百花繚乱! コンビニの新作「花見弁当」が今年もすごかった!!

特集

春のコンビニ&チェーン店グルメ

2017/03/16

百花繚乱! コンビニの新作「花見弁当」が今年もすごかった!!

「花見はしたいけど、準備が大変なんだよね…」という人も多いはず。それなら今年はコンビニの花見弁当はいかが? 今年もこだわり抜いた華やかな逸品が百花繚乱。グルメさんも思わず納得の花見弁当コレクション開催!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

クオリティー高すぎ!
2017年のコンビニ花見弁当速報

お花見会場で繰り広げられる場所取りは、もはや風物詩。しかし、その水面下でも熾烈(しれつ)な「お花見弁当合戦」がコンビニ業界で繰り広げられている。

毎年、改良を重ね進化し続けるコンビニのお花見弁当の数々は、桜との相性に気を配った彩り豊かなものがズラリ。今回はファミリーマートとセブン-イレブン2社の花見弁当をどこよりも早くご紹介。

桜の下でお花見を楽しめるのは、約1週間! いますぐ新作の花見弁当をチェック!

今年のファミリーマートはちょっと違う! 華やかな彩りで春満開の花見弁当

数年前には初音ミクとのコラボ花見弁当を販売するなど、攻めの姿勢が印象的なファミリーマート。広報の寺崎将人さんによれば、「今年のお花見向け弁当も、新たな挑戦に踏み出しました!」とのこと…。予約せずに店頭で買えるお弁当の中でも、寺崎さんが特におすすめの新作を2点教えてもらった。

1.「彩り弁当 豆腐バーグ重」550円

美しい彩りのおかずが目を引く。ゴロゴロと大きな野菜を中心に、ヘルシーな食材がそろう。高級感のあるパッケージも予約しないで買えるとは思えない!

お重にところせましと並べられているのは、どれもヘルシーなおかずばかり。広報の寺崎さんによると、今回、女性にも手にとってもらえる花見弁当を開発したのだという。

こちらのお重のメインは手仕込みによる豆腐バーグ。オクラやれんこんなどの野菜にはだしの効いた和風あんがとろり。ひじきの煮付けも上品な味付けで、おかずの下に控える10種の雑穀ごはんとともに女子受けも良さそう。

\注目は豆腐バーグ/

ひじきやニンジンなどが入った豆腐バーグ。普通のハンバーグでは味わえない食感の楽しさがポイント。素朴な形も手仕込みの温かみを感じさせてくれる

木綿豆腐と鶏ひき肉が練られた豆腐ハンバーグはふっくら感とモチモチ感がたまらない。ひじきや野菜などを入れて炊き上げており、食べ応えもしっかり残っているので満足感も高い。和の風味が香る味付けで、雑穀ごはんとの相性もバツグンだ。

こだわりポイントはココ!

広報・寺崎将人さん
広報・寺崎将人さん
「今回の商品開発では、『デパ地下のお弁当に負けないものを作ろう』と考え挑みました。それでも価格はお手頃さをキープしたかったので、かなり苦労しました。女性のお客様にも手にとっていただけるお弁当とは言っても、食べた時の満足感も大事ですよね(笑)。ということで、豆腐バーグを2個もトッピングした、ヘルシーかつボリューミーな欲張りなお弁当になっています」

2.「彩り弁当 海老カツと鶏タツタ黒酢あん弁当」598円

写真手前にあるメインの揚げ物。「彩り弁当 豆腐バーグ重」よりボリューム感があるが、付け合わせにはヘルシーな素材を使ってバランスよく仕上げた

海老カツ、鶏タツタのダブルメインのおかず2つずつ、10種の雑穀と白飯の2種とそれぞれの組み合わせを楽しめる。「目でも楽しんでいただけるよう、彩りの美しさを意識した素材がたくさん盛り込んであります」と広報の寺崎さんが語るとおり、揚げ物弁当とは思えない華やかな色合いが特長的。

揚げ物は仕込みの工程からこだわっており、鶏タツタはじっくりと調味料に漬け込んでから揚げるのでジューシーさが際立ている。目も胃袋も大満足の一品だ。

\注目は海老カツ/

春らしい淡い桜色が美しい断面。薄めの衣がエビの旨味を引き立てている

練りこむエビの比率をかなり高くして、エビの存在感をしっかり残したという海老カツ。プリプリッとしたエビの食感と旨味を邪魔しないよう、薄めに仕上げた衣で女性でも食べやすい。風味がしっかりと立っているので、サックり軽い揚げ物でも満足感が高い。

こだわりポイントはココ!

広報・寺崎将人さん
広報・寺崎将人さん
「春の行楽弁当の中で、がっつり派の方にはこの「海老カツと鶏タツタ黒酢あん弁当」がおすすめです。女性のお客様にも手にとっていただける商品がテーマですので、揚げ物の中でも重すぎず食べやすい海老カツを採用しました。また、鶏タツタには黒酢あんがたっぷりからんでいるので、さっぱりとした口当たりになっているのもポイントですね!」

いずれの弁当も3月28日(火)から発売(一部地域を除く)。気軽に買える店頭販売の域を超えたこだわりが光る内容だ。予約制の花見弁当も近日発売予定。さわらやタケノコなど春が旬の食材を盛り込んだ豪華なお弁当というから楽しみだ。

超定番の都内お花見スポット
代々木公園に一番近いファミリーマートはこちら!

速報! セブン-イレブンからの花見弁当便り

セブン-イレブンからは、予約制の彩り豊かな「こだわり特製弁当」3商品をご紹介。シーンや人数によって選べる3タイプがそろった。

今年3月にリニューアルした商品のコンセプトは「ハレの日のお弁当」。具材の見直しや盛り付けの変更でより華やかさが加わった。それぞれ10~13品目の食材が盛りつけられているので、見た目も華やか。最後まで楽しくおいしく味わえること間違いなし!

1.「味彩御膳(具入り御飯)」1150円

中央の主役を引き立てるように他の具材を配置することで、バランスよく箸を進められる。美しい彩りで桜を見るのを忘れてしまいそうだ

手前左の「小松菜御飯(ちりめん煮)」と手前右の「梅御飯(ごま)」の奥には、「紅鮭の塩焼き」、「牛すき煮」、「とろろ入り鶏つくね」の“主菜三ジューシー”が鎮座。「目に楽しい」がコンセプトのこちらは、盛り付けにも注目したい。選び抜かれた食材をさらにおいしく魅せる工夫が心憎い。

2.「雅御膳(具のせ御飯)」900円

キレイに小分けされた10品目のおかずたち。少量ずつさまざまなおかずが楽しめるので女子にも人気が出そうな予感。何から最初に食べる?

御飯は、小梅と梅風味のごまが乗せられたさっぱりタイプ(写真右手前)と、錦糸卵と小海老煮で濃厚な香ばしさが楽しめるタイプ(写真左手前)の2種類が盛り付けられている。おかずも一手間加えてあり、「カニカマの煮浸し」、「枝豆入りすり身蒸し」など小料理屋のような手の込んだメニューが豊富。

3.「華やぎ御膳(具入り御飯)」1500円

まるで懐石料理のような高級感ただようたたずまいの13品目のおかずがにぎやか。食べるのがもったいないが、もちろん食べるのが正解!

今年のセブン-イレブンの花見弁当で、一番高価なお弁当がこちら。手前中央の3種のご飯にはそれぞれ豪華なトッピングが。「枝豆塩昆布御飯」にはあさりの浅炊き、「鮭菜飯」には竹の子の味噌焼き、「梅御飯」にはしらす煮がそれぞれ盛られている。

おかずは「海老天(あおさ衣)」「牛肉ごぼう炒め」などボリューム満点だが、桜色の鮭の上品さがひと際輝いている。スペシャルな大人仕様のお弁当は、食欲も満開になりそうな一品。

いつも大いにお世話になっているコンビニ弁当。だけど、これが花見となると、また格別なのよ!

美しい桜のある日本に生まれた幸せを、花見弁当を食べながら噛みしめよう。

取材・文=工藤州太、撮影=Kumiko Saotome


\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES