土曜も日曜も1泊3900円!箱根の常識破りの宿に泊まってみた

土曜も日曜も1泊3900円!箱根の常識破りの宿に泊まってみた

2020/10/13

都心から思い立ったらすぐに行ける温泉地といえば箱根。そんな人気温泉地の箱根に、1泊3,900円で泊まれる衝撃的な宿を発見!平日はもちろん、土曜日も!日曜日も!年内いっぱい、たった3,900円で泊まれるというから驚きです。

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

早川渓谷沿いの真っ黒なコスパ最高のホテル

塔ノ沢 キャトルセゾン

箱根で1泊3,900円なんて、ドミトリーのゲストハウスかカプセルホテルじゃないの?とお思いの皆さん、そんなことはありません!スタンダードな客室をもったホテルです。その名は「塔ノ沢 キャトルセゾン」。しかも早川沿い、箱根の山を登る県道138号に面し、ロケーションも抜群。

一面ガラス張りのラウンジ

真っ黒な建物にチェックインすると、フリースペースとして使える一面ガラス張りのラウンジが奥に広がり、窓からは早川の緑まぶしい渓谷美を一望!これからの秋の季節は、山肌を染める紅葉が楽しめそう。

山肌を染める紅葉が楽しめそう

この客室に3,900円で泊まっていいんですか?!いいんですっ!

明るく清々しい客室

いったい3,900円で泊まれる客室はどんな感じなんだろうとドアを開ければ・・・明るく清々しくて、広いではありませんか!

広さ約34平方メートルの「川側洋室」

宿泊した客室は、広さ約34平方メートルの「川側洋室」。オフホワイトをベースにオレンジのフットスローがアクセントになっています。これで3,900円で泊まっていいの?と思えるほどのお値打ち感!

絶好のロケーション

早川渓谷の緑を取り込むような一面の窓からは、眼下に早川、正面には箱根の山が迫り、その美しい渓谷美を眺めるには絶好のロケーション。窓を開ければ、優しい川の音まで聞こえ、客室にまで緑を落とす爽快感は格別!

眼下に早川
窓を開ければ、優しい川の音まで聞こえます

窓際にはエキストラベッドになる大きなソファが備えられ、4名定員ということもあり、広さ以上のゆとりを感じることができくつろげます。

緑の景観が心地良い

ベッドサイドからもこの通り!みずみずしい緑の景観を眺められて心地良い。

ベッドサイドからもこの通り!

1974年築の建物ということもあり、客室やバスルームなどのところどころにレトロ感は残りますが、客室のお風呂などには塔ノ沢の湧水を使用。もちろん温泉もあります!

バスルーム

この客室も!あの客室も!いつでも3,900円で泊まれる!!

安い理由とは・・・

なぜこんなに安いのかというと、「塔ノ沢 キャトルセゾン」は箱根で10施設を運営する「一の湯グループ」の一施設。その「塔ノ沢 一の湯本館」の“箱根一の湯 創業390年祭り”だからなんです。

塔ノ沢 一の湯本館

創業390年にちなんで39のキャンペーンが開催される予定で、その28弾目が【常識破りの1泊3,900円 平日・休日いつでもサンキューキャンペーン】。2020年12月25日までの全日、「塔ノ沢 キャトルセゾン」では1泊素泊まり1名3,900円という大盤振る舞いが行われているのです!

川側スーペリアツイン

こちらは、靴脱ぎスタイルで楽しめる「川側スーペリアツイン」。リニューアルされたワンランクアップしたモダンな客室なのですが・・・

この客室もなんと、1泊3,900円!

この客室もなんと、1泊3,900円!これは斜め上行くお値打ち感!予約もこの「川側スーペリアツイン」から埋まっていくというからお早めに。

川側和洋室ツイン

窓際に畳が設けられのんびりとできる「川側和洋室ツイン」も、なんと1泊3,900円。

畳に座ってのんびり

全19室あるのですが、どの客室に泊まっても1泊素泊まり1名3,900円で宿泊できます。しかも土曜日も日曜日も料金アップすることのない同一料金とは、創業390年祭りとはいえ、まさに常識破りですよね。

創業390年の一の湯本館の温泉も使える!

3~4名でいっぱいになる温泉

温泉はというと、3~4名でいっぱいになる小ぢんまりとした男女別の湯。レトロモダンなステンドグラスやモザイクタイルで彩られています。

22時からは貸し切りも可能です

22時からは貸し切りも可能で、誰にも邪魔されることなく、さらりとした単純泉の湯をゆっくり楽しむこともできます。

さらりとした単純泉の湯を楽しめます

温泉気分にどっぷり浸りたければ、ホテルから歩いて1分ほどの創業390年を誇る「塔ノ沢一の湯本館」の大浴場を無料で利用することが可能。

塔ノ沢一の湯本館の大浴場

白壁に鉄平石の湯船が、なんとも端正な表情。早川の川の音を感じながら、のんびりと温泉を楽しめます。

川の音を感じながらのんびりと
「恵の湯」にはシャワー設備がないので注意

男女入れ替え制の大浴場が2つあるのですが、「金泉の湯」には1カ所だけシャワーがあるものの、「恵の湯」にはシャワー設備がないので注意。シャンプーやボディーソープなどは備えられていますが、まさしく湯を楽しむだけに造られたような温泉情緒を味わえます。

温泉情緒を味わえます

イタリア製の大理石に彩られた極上のひととき

真っ白な大理石で彩られた貸切家族風呂

「塔ノ沢一の湯本館」には、真っ白な大理石で彩られた貸切家族風呂もあり、こちらを利用するのもおすすめ。もちろん無料で利用可能で、シャワー設備も整っていますが、利用前に空き状況の確認を。

レトロロマンチックな雰囲気

大正6年にイタリアから輸入された大理石を使った湯船は、光を受けて水色にきらめくような美しさ。ツルツルの大理石の肌触りも格別で、レトロロマンチックな雰囲気の中で温泉を楽しめます。

ツルツルの大理石の肌触りも格別

箱根の温泉を1泊3,900円で楽しめる“箱根一の湯 創業390年祭り”。なんと第31弾では、お客が宿泊料を決めることができる【価格の民主化宣言! お客様が価格を決める「言い値プラン」】も発表され、こちらもお値打ち感満載でした。(※すでに完売)

[All Photos by (C)tawawa]

この記事を書いたライター情報

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「人生に旅心を」。旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジン。旅の情報や小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案。読者のみなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINE(タビジン) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載