食べれば食べるほどハマる岩手土産「盛岡じゃじゃ麺」

特集

住みます芸人がレポート!北海道・東北のおすすめお土産

2017/04/02

食べれば食べるほどハマる岩手土産「盛岡じゃじゃ麺」

よしもと芸人が日本全国47都道府県に実際に住んで地域活性化のお手伝いする「よしもと住みます芸人」。その地域に住んで地元の感覚を肌で感じている芸人が「ここに来たら、このお土産がオススメ!」という絶品お土産を紹介します。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

ついつい食べたくなるお土産を紹介するのはこの芸人!

岩手県住みます芸人のアンダーエイジ 左:熊谷由輔 右:結城多聞

「岩手県住みます芸人アンダーエイジです! 多くの芸人が所属している吉本にあって、東北人同士のコンビは僕らだけ! 岩手に住んで6年目、日本一広い県岩手を笑いで元気にするため日々東奔西走、頑張っています。
岩手は海のものに山のもの、天然のものから栽培されたものまで、何でも美味しいんです。東京から岩手に移り住んで3か月で6キロ以上も体重が増えてしまったのは岩手の食べ物が美味しかったからという事にしています。現在も更に成長中です!(笑)」

岩手に来たら買ってほしい、クセになるお土産はコレ!

白龍(ぱいろん)の盛岡じゃじゃ麺

盛岡じゃじゃ麺(900円)
食べれば食べるほどクセになる味

「もちもちの太麺に、独自配合の肉みそ、きゅうり、ネギを入れて混ぜ、ショウガ、ニンニク、南蛮などの調味料を入れて食べます。1回食べただけでは十分に魅力が分からなかったのが正直なところです。2回、3回と食べていくうちにその味の良さに気付いて、だんだんとハマっていきます!」(熊谷)

家族みんなで食べてほしい

「番組の取材で白龍(ぱいろん)さんに訪れ初めてこのじゃじゃ麺を食べた時、確かに美味しいと思いましたがそれまででした。その後、友人に連れられて何度か行く度、どんどんはまっていく自分がそこにいました。」(熊谷)
「今では週に一度は食べないと落ち着かない味になっています!」(結城)

食べた帰りにお土産を購入する人が多い

盛岡に住むまではじゃじゃ麺を食べたことがなかったという二人。
「じゃじゃ麺を食べに行くと、多くの人がお店で食べた帰りに自宅用にお土産を持って帰る姿を見るんです。お店で食べた美味しい味を家族にも食べてもらいたいという優しい盛岡人の気持ちが出ているなぁ~と思いました。今では自分達もお土産を買って帰っていますよ。」(結城)

このお土産はどこで買えるの? 気になるお店を紹介!

盛岡じゃじゃ麺が買える「白龍(ぱいろん)」は、昭和の雰囲気が残る盛岡市内の中心地「桜山商店街」の中ほどにあるお店。桜山神社の参道を歩き、鳥居をくぐって右側です。

活気のある店内

歩く場所も無いくらいにお客さんでごった返すときも。お客さん同士の距離が近いので、知らいないお客さんとも一緒に食事をしている感覚になってしまいます。

盛岡駅に白龍の新しいお店がオープン

今までは直接お店に行かないと買えない白龍のじゃじゃ麺でしたが、盛岡駅にも新しくお店が出来たので、気軽に買うことが出来るようになりました。

結局「盛岡じゃじゃ麺」ってどんなお土産?

白龍の盛岡じゃじゃ麺にキャッチコピーをつけるとしたら…

3回食べたら激ハマリ それが じゃじゃ領域「盛岡じゃじゃ麺」

「1回だけじゃなく、2回3回と食べてじゃじゃ麺にハマってください!」

アンダーエイジもハマった「盛岡じゃじゃ麺」。岩手に来たらお土産に買ってみては?

Yahoo!ロコ白龍
住所
岩手県盛岡市内丸5-15

地図を見る

アクセス
上盛岡駅[出口]から徒歩約17分
盛岡駅[南口]から徒歩約18分
仙北町駅[出口]から徒歩約25分
電話
019-624-2247
営業時間
9:00~21:00
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES