城ガール隊に聞いた! 「お城と桜」を楽しむ方法

特集

開花宣言!「城と桜」を愛でる。

2017/03/22

城ガール隊に聞いた! 「お城と桜」を楽しむ方法

SNSでつながった“城好きな女性”の集まり「城ガール隊」。現在、隊員数は全国で約200名! 年齢・職業も本当に様々の会員が所属し、「城活動」を行っている。今回は、執行部の一人でもあるさらさんに、城ガール隊ならではの視点で桜とお城をピックアップ、その楽しみ方を指南してもらった。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

\教えてくれたのはこの人/

さらさん

さらさん

城ガール隊執行部

城ガール隊員からの情報をもとにさらさんが選んだ「お城&桜」4選

全国に隊員がいる「城ガール隊」から、SNSを通して意見を募った厳選のオススメ4城を写真でご紹介&お花見シーズンのお城の楽しみ方も伝授してもらった!

米沢城(山形県)

周囲のお濠が桜色に染まる!

菱門橋。桜の花びらで埋まる「土塁」が美しい 写真/梅芽(城ガール隊)
Yahoo!ロコ米沢城跡・松が岬公園
住所
山形県米沢市丸の内1-4-13

地図を見る

アクセス
南米沢駅[出口]から徒歩約21分
米沢駅[出口]から徒歩約30分
西米沢駅[出口]から徒歩約31分
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

江戸城の外堀(東京都)

多くの隊員が推薦!

千鳥ヶ淵の桜は、夜もライトアップされてキレイ。無骨な感じのお城とかわいい桜の花のコラボレーションがいい 写真左/ばったび 写真右/あやの(ともに城ガール隊)
Yahoo!ロコ千鳥ヶ淵
住所
東京都千代田区三番町2-8

地図を見る

アクセス
半蔵門駅[5]から徒歩約6分
麹町駅[5]から徒歩約12分
九段下駅[2]から徒歩約13分
電話
03-3292-5530
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

名古屋城(愛知県)

美しい本丸御殿と乱れ咲く桜!

咲き乱れる桜と石垣にかかる枝ぶりが見事! 写真/ばん(城ガール隊)
Yahoo!ロコ名古屋城
住所
愛知県名古屋市中区本丸1-1

地図を見る

アクセス
浅間町駅[1]から徒歩約11分
市役所駅[7]から徒歩約12分
丸の内(愛知県)駅[1]から徒歩約12分
電話
052-231-1700
営業時間
9時~16時半(天守閣・本丸御殿は16時までに入場)
定休日
休園日12月29日~1月1日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

墨俣一夜城(岐阜県)

約2kmに渡る「桜の堤防」は必見

城の麓の河川敷に広がる桜並木が圧巻です 写真/流星☆(城ガール隊隊長)
Yahoo!ロコ墨俣一夜城
住所
岐阜県大垣市墨俣町墨俣1742-1

地図を見る

アクセス
穂積駅[出口1]から徒歩約44分
横屋駅[出口]から徒歩約50分
十九条駅[出口]から徒歩約56分
電話
0584-62-3111
営業時間
通年 9:00~16:30
定休日
毎週月曜/12月29日~1月3日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

城ガール隊に聞きました!
お花見シーズンのお城の楽しみ方は!?

ーー女子ならではのお城&桜の楽しみ方を教えてください。

城ガール隊
城ガール隊
「普段見ている無骨な城が華やかになるのが桜の時期。いつもよりたくさん写真を撮りましょう! 着物を着て行くとテンションが上がりますよ。また、お花見シーズンは、普段は入れないエリアがオープンになることも。櫓などの特別公開をぜひ見てください。たとえば江戸城では乾通り通り抜け、名古屋城では現存隅櫓などが見られます。さらにお城に来ている観光客のみなさんが楽しんでいる光景を楽しむことも楽しみのひとつです(※)」

※さらさんが感動した隊員からの意見


「名古屋城の夜桜を見に行った時のことなんですが……いろんな人が、桜を眺めながら真剣に名古屋城のことを話してたんです。再建についてめちゃくちゃな意見もあれば、ごもっともな意見を言ってる人もいましたし、おかしなうんちく話してる人もいました(笑)。皆、桜とお酒とご飯? を目当てにお城に集まりながらも、桜がきっかけになって真剣にお城のことを考えたり見てくれたりするのが嬉しくなったんです。桜がお城と、普段お城に見向きもしない人をつなげてくれてるんだなぁ〜と思いました」(neoひか/城ガール隊)


江戸城の道灌堀 写真/ばったび(城ガール隊)
着物を着て駿府城でお花見 写真/さら(城ガール隊)  

ーーお花見シーズンのお城見学に必須のアイテムは?

城ガール隊
城ガール隊
「お花見に限らず毎回持って行くものではありますが、まずはカメラ。次に、城周辺の古地図がおすすめです。お城そのものだけではなく、ぜひ、周辺をのんびり歩いてみてください。また、お花見シーズン限定のお弁当やお菓子などがあると気分が上がります。最後に、ライトアップされているお城も多いので、夜桜見学の最は防寒レジャーシートをお忘れなく!」

ーー女子が萌えるお城の魅力とは?

城ガール隊
城ガール隊
「お城好きな人が城を愛する理由は“女子に限る”ものではないかもしれません。隊員にアンケートをとったところ、下記のような“人として城に惹かれる理由”が挙がりました。
1.美しさと狂気が両立しているところ
2.命を守るために造られた創意工夫
3.人物時代状況など、何度行ってもいろいろな角度からの楽しみ方がある
4.土木量
(※木を切り、地面を掘り、土を盛るなどの作業をして城を作ること。「この土木量!!」と興奮するのが城好きならではだそう)
5.城があるその土地の魅力に触れられる 
師戸城(千葉県)桜散る空堀 写真/ばったび
城ガール隊
城ガール隊
「一般的には“城”というと、天守閣だけを思い浮かべるかもしれませんが、それだけが城ではありません。城はもともと戦(いくさ)のためのものであり、石垣も、土塁も、意味があって造られています。深い堀を造ったことも、土塁を屈曲させたのも、石垣の折れ(横矢といって、多方面から攻撃が仕掛けられるようなっている)にも。そんな当時の人の創意工夫のかたまりがお城です。城が一つそこにあるだけで、歴史や当時の人の息吹を感じることができます。城を好きになると、見えなかったものが見えてくる、それも城の魅力です」
三重赤木城 写真/流星☆(城ガール隊隊長)
城ガール隊
城ガール隊
「最後に私(さら)の城ガール隊としての私見を……。城の遺構を保存することを考えると、石垣や土塁の上に植えられた桜は、あまり喜ばしいものではないようです。桜の根が張り、石垣が崩れやすくなるからです。今後、桜の植え替えの時期に来ている城も増えてくると思いますが、遺構に与える影響は最低限にして、歴史あるお城をこの先も永く、多くの人にとって楽しめる場所になることを望みます」

取材・文/須田真希子 撮影/中川文作(さらさん)

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES