アクセス良し雰囲気良し! 一日が充実の神奈川花見ドライブ

特集

桜満開!全国5エリアお花見ドライブコース

2016/03/22

アクセス良し雰囲気良し! 一日が充実の神奈川花見ドライブ

東京からのアクセスが良く、名所がいっぱいの鎌倉・江の島。ここを訪れるならぜひ車を利用したい。海沿いのドライブは爽快で、楽しさ倍増だ!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

湾岸&古都の魅力をドライブで満喫

鎌倉をはじめとする風情漂うエリアが散在する神奈川。神社や周囲の町並みからは古都の雰囲気がうかがえ、その一方で海に面していることもあり、すばらしい眺望の中で、食事やロケーション自体を楽しめる。

そんな神奈川はこの時季から夏にかけて訪れるにはぴったりの場所と言える。逗子海岸付近から大磯港あたりまで伸びる国道134号は特にドライブで通りたい湾岸線。2015年3月に4車線化が完了したことで、これまで以上に気持ちよく走れるはず。3月下旬から4月上旬は桜が見頃なので、雰囲気がさらにアップ。そして、せっかく鎌倉や江の島を訪れたのであれば、最後は横浜に寄り道するのもいい。横浜港が見渡せる景勝地で、充実の一日を締めくくれる。

1. 鶴岡八幡宮

知名度抜群の八幡宮は桜の名所

鶴岡八幡宮は桜の名所としても知られ、特に源氏池をぐるりと囲むように咲 く桜群は壮観。例年、見頃は3月下旬〜4月上旬
江戸時代に徳川家斉によって建てられた楼門を抜けると、鶴岡八幡宮の本宮がある。楼門の額に書かれている八の字が、神の使いとされるハトの形をしているので要チェック

康平6年(1063)に創建され、鎌倉幕府を築いた源頼朝ゆかりの神社として、全国に数多くある八幡宮の中でも指折りの知名度を誇る。かつては武家を中心に多くの人からの信仰を集め、鎌倉幕府が倒れたあとは衰退も見られたが、江戸時代には再び幕府に支持され、現代でも多くの人が参拝に訪れる。桜や紅葉など、季節によって彩りを変える絶景はもちろん、宝物殿にある貴重な品々、本宮や若宮といった国や県の重要文化財に指定されている建物や像など、見ごたえたっぷり。

鶴岡八幡宮
【住所】神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
【アクセス】鎌倉駅東口出口から徒歩約10分
【電話番号】0467-22-0315
【拝観時間】6:00~20:30
【定休日】無休
【駐車場】あり

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


2. 小町通り

煎餅からクレープまで、和洋中何でも食べ歩き天国

平日でも多くの人が行き交う観光スポット。350mほどある商店街には、思わず手が伸びる食べ歩きグルメがいっぱい

鶴岡八幡宮の参道と平行に伸びる商店街で、鶴岡八幡宮を訪れる際には必ず立ち寄りたい場所。鎌倉らしく、手ぬぐいや陶器、和テイストのアクセサリーなどの雑貨を販売する店舗がたくさん。土産品を買うにも良く、食べ歩きのグルメも楽しめる。とはいえ、和の雰囲気だけでなく、クレープやジェラートなどを販売している店もあり、昔ながらの文化と現代的な文化が混在しているところがおもしろい。

小町通りにある日影茶屋 鎌倉小町店では洋菓子と和菓子を販売している。看板商品の一つである日影大福(173円)は、なめらかな餅とぎっしりの粒あんが特徴
奥は洋菓子の販売エリア。「この店でしか売っていない「鎌倉小町」(1296円)をぜひご賞味ください」と、スタッフの大草さん
スタッフの大草さんイチオシの「鎌倉小町」は抹茶のパウンドケーキ。しっとりしていて、中に入った栗の食感がアクセントになっている。駐車場:なし(近くに有料駐車場あり)
Yahoo!ロコ菓子舗 日影茶屋 鎌倉小町店
住所
鎌倉市小町2-2-26

地図を見る

アクセス
鎌倉駅[東口]から徒歩約2分
和田塚駅[出口]から徒歩約13分
由比ケ浜駅[出口]から徒歩約18分
電話
0467-24-1211
営業時間
9:30~19:00
定休日
無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。


3. Pacific DRIVE-IN

海沿いの絶景ロケーションで話題のハワイアンカフェ

店は七里ヶ浜海岸駐車場の中央に位置。海沿いの大規模駐車場にたたずむ店の奥には富士山が望める
天井が高く席の間隔が広いのでゆったり気分で食事が可能。そんな店内からも、ハワイのローカル感が漂う

ハワイのドライブインそのままに、開放的な空間と木の素材で、ナチュラルな雰囲気を感じられる内装が特徴の店。ハワイの店をたくさん食べ歩き、現地の味に近づけたというフードは、午前8:00のオープン直後から人がやって来るほど人気に。テイクアウトはランチボックススタイルで提供されるので、浜辺でサーファーを眺めたり、テラスで風を感じたりしながらの食事もいい。晴れの日は、富士山&江の島が見られるなどロケーションも最高。

ボリューム満点の「BLTAサンドウィッチ(左)」1100円(税別)と、4時間かけて焼き上げた豚肉の燻製をキャベツと炒めた「カルアピッグ&キャベッジ(右)」1150円(税別)
「ぜひ七里ヶ浜に食べにきてください!」と笑顔で語るスタッフの田澤さん(左)とアシスタントマネージャーの日向野さん(右)駐車場:あり(フードやグッズなど、1000円以上の利用で1時間無料)
Yahoo!ロコパシフィックドライブイン
住所
神奈川県鎌倉市七里ガ浜東2-1-12

