鈴木砂羽が食べ尽くす!「餃子フェス TOKYO 2017」

連載

鈴木砂羽の餃子道

2017/03/18

鈴木砂羽が食べ尽くす!「餃子フェス TOKYO 2017」

役者仲間や友人たちと「餃子部」を結成するほどの餃子フリークな、女優・鈴木砂羽。おいしい餃子を求めてさまざまな街を食べ歩く連載「鈴木砂羽の餃子道」。連載開始1周年を記念して、今回は特別編をお届け!

鈴木砂羽

鈴木砂羽

女優

青空の下で、30種類以上の餃子を食べ比べ!

こんにちは、鈴木砂羽です。Yahoo!ライフマガジン連載「鈴木砂羽の餃子道」が、なんと連載開始1周年を迎えました! いつも楽しみにお読みいただいている読者の皆様ありがとうございます

そこで今回はちょっとした特別版として、2017年3月17日(金)~20日(月・祝)まで駒沢公園で開催されている「餃子フェス TOKYO 2017」にお邪魔。ワタシが部長を務める「餃子部」のみんなと一緒に、この会場で青空餃子部会を開いちゃおうというのです。

今回で2回目の開催。昨年、中野で行われた第1回は5日間で8万人も集客したそう

ワタシが伺った餃子フェス初日は、突き抜けるような青空が広がる、まさに餃子日和な晴天! こんな気持ちいいロケーションでいろんな餃子を食べられるなんて、なんなのこのパラダイス♡ 平日の昼間にも関わらずたくさんの人で賑わう中、餃子部のみんなよりもちょっと早めに着いたので、ワタシが一人で気になる店をチェックしてみましょう。

全国から全19店舗が集結した店舗の中から、まずは正統派の餃子から攻めねば!ってことで「宇都宮餃子館」のブースへGO! 浜松と1、2を争う餃子タウン=宇都宮の餃子を食べられる店舗はここだけということもあって、すでに長い行列! なんですが、ファストチケットでスムーズにゲット。「王道!健太餃子」と「エビ餃子」を早速いただきます。 

宇都宮餃子館 王道!健太餃子(6個・600円)

「王道!健太餃子」は、まさに王道の宇都宮餃子! キャベツがシャキシャキしてて、肉汁もちゃんとあってストレートに美味しい。ワタシ、餃子ってアウトドアとは似合わない食べ物かと勝手に思ってたけど、外で食べてる開放感も手伝ってか、なんだかすんごい美味しい(笑)!

宇都宮餃子館 エビ餃子(4個・600円)

そして「エビ餃子」。うーーーん、めっちゃ美味しい! 皮がサクサクしてて、プリプリの大粒エビとシャキシャキのキャベツの食感も素晴らしい。こういうイベントでは調理環境も十分とは言えないでしょうけど、お店と変わらないクオリティを出してくるのがすごいですね。

エビ餃子の美味しさに、思わず天を仰ぐ砂羽さん

続いては、阿佐ヶ谷にある「WASH1N TOKYO(ワシン トウキョウ)」。これまでにもテレビなどで紹介してきた、ワタシの大好きなお店。今日はどんな餃子を食べさせてもらえるのかしら?

元気なスタッフたちが出迎えてくれます!
気仙沼産カツオ!なまり節餃子(4個・600円)と、旨スパイシー!チリポヨ焼き餃子(4個・600円)

焼きあがったのは「気仙沼産カツオ!なまり節餃子」と「旨スパイシー!チリポヨ焼き餃子」。どちらもどんな味か想像つかないけど、まずは「なまり節餃子」からいただきます。

うわ! ナニコレ? これは初めて食べる和風な餃子! カツオの燻製をベースにした餡は、カツオの風味と生姜と野菜の甘みが調和してて、すごく美味しい! 「チリポヨ焼き餃子」も鶏むね肉のチリ風味肉そぼろって感じの味わいで、これまた他にない味わい! どちらもこの店のベーシックな餃子とはまったく違う、意表を突く美味しさの餃子。WASH1N TOKYOさん、攻めてきましたねぇ! 

天気もいいし餃子も旨いし、そりゃビールもすすむってわけです

餃子部の仲間も合流して、青空餃子パーティのはじまり!

そんなこんなしてるうちに、ワタシのデビュー当時からの親友である女優の片岡礼子さん、演劇仲間の平田敦子ちゃん、餃子部の若手ホープであるモデル・俳優の栗原類くんをはじめとする餃子部の部員たちも合流! 

部長の呼びかけに急遽集まった餃子部部員たちと、餃子フェス非公認(?)アイドル「餃子ボーイズ」と一緒にギョーポー(餃子ポーズ)でパチリ!

餃子仲間もたくさん集まってくれたことだし、ここからはいろんな餃子をガシガシ食べ行っちゃいましょう!

「西麻布 炙り家 縁」えび餃子 秘伝九条ネギラー油がけ(2個・600円)

見た目のインパクトもすごい「西麻布 炙り家 縁」の「えび餃子 秘伝九条ネギラー油がけ」は、1匹まるまるエビが入ってるけど、肉の存在感もあってボリューミー!

「壇太」壇太餃子~自家製食べるラー油で~(6個・600円)

高輪台「壇太」の「壇太餃子~自家製食べるラー油で~」は、こんがり焼きあがった皮に食べるラー油をかけて食べる、ビールにぴったりの味。

「芦屋 伊東屋」謹製 みそダレ黒豚餃子(5個・600円)

芦屋 伊東屋」の「謹製 みそダレ黒豚餃子」は、鹿児島の黒豚を使った餃子自体は正統派。甘さは少なめのみそダレが美味しいですね。
「この餃子、みそダレとポン酢をチョイスできるんですよ。硬すぎず柔らかすぎない絶妙なバランスの皮を一口噛むと、ジューシーな肉汁があふれて、ポン酢との相性も抜群です!」(栗原類さん)

ちょっと類くん、ワタシより上手に食レポしないでくれる(笑)!? っていうのは冗談だけど、餃子部ではこうしてみんなで食べた感想を語り合うのも楽しさのひとつなんです。続いて「鉄板餃子酒場 ちびすけバル」の水餃子は、トマトチーズソースとブルーチーズソースの2種類。

「鉄板餃子酒場 ちびすけバル」トマトチーズソース水餃子(6個・600円)

「私はパクチー目当てでブルーチーズの水餃子を食べたけど、ブルーチーズの風味が口の中いっぱいになって、意外な美味しさ!」(片岡礼子さん)

ちびすけバルの餃子は皮がモチモチで、これはもうパスタの域だよね。ワインと一緒に合わせて「これも餃子なんだ!?」って驚きを味わってほしいですね。

澄み切った空の下、いろんなお店からズラッと揃った餃子を前に満面の笑みの砂羽さん

ワタシが考える餃子フェスの楽しみ方は、まずスタンダードな餃子を食べてから、いろんな変わりダネ餃子を楽しんでもらいたい。そうすれば「同じ餃子でもこんなに違うものなのか!」って、より深く理解できますしね。で、好きな飲み物を片手に、いろんな餃子を食べてほしいし、できれば全種類制覇していただきたい!

青空の下で食べる餃子はとにかく最高! みなさんも「餃子フェス TOKYO 2017」で、バラエティ豊かな餃子の世界を堪能してみてはいかがでしょう?

構成=宮内健/撮影=熊谷直子/ヘアメイク=MINEKO

平日の昼間から全力で食べまくりの餃子部。大勢でシェアすれば、いろんな餃子をたくさん味わえちゃいますね!
餃子フェス TOKYO 2017

餃子フェス TOKYO 2017

2017年3月17日(金)~ 3月20日(月・祝)

駒沢オリンピック公園 中央広場 3/17(金) 12:00~21:00 3/18(土)・(日)19 11:00~21:00 3/20(月祝)11:00~20:00 料金:入場料無料 食券・電子マネー利用可能

この記事を書いたライター情報

鈴木砂羽

鈴木砂羽

女優

1994年に主演映画「愛の新世界」で注目を集め、同年ブルーリボン新人賞、キネマ旬報新人賞など多数の映画賞を受賞。以降、映画・ドラマ・舞台など幅広く活躍。日本テレビ「幸せ!ボンビーガール」出演中。「YOU」 (集英社)にてエッセイ漫画「いよぉ!ボンちゃんZ」連載中。

鈴木砂羽 が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL