せせらぎと緑が織りなす異世界へ 鳴川渓と竜田川沿いを歩く

せせらぎと緑が織りなす異世界へ 鳴川渓と竜田川沿いを歩く

2020/10/22

今回の舞台は平群町。近鉄元山上口駅から千光寺への参詣道沿いにある鳴川渓や、竜田川流域の水の名所を巡る。

奈良っこ

奈良っこ

自然の中に歴史と信仰がいっぱい

西に生駒の山々が連なり、そのふもとには竜田川が流れる平群の里。自然に囲まれたこの地には、元山上千光寺をはじめ歴史的なスポットがいっぱい!清流と緑あふれる自然の中で、平群に伝わる歴史や信仰を体感しよう。

1 吉川商店

どこか懐かしい店構え

地元の人や参拝者に愛される、元山上口駅前にある駄菓子屋。学生に人気の「ペペロン」で、旅の前の腹ごしらえ。

ペットボトル茶140円、ペペロン60円、からあげ5個50円

2 パンの小屋 ともぱん

お店の外観

天然酵母と北海道産小麦を使ったパンが人気。元気なお母さんと出会いました。

クリームパン130円、パニーノ180円、あらびきソーセージ150円

★渓流スポット

竜田川の支流、櫟原川に沿って道を上る。川のせせらぎが心地いい
生駒山口神社前
本格的な山道。途中「イノシシ注意!」の看板も
鳴川大橋(右上)の下をくぐると薄暗い林に突入

3 清滝石仏群【平群町指定文化財】

訪問日は、滝の水を止めていたそう。残念…

修験道の行場。切り立つ大きな岩石に、高さ3m超の八尺地蔵摩崖仏や、五尊仏などの摩崖仏が彫られている聖域。

4 元山上 千光寺

境内には豊かな水を使った水力発電も

役行者(役小角)が開山。小角が大峯山(山上ヶ岳)を開く前に修行した地なので「元山上」、女性の修行もできるので「女人山上」と呼ばれる。体験修行も受け入れる。

5 金勝寺

本堂西側には、14体の摩崖仏群が刻まれている

天平18年(746)、行基により創建。この地に棲む龍神が行基を招いたという伝承も。最盛期には36坊を誇る一大伽藍だったが、天正年間に松永久秀の焼き討ちで焼失。

6 椣原の勧請綱

鉄道の橋梁上方に見えるのが勧請綱

竜田川を横断するように張られた大きな綱。村に疫病や悪霊が入らないようにする結界と、豊作や子宝を願うもの。毎年1月3日に、新しい縄に掛け替えられる。そばに水の神・龍神が棲む龍穴があったと言われ、龍神信仰とも深く結びつく。

7 馬鍬淵

ガタロ(河童)が棲むとも…

竜田川にある渓谷。ごうごうと音を立てる高さ約4mの滝と、深くて広い淵、奇岩など本格的。遊歩道が整備されており近くで見られる。名前の由来は、川の瀬に馬鍬と牛がのみ込まれたことから。

8 mamma

古都華のジェラート(コーン) 428円

歩き疲れたので、最後に冷たいアイスでクールダウン。イタリアの国際コンテスト6位入賞のジェラート。おいしかったー。

本記事は、yomiっこ 2020年8月号の掲載記事を元に再編集しています。

引用元:情報誌yomiっこ2020.8月号

月刊情報誌yomiっこ

月刊情報誌yomiっこ

奈良っこ編集部が手掛ける、奈良の月刊情報誌「yomiっこ」

2020年8月号は、「元気もりもり!!夏グルメ」に、「コロナに負けない体に!超簡単レシピ」、「奈良・大和路 祈りの灯火」などを収録

この記事を書いたライター情報

奈良っこ

奈良っこ

奈良好き初心者にもディープな方にもそれなりに役立つ“奈良ならでは”の情報が満載!地域情報誌を発行して約40年、(株)読売奈良ライフの編集部員が、「奈良をもっと元気に」をコンセプトに、話題のグルメや旬のニュース、お得情報をお届けします。随時更新されるので、ぜひチェックしてください。

奈良っこ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載