『テラスハウス』の元住人・田森美咲が最先端シェアハウスを体験

『テラスハウス』の元住人・田森美咲が最先端シェアハウスを体験

2017/03/15

この春、新生活で引っ越すならいま大人気のシェアハウスはいかが? リアリティ番組『TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY』(Netflix/フジテレビ)に出演していた田森美咲が、湘南の最先端シェアハウスを体験! リアル・テラスハウスは叶うのか⁉

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

田森美咲

田森美咲

タレント・モデル

あの「テラスハウス」は果たして一般ピープルでも実現可能なのか!?

BOYS & GIRLS!
この春引っ越すなら、シェアハウスにしなよ

シェアハウス・ブームが止まらない。シェアハウスに特化したポータルサイト「ひつじ不動産」の発表によると、2016年末の時点で同サイトへの入居問い合わせ累計数が20万件を突破2013年からわずか3年間で、倍増した人気っぷりだ。入居者のうち高い割合を占めるのは20代後半から30代の女性ユーザー。一体、何にひかれてシェア生活を選ぶのだろう?

というわけで、自らもリアリティ番組『テラスハウス』でシェアハウス暮らしをしていた田森美咲(タモさん)が、湘南にある最先端のシェアハウスを体験レポしてきます!

「最先端シェアハウスは、リアル・テラスハウスな恋が生まれやすい環境なのかな? そこもしっかりチェックしたいです!」と意気込むタモさん

実は彼女、初めて北海道から上京した際もシェアハウスに暮らし、一人暮らし歴より共同生活歴の方が長いシェアハウス上級者なのである。

湘南の海まで自転車で約5分
毎朝サーフィンできるシェアハウス

タモさんが訪れたのは、神奈川県・茅ヶ崎に2016年11月にオープンしたばかりのシェアハウス「WITH PLACE 茅ヶ崎浜竹」

と、いきなり第一入居者、発見!

サーフボードを抱えて颯爽(さっそう)と現れたのは入居者のyoshimiさん
敷地内にはサーフボード置き場も
備え付けのシャワーを浴びる姿も決まってる!
タモさん(田森美咲)
タモさん(田森美咲)
「おはようございます! 朝からサーフィンなんて、ステキですね!」
yoshimiさん(シェアハウス入居者)
yoshimiさん(シェアハウス入居者)
湘南のビーチまで自転車で5分なので、週に何日かは朝7時くらいに起きて海に入ってサーフィンを楽しんでいます。仕事は11時からだから、サーフィン後もゆっくり朝の時間を楽しんでから、近くの職場に出勤しています!」
タモさん(田森美咲)
タモさん(田森美咲)
「めっちゃ憧れるライフスタイルです! テラハ出演時は、東京都内でのシェアハウスだったので、すぐそこが湘南の海なんてステキすぎ!」

のっけから心をつかまれたタモさん。早速、玄関をオープンして、お宅拝見。

「お邪魔しまーす」。靴箱には入居者たちの靴がズラリ。にぎやかなシェア生活が想像できる

恋と友情が生まれるのは
いつもキッチンから

扉を開けると、そこには開放的なリビングと広いキッチン。シェアハウスのメンバーが共有する団欒(だんらん)スペースだ。出迎えてくれたのは、シェアハウスの管理スタッフの松野さん。

松野さん(管理スタッフ)
松野さん(管理スタッフ)
「いらっしゃーい! 私、『テラスハウス』をほぼ全話観ていて。田森さんにお会いできるのすごく楽しみにしていました」
タモさん(田森美咲)
タモさん(田森美咲)
「わぁ、うれしい! ありがとうございます」
広いリビング。持ち前の明るさで早速打ち解けたタモさんと松野さん(写真左)

『テラスハウス』でもリビングの大きなソファでメンバー同士が、恋や夢について語り合うシーンが度々記録されていたっけ。

タモさん(田森美咲)
タモさん(田森美咲)
「クッションを抱きながら、とめどなく、いろんなことをしゃべれるリビングは、同居人たちとの距離をぐっと近づけてくれるもっとも大切な空間です」

そして、幾度となく番組で恋が生まれた舞台が、広いキッチン。

「WITH PLACE 茅ヶ崎浜竹」にもステキなキッチンが
松野さん(管理スタッフ)
松野さん(管理スタッフ)
今日は田森さんが来るから、BBQをしようと思って! 一緒に材料のお野菜を切りませんか?」
タモさん(田森美咲)
タモさん(田森美咲)
「え、BBQ! やったー!……(いったいどこでするんだろ?)」
こういうシーン、『テラスハウス』にもあったような
タモさん(田森美咲)
タモさん(田森美咲)
「『テラスハウス』に住んでいた時も、朝起きると、よく誰かしらがキッチンにいて、『おはよー』って声をかけてくれました。もし私がここに住んだら、朝いちばんにこのキッチンでコーヒーを入れながら、みんなとステキな朝のひとときを共有したいな」
「料理をしながらだと、ついつい本音を言っちゃうのはなぜだろう?」(田森さん)

リア充ライフをお約束
物件内でいつでもグランピング!

