香りを楽しみ旬をたぐる、秋の新蕎麦 7選

香りを楽しみ旬をたぐる、秋の新蕎麦 7選

2020/10/24

さわやかに鼻を抜ける新蕎麦の香り。挽きぐるみ、十割、二八、外一…。召しませ、職人の気合技!

奈良っこ

奈良っこ

そばの最もおいしい季節

1年中季節を問わず食べられている蕎麦は、10月~11月に「秋蕎麦」の旬を迎えます。香りも味も、食感も色も優れている秋の新蕎麦をご賞味あれ。

手打そば 矢的庵

特製田舎ざるそば 1,200円/季節の天ぷら 900円(税別)

信州八ヶ岳産の霧下そばを世界遺産吉野山の名水で手打ち

八ヶ岳産のソバ3~4種を独自ブレンド、吉野山の名水で打つ。世界遺産の地の吉野建古民家でいただく戸隠仕込みの“ぼっち盛り蕎麦”は、絶妙の風味とコシ。こだわり抜いた蕎麦つゆと好相性だ。全山が紅葉する10月下旬過ぎには新蕎麦も登場。
★奥大和の滋味満載『そば会席』は予約で。
【MENU】※価格は税別
●特製田舎ざるそば 1,200円
●ざるそば 1,000円
●蕎麦会席・精進料理 5,000円~
※2人~、3日前までに要予約
●季節の天ぷら 900円

蕎麦きり 彦衛門

貝柱とあわび茸のせいろ 1,500円

「志」を挽き込む、「瞬き」を打ち込む、挽きぐるみ蕎麦を堪能すべし

厳選した「玄蕎麦」を、石臼で日夜挽く。蕎麦は、つるりとしたのど越しの“絹びき”と、もっちり野趣あふれる“粗びき”の2種。旨みを凝縮したつゆでいただこう。〆はとろとろの蕎麦湯で。食べ終われば、体も心も幸せになれる菖蒲池の名店だ。
【MENU】
●貝柱とあわび茸のせいろ 1,500円
●絹びきせいろ/あらびきせいろ 各880円
●天然えびの天せいろ 1,950円
●お昼のおまかせ膳 1,700円

手打ち蕎麦 たぬき

鴨せいろ 1,600円

自家製粉で、甘みと香りがアップ!アツアツの鴨汁で、蕎麦をいただく

今春、皮剥き機を導入。店主自ら、その日必要な量だけ、玄蕎麦から皮をむき、粉にして蕎麦を打つ。これまで以上に、甘みと香りが引き立つ蕎麦になった。国産の鴨ロースと白ネギたっぷり、かぐわしい香りの熱々のだしでいただこう。
【MENU】
●鴨せいろ 1,600円
●ざるそば 850円
●おろしそば 1,000円

鴨神そば(そば小舎)

ざるそば 800円/大盛り 1,200円

味わい深い“玄そば一本挽き” 手打ちならではの強いコシと風味

蕎麦本来の旨み、風味を生かすこだわりの“玄そば一本挽き”。手打ちならではのコシ、風味共に強く噛むほどに蕎麦の甘みも十分に堪能できる。生姜の効いた「焼き茄子そば」、濃厚倭鴨の「鴨汁そば」など店主考案の自在なアレンジも魅力だ。
【MENU】
●ざるそば 800円/大盛り 1,200円
●焼き茄子そば 1,100円
●鴨汁そば 1,300円
●きのこそば(11月~)1,000円

荒神の里・笠そば処

山菜そば 並680円(大1,020円)

笠で作ったソバ100%の三たて。清澄の里山を愛でながら

桜井・笠荒神の里で、地元女性たちのパワーが結実した名物蕎麦。自分たちで育てて収穫、石臼で挽き、打ちたてを提供する。やや細の丸抜き挽きぐるみは、風味・コシ・のど越しの3拍子揃い。やさしい味わいのつゆやだしが蕎麦の持ち味を引き立てる。
★野菜直売所併設、そば打ち体験教室あり
【MENU】
●山菜そば 並680円、大1,020円
●ざるそば 並520円、大930円
●荒神そば 並630円、大1,020円
●きつねそば 並630円、大990円
●かやくご飯 400円

手打ち十割そばと濃厚な雲丹の店 玉竹流

ざるそば(1.5合打)750円、雲丹・いくら小丼1,150円、春鹿純米超辛口500円(税別)

手打ち十割そばとウニ小丼が玉竹流。

信州直送の粉で打つ、こだわりの手打ち十割。細く長い麺は香り立ち打ちたてのみずみずしい食感とのど越しを堪能できる。利尻昆布と鰹、鯖だしの旨み引き立つつゆに、薬味の辛味大根をピリッと効かせて、絶品の濃厚ウニ、イクラ小丼と共に。
★期間限定の冷かけ・すだち蕎麦も人気!
【MENU】※価格は税別
●ざるそば 1合打630円/1.5合打750円
●辛味大根(薬味)150円
●雲丹小丼 690円
●いくら小丼 750円
●雲丹・いくら小丼 1,150円

手打ちそば処 橘

ミニ天丼・ざるそばセット 1,250円(税別)

本物の蕎麦のおいしさを届けたい。国産食材にこだわる加茂の名店

客の多くが、おひとり様か2人連れ。蕎麦好きがウンウンと頷く、加茂駅近くの蕎麦処。「香り、甘み、食感。本物の蕎麦を食べてもらいたい」と、心を込めて打つ。だしも国産天然100%。この時期の新蕎麦は北海道産。つゆが絶妙な丼もお試しあれ。10月からは鴨汁そばと鴨なんばそばも登場。
【MENU】※価格は税別
●ミニ天丼・ざるそばセット 1,250円
●ざるそば 850円
●鴨汁そば(季節もの)1,250円
●天ざる 1,450円
●鴨なんばそば(季節もの)1,350円

本記事は、yomiっこ 2020年10月号の掲載記事を元に再編集しています。

引用元:yomiっこ2020.10月号

月刊情報誌yomiっこ

月刊情報誌yomiっこ

奈良っこ編集部が手掛ける、奈良の月刊情報誌「yomiっこ」

2020年10月号は、「香りを楽しみ旬をたぐる新蕎麦」に、「すきま時間で免疫力UP! お手軽BODYメンテナンス」、「秋目前!旬の味覚狩り」などを収録

この記事を書いたライター情報

奈良っこ

奈良っこ

奈良好き初心者にもディープな方にもそれなりに役立つ“奈良ならでは”の情報が満載!地域情報誌を発行して約40年、(株)読売奈良ライフの編集部員が、「奈良をもっと元気に」をコンセプトに、話題のグルメや旬のニュース、お得情報をお届けします。随時更新されるので、ぜひチェックしてください。

奈良っこ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載