地図を見る

アクセス
七里ケ浜駅[出口]から徒歩約5分
稲村ケ崎駅[出口]から徒歩約11分
鎌倉高校前駅[出口]から徒歩約15分
電話
0467-32-9777
営業時間
2016年11月1日-2017年2月28日月-金 10:00-20:00土日祝 8:00-20:00※冬季営業時間
定休日
不定休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。


4. 江の島アイランドスパ

江の島唯一の天然温泉

間近にオーシャンビューを眺めながら入る温泉は格別。天気がいい日にはその先に富士山が姿を現す
mod['contents3']
屋外スパエリアの露天泉は特に眺望がいい場所。トレーニング用のアクアジムを備えたトルマリン泉もある

江の島大橋を渡ってすぐにある、江の島唯一の天然温泉。“温泉療法・入浴プログラム”を掲げ、16種類の浴槽を利用した健康への寄与を目指している。そして、世界各国の種類豊富なトリートメントを受けられる、極上の癒し空間の弁天スパは、この施設の最大のウリ。カウンセリングを経て、ユーザー一人ひとりの悩みや目的に合った施術を行うことで、心身の健康美を促進する。天然温泉やスパを利用したあとに施術を受ければ、さらに高い効果が期待できるという。ドライブの途中で立ち寄れば、リフレッシュできそう。

洞窟をイメージしたカフェエリア。4月からは、みやじ豚のスペアリブなど、地産の良質な食材を使ったこだわりの新メニューを提供予定
弁天スパには、バリをイメージさせるlotusのほか、日本、中国、ヨーロッパの4カ国をイメージした部屋が用意されている

江の島アイランドスパ
【住所】神奈川県藤沢市江の島2-1-6
【アクセス】小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅出口から徒歩約10分
      湘南モノレール江の島線湘南江の島駅出口から徒歩約14分
      江ノ島電鉄線江ノ島駅出口から徒歩約14分
【電話番号】0466-29-0688(代表)
【営業時間】通常期10:00~22:00/冬季(12月~2月)11:00~21:00
【営業時間(弁天スパ)】通常期11:00~21:00(最終受付20:00)/冬季(12月~2月)11:30~20:45(最終受付19:45)
※未就学児は入館不可、小学生は日曜のみ入館不可
【定休日】年中無休(メンテナンスのための臨時休館あり)
【駐車場】なし(本館温浴総合施設の10000円以上の利用(1レシート)で、江の島島内の駐車場「藤沢市観光協会 江の島駐車場」「江の島なぎさ駐車場」「県営江の島駐車場」の駐車料金(普通車)を館内の滞在時間に応じて4時間までサービス)。
※精算時に駐車券の提示が必要。
フロントにて藤沢市観光協会 江の島駐車場(24時間営業)の割引利用券(普通車は1時間200円で利用可能)を販売

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


5.象の鼻パーク

海が見渡せるデートスポット

大さん橋から横浜赤レンガ倉庫へ行き来する際に通る象の鼻パーク。海に面しているため開放感があり、景観もいいのでデートで訪れるカップルも
象の鼻テラスでは常設のアート作品、時により展示やイベントが催されていて、来訪者が気軽に芸術に触れられるほか、象の鼻カフェではフードやドリンクの販売も行っている

1854年、ペリー提督が2度目の来日で上陸した場所であり、横浜港発祥の地。象の鼻パークは、開港150年を記念して2009年に誕生した。ちなみに、開港にあたって造られた突堤が、象の鼻と呼ばれていたのが名前の由来。横浜港が見渡せる絶景スポットであるほか、夜は園内に並ぶスクリーンパネルが光を放ち、横浜の夜景をさらに彩る。横浜ランドマークタワーなど、ビル群の後ろを太陽が沈みゆくサンセットも、言い表せないほどの美しさ。また無料休憩所である象の鼻テラスは、食事やお茶、雑談をする人たちが大勢いて、来園者の憩いの場となっている。

メニューを頼まなくてもテラスが利用できることは意外と知られていないという。「気軽にご来場ください」と、スタッフの阿部さん
阿部さんが「味も見た目もいいです」とアピールする、ワッフルチップとチョコチップで耳と目を表現した「ゾウノハナソフトクリーム」(400円)
近くに横浜赤レンガ倉庫や、3/4にオープンしたばかりのMARINE & WALK YOKOHAMAといったショッピングモールがあるので、立ち寄ってみるのもいい

象の鼻テラス
【住所】神奈川県横浜市中区海岸通1丁目
【アクセス】日本大通り駅1出口から徒歩約3分
      馬車道駅7出口から徒歩約9分(道案内)路線
      元町・中華街駅1出口から徒歩約11分
【電話番号】045-661-0602
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】年中無休
【駐車場】なし(近くに有料駐車場あり)

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

取材メモ/古都のイメージが強い鎌倉。鶴岡八幡宮や小町通りはその通りだったが、Pacific DRIVE-INからも、不思議と“鎌倉らしさ”を感じた。今回取材したどのスポットも、その土地に溶け込んでいたように思う。神奈川は、いろんなスタイルがうまく混在している印象を受け、そう考えるとスポットを見て回るのがさらに楽しくなった。ドライブの際には、そうした神奈川全体の雰囲気にも注目してみてはいかがだろう。

取材・文=井上良太(大空出版)、撮影=内田龍

ドライブデータ

コース

7:00 東京都内→車で約60分、8:00 鶴岡八幡宮→車で約10分、10:00 小町通り→車で約20分、12:00 Pacific DRIVE-IN→車で約10分、13:30 江の島アイランドスパ→車で約55分、17:00 象の鼻パーク

平均予算

9000円(2人参加時の1人あたり金額)

MAP

 

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES