パスタ・クラムチャウダー・モンブラン専門店が渋谷に登場!

パスタ・クラムチャウダー・モンブラン専門店が渋谷に登場!

2020/11/25

渋谷エリアの買い物スポットとしてすっかり定着してきた渋谷ヒカリエ内に、本格パスタとクラムチャウダーの専門店として人気の「SABRINA」が10月8日にオープン。さらに、インショップ形態で搾りたてモンブラン専門店もオープンしたとか。気になるお店の様子をチェックしてみた!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

激戦区・高崎で人気を博した本格パスタ店が渋谷に登場

今や渋谷の買い物スポットとしておなじみの渋谷ヒカリエ。その6階、各国料理の専門店を集めた食のフロアに、10月8日から新たに加わったのが「SABRINA」だ。カジュアルイタリアンの中でもパスタとクラムチャウダーをメインにしたお店としてオープンから1カ月ほどで早くも人気を得ている。

店舗は渋谷ヒカリエの6階に。ランチタイムは大盛況、ショッピングの休憩がてらティータイムを楽しむお客さんも多いという
開放感抜群の店内はコロナウイルス対策のため、広々としたレイアウトに。大きな窓からは渋谷のシンボル、スクランブル交差点が眺められる
レモン&オレンジがたっぷり入ったデトックスウォーターは無料
店長を務める東谷佳さん。お店や各メニューのこだわりについてお話しいただいた
東谷佳さん
東谷佳さん
「『SABRINA』はもともと石川県金沢市でスタートしました。当初はスイーツとエスプレッソがメインのカフェで、パスタは置いていなかったんです。この店舗と同じくパスタとクラムチャウダーをメインにしたお店は、今から3年前(2017年10月オープン)に群馬県の高崎市にオープンしており、そこで好評を得たのもあって、渋谷ヒカリエさんに店舗を出すことになりました。今回の出店にあたり、店内の雰囲気やパスタやスイーツ類のメニューなど、買い物にやってきた女性のお客様をターゲットにした業態のお店にしています」

モチモチ食感のパスタと本格クラムチャウダーにメロメロ

群馬県高崎市と言えば全国屈指のパスタ消費量を誇るパスタの街。市内にはパスタを扱うレストランが120店を超えるという。そんな激戦区で人気を博したという「SABRINA」のパスタへのこだわりは、ズバリ「本格志向」だ。

東谷佳さん
東谷佳さん
「高崎市はパスタの激戦区と言われていて、パスタの上にトンカツがトッピングされていたりと、ユニークなものも多いです。そこで『イタリアンの王道パスタで勝負したらどうだろう?』と、本格イタリアンにこだわってみました
数あるパスタの中でもダントツの人気を誇るという「カルボナーラ生ハムのせ」(1200円・税別)。カルボナーラの上に生ハムがトッピングされ、見映えもいい

「SABRINA」のパスタはすべて生パスタ。デュラム・セモリナという品種の小麦を使用することで麺はモチモチの食感に。クリーミーなカルボナーラソースとの相性も抜群で、生ハムと一緒に食べると思わずニコッとしてしまうほど、幸せな気分になれる。

クリーミーなカルボナーラソースは濃厚さがウリ。モチモチ食感の麺にたっぷりソースを絡めれば、フォークが止まらなくなること間違いなしだ

「SABRINA」のもう1つの看板メニューはクラムチャウダー。クリーミーなミルクの甘みが引き立つニューイングランド風のクラムチャウダーには旨味たっぷりのあさりをはじめ、具材がゴロゴロと入っていて、食べ応えも抜群。サイドディッシュとしてはもちろん、これだけを目当てに食べにくるお客さんも多いという。

これからの季節に嬉しい「肉厚あさりのお鍋のクラムチャウダー」(650円・税別)。2~3人前のラージサイズ(1200円・税別)も用意されている
外はカリッと中はフワっとした食感が魅力のブレッドはクラムチャウダーに合わせて作られたもの。浸して食べるのがオススメ
クラムチャウダーの中身はたっぷりのあさりに自家製ベーコン、そしてニンジンやセロリなど入っている野菜はすべて国産のもの。じっくり煮込むことで豊かな味わいに

搾りたてが味わえる、モンブラン専門店も店内にオープン!

本格パスタと濃厚なクラムチャウダーだけでも十分満足だが、「SABRINA」の魅力はそれだけではない。店内にはインショップという形で「生絞りモンブラン専門店」もオープンしたのだ。

お店に入ってすぐ目に飛び込んでくるのが生搾りモンブランの専門ブース。オーダーごとにモンブランを一つひとつ作りあげる
特製マロンクリームをたっぷりとかけていく。モンブランができあがる様子を眺めているだけでも楽しい気持ちに
お店自慢の「生搾りモンブラン」(1500円・税別)。見た目のインパクトはもちろん、栗好きにはたまらないボリューミーさも魅力
東谷佳さん
東谷佳さん
「日本で食べられるモンブランは土台部分がタルトなどしっとりとしているものが多いですが、モンブランの本場であるフランスやイタリアでは土台がメレンゲなんです。そこでウチのお店も本場に倣い、土台をメレンゲにしてサクサクとした食感を楽しめるようにしました。素材にこだわったモンブランなのでお値段はちょっとお高めですが、それだけの価値があるメニューになったと思います」
フォークをモンブランに刺してみると、メレンゲの「サクッ」という音が!

メレンゲの土台にたっぷりと掛かったマロンソースの下にはアイスがあり、ひんやりしてほど良い甘さとメレンゲのサクサクとした食感が心地いい。普段食べているモンブランとは一味違う本格的な味わいが楽しめる。このモンブランを食べながらのティータイムは優雅なひと時となることだろう。

食べ歩き用に「小さいサイズの生搾りモンブラン」(1100円・税別)というミニサイズのモンブランも用意

\SABRINAの三密対策はこれ/
店内のレイアウトを広めにしたことで密になることを防ぐように配慮。さらに店頭に消毒液を用意。他にも店内のアルコール消毒やスタッフのマスク着用をマストにすることで感染防止に努めている。

取材メモ/開放感抜群の店内は心地よく、ふと窓の外を見れば渋谷のスクランブル交差点が眼下に広がるという最高のロケーションで食べるカルボナーラとクラムチャウダーはまさに絶品! モチモチ食感の生パスタはまたすぐに食べたくなるほどでした。こだわりのモンブランも栗の濃厚な味わいが楽しめるので、知っていると人に自慢したくなるお店です。

構成=シーアール、取材・文=福嶌弘、撮影=浅野誠司(一部を除く)

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載