪俣友紀さん
猪俣友紀さん
「私が愛用しているのは取っ手付きのタイプ高い場所に収納しても取り出しやすくて便利です。中身が見えないタイプだと自分でもどこに何をしまったか忘れてしまうことがあるので、とくに高い場所や冷蔵庫の中などは半透明や網目の収納ボックスがおすすめです」
同じ場所に置く収納ボックスは同じデザイン、同じサイズのものをそろえるのが鉄則! 整然と並んでいると、すっきりと見えて気持ちがいい

というわけで、お買いもの終了!

――最後にこれから新生活を始める人へ、100円リメイクのアドバイスをお願いします!

猪俣友紀さん
猪俣友紀さん
「100円リメイクの魅力はなにより手軽なこと。最近は品ぞろえも多彩でしかも1点1点のクオリティーが高いので、センス次第でおしゃれに部屋をコーディネートできます。新生活のスタートを機に、持ち前の発想力を生かして上手に取りいれてみてください」

取材メモ/今回紹介したリメイクは、材料費1000円以下で作れるものばかり! 素材だけでなく道具まで手軽に安くそろうとあって、ハマる人が続出なのもうなずけます。ちなみに猪俣さんは最近100円リメイクの本、『neige+yunyunの100円アイテムで作る簡単リメイク収納&インテリア』を出版。もっともっとリメイク術を知りたい人はぜひ読んでみてくださいね。

Yahoo!ロコSeria新宿マルイアネックス店
住所
東京都新宿区新宿3-1-26

地図を見る

アクセス
新宿三丁目駅[C1]から徒歩約1分
新宿駅[JR新南口(歌舞伎町方面)]から徒歩約5分
新宿(東京メトロ)駅[A6]から徒歩約5分
電話
03-6380-6263
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

構成=mogShore 取材・文=齋藤久美子 撮影=岡本卓大


\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES