バズレシピ教室も!料理研究家リュウジの居酒屋が両国にオープン

バズレシピ教室も!料理研究家リュウジの居酒屋が両国にオープン

2020/11/25

SNSの総フォロワー数が370万人を超える、超人気料理研究家・リュウジさん。2020年10月16日に東京・両国にて、リュウジさんがプロデュースしたレストラン居酒屋「バズ酒場リュウジ」がオープンした。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

リュウジ考案の絶品メニューを味わえる、レストラン居酒屋

アイディアとチャレンジ精神にあふれた、目新しい店舗

自宅で手軽に実践できるレシピやアレンジレシピをSNS上で公開したのをきっかけに、人気が沸騰。その後、いくつものレシピ本を手がけ、テレビでもおなじみの顔となったリュウジさん。今や、人気料理研究家としての地位を確立している。

料理研究家のリュウジさん

このたび両国にオープンした「バズ酒場リュウジ」は、そんなリュウジさんが考案したメニューの数々を実際に味わえるレストラン居酒屋。また、お店では定期的に新メニューを考案・提供するかたわら、居酒屋としては珍しい「サブスクリプション方式」の導入や料理教室の開催も予定する、チャレンジ精神にあふれた店舗となっている。

SNS上でバズったメニューを味わい、レシピを学べる体験型居酒屋

JR両国駅より徒歩およそ2分の場所にある「バズ酒場リュウジ」。新型コロナウイルスの影響を考慮し、換気しやすい造りの物件を探し出し、店舗を設けたという
一人でも利用しやすいよう、カウンター席もある。「バズ酒場リュウジ」を運営する「株式会社クロハマ研究所」の代表、黒濱大喜さんが内壁をアレンジし、お客さんがより過ごしやすい空間に仕上げたそう
「バズ酒場リュウジ」を運営する「株式会社クロハマ研究所」の代表、黒濱大喜さん
黒濱さん
黒濱さん
「『バズ酒場リュウジ』は、今年の9月まで渋谷で営業していた『酒処リュウジ』のリニューアル店にあたる店舗です。なお『酒処リュウジ』も、“リュウジが考案したメニューを味わえる店”として好評を得ていました。『バズ酒場リュウジ』では、そうした特長を活かしつつも、新たな試みも取り入れています

“新たな試み”の一つが、「体験型(学べる)居酒屋」というコンセプトの導入。「バズ酒場リュウジ」では、リュウジさんが考案した各種メニューを味わえるだけでなく、メニューのレシピをその場で知ることができる。また、SNSでリュウジさんのレシピを知り、実践してみた人にとっては、その“正しい味”を体感できる場所でもある。

黒濱さん
黒濱さん
「SNSで公開されているメニューの味を実際に体験できるうえ、その具体的な作り方を学べるのがポイントです。また、居酒屋やレストランで提供できるクオリティの料理を、自宅でも再現できるようになります。これは、ほかの飲食店では得られないメリットだと思います」

親しみやすくてひと味違う、リピートしたくなるメニュー

カリッとした歯ざわりが印象的な「至高の唐揚げ」(700円・税別)。油っぽさがなく、いくつでも食べられそう

これまでにリュウジさんは、唐揚げのレシピを何種類も考案したそう。そのなかでも特にイチオシなのが、この「至高の唐揚げ」(700円・税別)だという。ナツメグを調味料の一つとして使った、一般的な唐揚げとはひと味違うメニューで、SNS上では27.6万以上もの「いいね」を獲得したのだとか。

「至高の唐揚げ」の写真と価格の下に、材料と作り方が記載されている
「天使のクリームチーズ煮込み」(750円・税別)。牛肉、シメジ、豆乳など、身近にある食材で簡単に作ることができる

こちらは、“天使のような低糖質に悪魔のような中毒性を兼ね備える”というキャッチフレーズをもつ「天使のクリームチーズ煮込み」(750円・税別)。コク深く食べ応えがありながら、低糖質かつヘルシーなため、ダイエット中の人も安心して食べられるという。また、夜遅い時間帯にお腹が空いた時、夜食として食べるのもオススメなのだとか。ハイボール、白ワイン、日本酒など、幅広い種類のアルコールと相性ぴったりなのも、うれしいポイント。

「ガリガリ君」のソーダ味とラム酒、レモン汁を使って仕上げた「ガリガリ君でつくるフローズンダイキリ」(750円・税別)

フードメニューと同様、アルコールメニューにもオススメの品がそろっている。例えば、この「ガリガリ君でつくるフローズンダイキリ」(750円・税別)。「ガリガリ君」の味わいはそのままに、ラム酒特有の香りと風味がほんのりと感じられる、新感覚の一品だ。

手軽にマネできる、ちょっと風変わりなメニューも

「リュウジ式ハイボール」(ジャックダニエル、900円・税別)

提供された瞬間、「これは一体……?」と思わず首をかしげてしまうのが、こちらの「リュウジ式ハイボール」(ジャックダニエル、900円・税別)だ。しかし、リュウジさんのファンであれば、誰もがSNS上で見た覚えのあるメニューだという。

黒濱さん
黒濱さん
「お酒を飲みながら料理を楽しむのが、リュウジさんのスタイルです。料理しながら手軽にハイボールが飲めるよう、炭酸水入りのペットボトルに直接ウイスキーを入れる方法を考えついたそう。たまにリュウジさんが、この『リュウジ式ハイボール』を飲んでいるので、ファンの方はこのメニューを見つけると、『リュウジさんが考えた飲み方ですよね』と喜んでくださるんですよ」
ミニピッチャーに入ったウイスキーを、ペットボトルに注ぎ込む
イチオシのデザートは、「至高の杏仁豆腐(杏仁パンナコッタ)」(500円・税別)

一般的な杏仁豆腐は、寒天を用いて作られる。ところがこの「至高の杏仁豆腐(杏仁パンナコッタ)」(500円・税別)には、寒天の代わりにゼラチンが使われており、まるでパンナコッタのような舌触りを実現している。

サブスクリプションや料理教室も開始予定

今後「バズ酒場リュウジ」では、定額で利用できる「サブスクリプション方式」が導入される。利用時間や人数に制限が設けられる予定だが、利用者は仕事帰りなどに毎日、「バズ酒場リュウジ」で全メニューの食べ飲み放題を利用できる。詳細は、今後SNSで告知されるため、興味のある方はお見逃しなく。

また、現役のシェフを講師とした、料理教室も開催される予定。自炊がもっとラクに、楽しくなるようなレシピを中心に、さまざまな内容がレクチャーされるという。

黒濱さん
黒濱さん
「年齢や性別問わず、多くの方に参加していただきたいので、料理教室の雰囲気はできる限りフランクにするつもりです。お子さん連れも歓迎ですし、アルコールを味わいながら料理を楽しんでいただいても構いません」

現場で腕を振るうシェフから直接料理を教えてもらえるのは、貴重な機会だ。

店舗で提供しているメニューのレシピを無料公開するほか、「サブスクリプション方式」や料理教室など、ユニークな取り組みを続々と展開する「バズ酒場リュウジ」。その背景にある思いについて、黒濱さんはこう語る。

黒濱さん
黒濱さん
「“料理をもっと好きになってもらいたい”、“多くの人のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を上げたい”というのが、リュウジさんや僕が抱く思いです。『バズ酒場リュウジ』を、皆さんの生活に寄り添う店にしたいですね」

\リュウジさんからのメッセージ/

Yahoo!ライフマガジンの読者に向けて、リュウジさんがメッセージを送ってくれた

このたび、僕がプロデュースしたレストラン居酒屋「バズ酒場リュウジ」がオープンいたしました!! 安く、楽しく、学ぶこともできる、まったく新しいレストラン居酒屋となっております! 店舗先行公開のレシピも展開していく予定です!! コロナに負けません、応援のほど宜しくお願いします!!

\三密対策、やってます/
・スタッフのマスク着用
・アルコール消毒液の設置
・常時換気

取材メモ/取材後、店内の内装にさらに手が加えられ、新たに大きなモニターが設置されたそう。不定期ながら、リュウジさんがオンラインで登場し、ご本人と乾杯や交流を楽しめるのだとか。まさに、ファンにはたまらない試みといえるでしょう。

構成=シーアール、撮影=中嶋伸拡、文=緒方佳子

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載