野菜をカットし終えたら、いよいよBBQタイム。

驚くべきことに、シェアハウス内に今はやりのグラマラスなキャンプ=「グランピング」を楽しめるスペースが設けられているという。思い立ったら、いつでもグランピング。これはもう、リア充ライフが確約されたようなもの。

キッチンから続くサンルームには、BBQコンロとハンモック、そしてオシャレなテントまでが常備されている

早速、率先して肉を焼きはじめるタモさん。おいしい香りに誘われて、サーフィン帰りのyoshimiさんや他のシェアメンバーも集まってきた。

シェアハウスの恋マスター!
タモ先生が語る、シェア生活と恋の魅力

グランピングが楽しめるシェアハウスは、同居人と恋に落ちるためのリアル・テラスハウス作戦において、どのような効力を発揮するのだろう? タモさんの見解やいかに?

タモさん(田森美咲)
タモさん(田森美咲)
「自宅でグランピングって恋には一番いいシチュエーションじゃないですか! 今日は女子メンバーだけですけど、もし男性メンバーがいたら多分お肉を焼いてくれるはずなんですよ。男性にとっては、率先して肉を焼くことで女子メンバーにアピールできる恋の魅せ場だと思います!」
肉を片手にご満悦。「例えば、デートの予定をわざわざ立てなくても、一緒に住んでいれば、自然の流れでBBQが楽しめますね!」(タモさん)
グランピングのテントの中はこんな感じ。温かみを感じるカーペットやグリーンが、リラックスを誘う
「『テラスハウス』では、よく好きな子を『ちょっと、あっちに行かない?』と別室に呼び出して、深い話をしていました。このグランピングテントはそうして二人っきりになるのにぴったりですね」

ガールズトーク in シェアハウス

いつしかお肉を食べながらガールズトークへ突入!

松野さん(管理スタッフ)
松野さん(管理スタッフ)
「このシェアハウスはオープンしたばかりでなので定員16人のところ6人で共同生活をしていますけど、実際に暮らしてみてどうですか?」
備え付けのハンモックでリラックスしながら、自然と笑顔があふれる
yoshimiさん(シェアハウス入居者)
yoshimiさん(シェアハウス入居者)
「メンバーはみんな、シェアハウスに住もうって思うくらいなのでいい意味でマイペース。暮らしやすいです。近所の友達もよくここへ遊びに来るんですけど、みんな全然ウェルカムのオープンマインドで。鍋やったりこうしてBBQやったり、とにかく毎日が楽しい!」
タモさん(田森美咲)
タモさん(田森美咲)
「大人になると出会う人も限られてきて、ともすれば職場と家の往復になりがちだけど、シェアハウスに住むと、自分とは違う趣味や価値観を持った人たちと自然と出会えて、つながれて、人間としてすごく勉強になるよね。とにかく、寂しくなることがないのがいい……! 一人暮らしより、やっぱり私は誰かとワイワイ暮らす方が好きだな」
シェアハウスなら一生の友達もできる?
松野さん(管理スタッフ)
松野さん(管理スタッフ)
「わかります! シェアハウスで恋が生まれるヒケツって何だろう?」
タモさん(田森美咲)
タモさん(田森美咲)
「やっぱり一緒に住んでいるとついつい素を出しがちなんだけど、熟年夫婦みたいにならないようにギリギリまで自分を出しすぎないことが大切かな。部屋着はジャージじゃなくオシャレなスウェットにするとか(笑)。私は、恋に必要な緊張感の維持を心がけてましたね」
yoshimiさん(シェアハウス入居者)
yoshimiさん(シェアハウス入居者)
「シェアハウスで一番、メンズに萌えたポイントは?」
タモさん(田森美咲)
タモさん(田森美咲)
「家に帰った時に『おかえり』『ただいま』って言い合えた時かな。そういう時にシェアハウスっていいなぁと、しみじみしました」
松野さん(管理スタッフ)
松野さん(管理スタッフ)
「気になる男性であってもなくても、その仲間感は萌えそう!」

お風呂+シャワー=3つ
洗面台=2つが便利!

ひととおりお肉を満喫したタモさんは、シェアハウス内を探検することに。

「2Fはどうなってるの⁉ ちょっと行ってくる!」(タモさん)
部屋は完全個室。1Fと2Fを合わせて全16部屋、料金は4万5000円〜5万5000円。「日当たりが良くて、清潔で気持ちいい〜♪」とタモさんご満悦
「洗面台が二つ! 忙しい朝は助かりますね」(タモさん)
お風呂場の脱衣所の棚には、入居者たちのシャンプーや整髪料などが持ち主ごとにまとめられて整頓されている。シェアハウスらしい光景
清潔なお風呂。「私の家のお風呂よりキレイかもー!」とタモさん。実は汚部屋キャラらしいが、あえて深堀りしないでおこう……
青空が気持ちいいテラスには洗濯物が干されている
タモさん(田森美咲)
タモさん(田森美咲)
「この開放的なテラスに、気になる男子メンバーを呼び出したら、仲良くなれそうですね!」

あくまでも恋愛目線を忘れない頼もしいタモさん。2階をひととおり探検し終わったら、今度は再び1階へ。こちらにはちょっと個性的な部屋がある模様。

一見何の変哲もない個室だが……
部屋には個人専用の玄関とバイク置き場が。部屋からダイレクトにバイクに乗って、外出できる構造なのだ
タモさん(田森美咲)
タモさん(田森美咲)
「バイクと一緒に暮らせる感覚が味わえる。バイク好きの方はたまらないでしょうね
別の個室。備え付けのデスクや物置きがレトロ

同居人はヨガティーチャー
サンライズヨガ、始まります!

再び、グランピングテントのあるサンルームへと戻ると、そこには新たな同居人、Sanaさんの姿が。

Sanaさんの職業はヨガティーチャー。気づけばレッスンタイムに突入。「腕を伸ばしてー、戦士のポーズ!」
タモさん(田森美咲)
タモさん(田森美咲)
「どうして、こちらに入居されたんですか?」
Sanaさん(シェアハウス入居者)
Sanaさん(シェアハウス入居者)
「徐々にヨガの活動を海の近くに移していきたいと思って、ビーチまで近いこのシェアハウスに引っ越してきました。大好きなヨガと海と仲間たちに囲まれて、ストレスフリーな毎日ですよ〜」
Sana先生はちょうどの春から、このサンルームで、サンライズ・ヨガレッスンをスタートさせる予定とのこと。レッスンは入居者以外の人でも参加可能。ドロップインで1500円程度を予定している
タモさん(田森美咲)
タモさん(田森美咲)
「朝から体を動かすと、1日のエネルギーが湧いてきますね。もし同居人にヨガの先生がいたらすごくラッキー。シェアメイトの数だけ自分の世界が広がるんだと、今日は身をもって実感することができました」

今回タモさんが体験した「WITH PLACE 茅ヶ崎浜竹」は、まだまだ入居者を募集中とのこと。リアル・テラスハウスな青春の予感しかしないシェアハウスで新生活をスタートすれば、人生、変わるかもよ?

「WITH PLACE 茅ヶ崎浜竹」近くの辻堂のビーチ

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

ほかにもある!おすすめシェアハウス

ゴルフ好きが集まる
日本初シェアハウス

最後にもう2件、最先端の物件をご紹介しよう。近年はスポーツやペットといったコンセプト重視のものが増えてきているが、ついに日本初のゴルフに特化したシェハウスが登場した。その名も「ゴルファーズレジデンス駒沢」

ゴルフ仲間と語らうのにぴったりの広いキッチンや、天然芝のアプローチ、シュミレータールーム、フルスイングが可能な打席まで。リビングでゴルフゲームを楽しむことも。家賃は6万9000円~7万6000円

ゴルフバッグを置くスペースがない、練習場所が近くにない、初期費用がかかるといった一人暮らしゴルファーの悩みを一挙に解決してくれる上に、ゴルフ仲間まで見つかるのだ。

『テラスハウス』元住人の
伊東大輝さんが手掛けた物件

湘南の材木座海岸近くに建つ「SUNNYSIDE INN 材木座」は、シーズンこそ異なれど、田森さんと同じくリアリティ番組『テラスハウス』にかつて出演していたウィンドサーファーの伊東大輝さんが手掛けたシェアハウスだ。アメリカンな雰囲気の物件で夢に見た湘南ライフをエンジョイできる。

写真はシェアハウスを訪れた際の伊東大輝さん。インテリアスタイリングをセルフプロデュースした個室でほほえむ
伊東さんが自らペイントに参加した外観や、アメリカンなリビングとおしゃれなキッチン、その横には予定のシェアが便利な黒板塗装の壁も。個室からは海も見える。賃料は3万7000円〜(写真提供:ひつじ不動産)
結論。「リアル・テラスハウスは、ありまーす!」

取材メモ/心のどこかで『テラスハウス』のような青春って、しょせんテレビの中の出来事なのかな? なんて思いながら田森さんと一緒に向かったシェアハウス取材でしたが、湘南という土地柄も手伝ってか、そこにはグランピングにサーフィンにヨガ、心地いい生活が嫌みなくナチュラルに横たわっていて胸が高鳴りました。シェアメイトや、タモさんののびのびとした笑顔を見ていると、「ああ、この人たちが恋や友情を彩る共演者であってくれたらどんなに楽しいだろうか」と祈りにも似た感情が……。会社と家の往復で「人生こんなもんかな」なんてなかば諦めかけている方。思い切ってシェアハウスを新生活の選択肢に加えてみてほしい。

取材・文=城リユア(mogShore) 撮影=谷口尋彦(D-CORD)


\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載